エリ、エリ、レマ、サバクタニ

『わが神、わが神、どうしてわたしをお見捨てになったのですか』[マタイ27:46]
ありのパパがキリスト教に入信して、何が分からなかったかと言って、この言葉ほど分からないものはありませんでした。
今日はこの問題を皆さんとご一緒に考えてみたいと思います。

①信仰は一人芝居では成立しない。

キリスト教と仏教の一番の違いは、崇敬の対象となるものとの間に人格的関係があるかないかというところにあります。
同じカウンセラー仲間で一般的な仏教徒であった人がありのパパにこのように言ったことがありました。
「ありのパパさんは、『人を受容するには、その前に自分自身が神に受容してもらった経験がなければならない』というけれど、その神様は何だって良いのよ。ただ人間の側で自分を受容してくれる対象を作り出せばよいのよ」
ありのパパはこの言葉を聞いて、これでは確かに人様を本当には受容することが出来ないだろうと思ったことでした。
しかしこのような考えは日本人の多くが持っている考えであると思います。
これが「受容すべき」であると思っても実行できない真の理由であるのです。
人間が作った作り物の神に、自分の心の中で受容されたと空想しても、そんなものは何の力もありません。
このようなものを一人芝居というのです。

②キリストの十字架上の言葉を聞いたとき、なぜ違和感を感じたのかが大分(だいぶん)あとになって分かりました。

本当に見捨てられた人からは、恨み・つらみが出てくるものです。
しかしキリストからはそのような言葉は一切出てきませんでした。
ある人は「そんなこと当たり前ではないか。御子なる神が愚痴をこぼすはずがないではないか」と言うでしょう。
しかし福音書の記事を見ると、イエスの余りにも人間臭いと言えば人間臭い言葉に出会うことが出来ます。
たとえばゲッセマネの園で血の汗を流して祈っているときでさえ、一時間に一回はペテロを初めとした弟子のところに行って彼らが寝ているのを起こしています(笑)。
なんとユーモアにあふれた御方であることでしょうか。
なぜキリストが泣いたり叫んだりしなかったのかということですが、それはやはりキリストが自らの使命を明確に捉えておられ、微塵(みじん)も迷いがなかったからであると思います。

③全てを支配なさる全能の神が「赦す」と一言言えば、全人類の救いは成就します。

しかし神はそのようなことをされませんでした。
その代わりに独り子(ひとりご)のイエスを十字架に付けて、全人類の罪の身代わりとされました。
なぜでしょうか?
神には二つの側面があり、一つは義なる神という面と、もう一つは愛なる神という面があります。
この義と愛という二つの相反する要求を共に満たすためには、神ご自身である御子イエス・キリストが十字架に掛かるほかはなかったのです。

万人救済主義を唱える人々は、この神の二つの側面をバランスをもって捉えることに失敗しています。
十字架の贖罪の故に全人類の救いが完成しているのは事実です。
しかしその救いを受取るのは信仰によらなければなりません。
そうでなければ神の二つの御性質による要求を満たすことが出来なくなってしまいます。

④十字架の御業は一人芝居ではない。

キリストが十字架の上で「なぜお見捨てになったのですか」と言った真意は、父なる神との間の人格的関係が奪われ、全人類の身代わりとして父なる神に裁かれたことを示しています。

理解力に限界のある人間である限り、この言葉を本当に理解することは不可能です。
しかし例え話によって少しは理解することが可能です。
友人の身代わりに出頭したのが自分の息子だったとします。
その息子に対して、罪人に接するようにしなければ息子が身代わりであるのがばれてしまいます。
それで父親は息子に接するようにではなく、罪を犯した人に接するように接します。
息子の方もお芝居ではなく、本当の罪人として振る舞います。
なぜならこのようにしなければ、身代わりにならないからです。
この延長線上に「なぜお見捨てになったのですか」という言葉が出てきます。

⑤私たちにとっても苦しみを通ることによって人格的に成長するというのは一人芝居ではありません。

弟子訓練とか、霊性の訓練とか言われるものは、何々をしたら成長することが出来ると約束しています。
しかしこのようなものは演技に過ぎません。
演技による抑圧が限界に達すると、グループ内でいじめが始まり、精神的疾患を抱える者が続出するようになります。
弟子としての本当の訓練は、弟子訓練セミナーの中にあるのではなく、主と共に歩む人生の只中(ただなか)にこそあるのです。

◎私たちには分からないことが多くあります。
しかしただ一つ、次のことを知っています。
それはキリストが私の罪を背負って十字架に掛かって死んでくださり、私を罪から救ってくださったということです。
祝福を祈っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. adamⅢ より:

    反論するわけでは無く私の見解ですのでご了承ください。
    たしかに、この言葉は注解書を見ても、牧師の話を聞いても難解でした。
    しかし、私は詩篇22篇の預言成就宣言だと考えます。
    わざわざアラム語で言われたのも律法学者やパリサイ人、祭司たちにわからないようにと考えます。
    キリストの自意感情ではなく、預言成就の宣言かと考えます。
    しかし、ゲッセマネの祈りでは自意の部分があったと思います。

    • arinopapa より:

      こんにちは、adamⅢさん。
      コメントをありがとうございます。

      この箇所の釈義の大前提はadamⅢさんが仰るように詩篇22篇の預言の成就です。

      聖書を福音主義の立場に立ちつつ、カウンセリング視点から読み解くという立場に、このブログは立っています。
      それは「自我に死ぬ」ということの真の聖書的意味を知ることの大切さを痛感しているからです。
      それでイエスの十字架上の御言葉が私たちにとって大きな気づきになると考え、この文章を書きました。
      そのようなわけでこの箇所における伝統的解釈に異議を唱えるものでないことをご了解ください。

      またコメントしてください。お待ちしています。