聖書的スモールグループとは?(その1)

今日は皆さんとご一緒に、スモールグループの実際的な面に的を絞って考えてみたいと思います。

①「言いっぱなし・聞きっぱなし・他言無用のルールでは、その方の問題がなかなか解決しないということもあるのではないでしょうか?」との質問に答える。

確かに表面的には相手が困っていることに対して的確にアドバイスをして差し上げたほうが良いように思われます。
しかしそれをやってみるとなかなか理論通りにはいかないのを体験します(笑)。
多くの場合、先週の集まりで出された問題が性懲(しょうこ)りもなく同じ人から出されます。
それで他のメンバーは内心では嫌になって「またかよ!」と思いつつ、実際には能面のような顔をして時間が過ぎるのを待つということになります。
ですから実際にやってみて一番効果があるのは「言いっぱなし・聞きっぱなし・他言無用」のルールで集まりを開くことであるのを納得するようになります。
もちろん「これじゃなきゃ駄目だ」と凝り固まっているわけではありませんから、もし他にもっと効果のあるやり方がありましたら是非教えていただきたいと思っています。

②人々は問題を解決することを願っているのか、それとも話を聞いてもらうことを通して自分のありのままが受け入れられるのを願っているのか?

人々の相談を受けていると「どうしたら良いと思う?」という質問を良く受けます。
このようなとき気を付けないといけないことは、その質問に答えてはならないということです。
なぜなら人々が本当に求めているのは答えである場合もありますし、ただ話を聞いてもらいたいということもあるからです。
ですから「その方の主訴(しゅそ)は何か?」ということが明らかになるのが先決です。
そうなる前に質問に答えてしまっては、いたずらに時間を浪費することになりかねません。
よくあるのは、相手が「どうしたら良いと思う?」と尋(たず)ねるから自分なりの回答を答えたのに相手が納得しないというものです。
そればかりか「あなたになんかもう相談しない!」などと相手に逆切れされて「あんたが『どうしたらいい?』と聞くから無い頭をひねって考えたんやないか!」ということさえあります。
こうなってしまう理由は相談を持ちかけた方は本当には回答を求めておらず、別のものを求めていたにもかかわらず、言葉の表層的な面にのみ囚われて相手の真意を読み取り損ねたというところにあります。

③問題を解決するのは人間か、それとも聖霊なる神か?

困っている人の話を聞いていると私たちは「何とか役に立つアドバイスをしなければ」と思いがちです(ことにクリスチャンの場合は)。
このようなとき私たちは「自分が何とかしなくちゃ」と思っているのではないでしょうか。
もちろん神様は私たちを通してもお働きになりますから、そのように考えることは全くの的外(まとはず)れというわけではありません。
しかし神様は第一義的に私たち個人を通してではなく、「私たち」という人間関係を通して働かれます。
これはどういうことでしょうか?

「私が話したとき、他のメンバーはただ黙って聞いてくれた。このようなことは自分の人生で初めての体験だ。私の親も兄弟も親戚も先生も皆、こうせい、ああせいと指示ばかり命令ばかりだった。」
このような体験をした人は、聖霊なる神が働かれるようになります。
多くの場合に私たちは聖霊なる神が直接的に人の心に働き掛けようとされておられるのに、お節介にも神の代わりをしてしまい、神の働きを台無しにしてしまっているということはないでしょうか。

④カウンセリングとグループミーティング

カウンセラー同士でグループミーティングをやると、奇々怪々なミーティングになることがあります(笑)。
それは発言している人はクライアントであり、話を聞いている自分はカウンセラーであると脳内変換をしてしまうのです。
それで話を聞いている人にたいして他の人は「うん、うん、なるほど」と反応してしまいます。
こうなってしまうと、そのグループはなかなかうまくいきません。
なぜなら素の自分なら「そんなん、おかしいやろ」と感じるはずなのにカウンセラーのお面を被って心の中で「なるほどね~」などとやっているからです。
自分が解放されてなくて、どうして人さまを解放することが出来るでしょうか?(笑)

◎聖霊がお働きになるのは解放された人を通してです。
解放された人とは、自分は無力であり人さまを癒すことなど出来ないのを認め、しかし神様ならこんな自分を通して人さまを癒す働きをなさることがお出来になると信じ、そのために自分の考え方と生き方を神の御心に合わせていくことを決心した人のことです。
私たちお互いはそのような信仰者として歩んでいきたいものです。
祝福を祈っています。

スポンサーリンク

コメント

  1. めぐみ より:

    こんばんは。

    スモールグループの記事、ありがとうございます。

    私達の教会では、上への報告義務はありますが、スモールグループは1時間半と時間が決まっているので、誰かがアドバイスする時間は無くて、みんな祈りのリクエストとして黙って聞いています。

    アドバイスを受けられるのは、個人的にリーダーに相談した時だけです。

    私も今まで何度もいろいろなことを相談し、その都度良いアドバイスを頂き、私自身の癒しや成長にも繋がってきていると思います。

    それは、神様がそのリーダーを通して働いて下さったからだと思っています。

    ただ、最近はちょっと私自身がスランプのような状態なのかなと思います。

    どうしても抜け出せない何かがあるという感じでしょうか・・・

    このコメント欄ではあまり詳しく書けませんので、また、メールかお電話をさせていただきます。

    ありのパパさん、腱鞘炎の具合はいかかでしょうか。

    記事がまたもうひとつ更新されておりましたので、とても嬉しく思っています。

    パパさんの記事はキリスト教だけでなく、多方面にわたって書かれているところがすごいなと思って楽しく読ませていただいています。

    • arinopapa より:

      めぐみさん、こんばんは。
      コメントをありがとうございます。

      聖霊なる神は、人の唇を通してお働きになる場合もあるし、気づきを個人的に与えることによって導いてくださることもあると思います。

      またコメントしてください。お待ちしています。