聖書的スモールグループとは?(その2)

今日は皆さんとご一緒に、聖書に忠実なスモールグループとは一体どんなものであるかを考えてみたいと思います。

①様々な形の小集団活動

教会歴史を見ると、多くの小集団活動の歴史があったことが分かります。
初代教会では『使徒たちは家々を巡(めぐ)って』と聖書(使徒の働き)にあるように信者の家で教会活動が行われていました。
我が国ではキリシタンと呼ばれたカトリック信者が禁教下において「講(こう)」を組織しました(講とは信徒グループのこと)。

現代に目を転じると、中国では「家の教会」の活動が盛んであり、韓国では教派を問わず「区域礼拝」が行われています。
我が国の場合ですと、カトリック教会において教会堂の隣に「信徒会館」という名前の建物が建てられている場合もあるようです。

②スモールグループは教会の管理システムの一部か、それとも信徒の自助グループか?

たとえば隠れキリシタンの講組織は宣教師が追放されたために信徒による自主的な運営にならざるを得ませんでした。
初代教会の時代を見てみると、迫害の故に各地に散らされた信者たちが自主的に伝道し、その結果としてリバイバルが起きました。
これらのものは教会の管理によらない、信者の自発的な働きによるものということが出来ます。

これに対して現代のセル・チャーチとか、区域礼拝と呼ばれるものは、教会の牧師などによる徹底した管理のもとに行われています。

③教会の聖職者による小集団の管理は、小集団活動が持つ本来的なエネルギーを奪っていないだろうか?

教会の牧師の管理によって小集団活動が行われるとき、信者はどうしてもお客様意識を持ち、その結果として牧会中心・交わり中心の内向きな活動になるのではないかと考えています。
これに対して信者が自発的に行う小集団活動は、信者がオーナーシップを持ち、その結果として本音の交わりを根底に置いた伝道中心の外向きの活動になるのではないかと期待します。

④現実の問題

ありのパパが韓国の教会に在籍していたとき、その教会では区域礼拝が活発でした。
信者はそれこそ命懸けで伝道に走り回っていました。
信者が区域礼拝に連れてきた未信者に、伝道師が行う良い説教を聞いてもらい、日曜の教会で行われる礼拝で入信の決心をするというのが一般的なパターンでした。

しかし、同じ教会の日本人部も、韓国人部と全く同じアプローチを取るのですが、結果は全く違ったものになっていました。
参加人数が一番多いのは、その区域が旗揚(はたあ)げしたときで、あとは徐々に参加人数が減っていくのでした。
ありのパパはその様子をつぶさに観察しながら、「韓国人と日本人の違いとは一体なんだろうか?」と考えざるを得ませんでした。

⑤「小集団と(教会で行われる)礼拝は車の両輪の関係にある」

韓国教会のように、活発な信徒が勝手に伝道し、教職者は魂の刈り取りに専念するという形は日本人には向いていないのではないかと考えます。
反対に現在の日本の教会のように小集団を教会(の指導者による)管理でガチガチに固めてしまっては信者の外向きのエネルギーを殺しているのではないかと危惧します。
答えは中庸にあるのではないでしょうか?
即ち小集団と教会を車の両輪として捉える考え方です。
「支援はするが、支配はせず」の原則です。

皆様のご意見をお待ちしています。

スポンサーリンク

コメント

  1. めぐみ より:

    こんにちは。

    私達の教会も海外で成功した伝道方法を真似してやってみてもうまくいかない事が多かったです。

    日本人向きの伝道方法があると思います。

    でも私達の教会は、海外からの流れの教会なので、どうしても海外のやり方を取り入れる事が多いんです。

    しかし3月の大震災があってから、洗礼を受ける方が圧倒的に増加しています。

    これからクリスマスシーズンなので、伝道シーズンですね。
    私は伝道が苦手なので、ちょっぴり気が重いです(苦笑)

    • arinopapa より:

      めぐみさん、こんにちは。
      コメントをありがとうございます。

      この文章のなかで私が言いたかったことは、信徒の自立性に基盤を置くのか、それとも教会の管理に基盤を置くのか、ということでした。
      それぞれの割合をどの程度にするのかという問題は、国民性を考慮に入れることが必要ですね。

      またコメントしてください。お待ちしています。