信徒組織の必要性

今日は皆さんとご一緒に、キリシタンや中国・家の教会の信徒組織について考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

1.信徒組織と信徒組織の「ようなもの」との違い

①真の信徒組織とは信徒のみによって構成される組織のことを指します。

活動力が旺盛な信徒組織を見てみると、それらは信徒によって自主運営されているところばかりであるのが分かります。
しかしキリシタンにおける講は、何も信徒が好き好んで信徒のみの講を作ったわけではありませんでした。
時の政府によって宣教師が全員国外追放になってしまったため、信徒が運営するほかはなかったのです。
現代の中国・家の教会を見ても、共産党政府によって福音主義教会の牧師が全員投獄されてしまったため、残された信徒がやむなく自宅で集会を始めたのがそもそもの始まりでした。

②これに対して牧師を頂点にする既存の教会制度を批判して「エクソダス」した人々は、自覚的決断によって牧師のいない集会を作りました。

ブレザレン系の教会も牧師の存在を認めません。
自覚的決断によって牧師の存在を否定する教会を形成した、これらの人々には共通点があります。
それは閉鎖的であること、警戒心が強いこと、被害者意識が強いこと、他教会を否定する主張が自分たちの存在の根拠になっていることなどです。

③迫害によって牧師がいなくなり、やむなく信徒中心の教会形成が進んだケースはうまくいっているのですが、自分たちの自主的判断によって信徒のみの集会を形成している場合はカルト化傾向がある場合が多いようです(全ての場合においてそうだと言っているのではありません)。

2.信徒組織とは何であって、何でないか?

①信徒組織は単なる聖書研究会ではありません。

ある時期、聖書研究会が小集団活動のモデルケースとしてもてはやされたことがありました。
しかし聖書研究会は教える賜物をもっている人と、学ぶのが好きな人には良いのですが、そうでない大多数の人々にとっては単なる退屈な時間に過ぎなかったようです。

②信徒組織は何かをやるための集まりではない。

日本の教会では礼拝会では礼拝を、伝道会では伝道を、祈祷会では祈りをします。
これはそれになれた私たち日本人クリスチャンにとっては当たり前のことかもしれません。
しかし韓国の教会では礼拝は日曜の午前中だけではありません。
水曜日にやるのは祈祷会でなく水曜礼拝ですし、朝早くやるのは早天祈祷会ではなく早天礼拝ですし、同様に金曜の深夜にやるのは徹夜祈祷会ではなく徹夜礼拝です。

③ありのパパの個人的見解ですが、礼拝だけして本当にそれが礼拝になるのか、伝道だけしてそれに主の御臨在と御同行が伴うのか、祈りだけしてその祈りは聞き届けられるのか、非常に懐疑的です。

伝道が目的になっている集会に連れてこられた未信者は、主の共同体に戻ってきた罪人ではなく、キリスト教セールスマンにうまく丸め込まれた哀れな騙されやすい人々であり、そこでなす決心はあたかもキリスト教販売会社と取引することを決める契約書のような気さえします。
ここには人格的交わりが入り込む余地は余りありません。
本当の信仰から出てくるものは礼拝と宣教と祈りが一体になっているものではないかと考えるのですが、皆さんは如何お考えでしょうか?

3.信徒組織に必要な霊的特質とは何か?

①日本の教会は牧師が信徒を裁くし、信徒も牧師を裁きます。

これは鶏が先か、卵が先かという議論と同じかもしれません。
まず日本文化そのものに人を裁くという傾向が強くあります。
あるネット上の相談所に、奥さんが「浮気がばれて夫に離婚されそうになっている。どうしたら良いだろうか?」という質問がありました。
その質問に対する答えは裁き度100%のものばかりでした。
読んでいてありのパパは段々胸が悪くなりました。
罪深いのは浮気をした奥さんであると初め思っていたのですが、あとになると最も罪深いのはこの質問に答えている人々であるということが分かってきました。

②このような文化的傾向をクリスチャンになったあとでも引きずっているゆえに、教会の中に裁きが入ってくるように思います。

神学校で聖書を学んだはずの牧師でさえ裁き度満点の説教をするというのですから、この問題は一筋縄ではいかないものです。
集まってくる信徒も牧師の悪口を言うのに忙しいというのであれば、これでは未信者は誰もきません。
クリスチャンだけでなく未信者も、ありのままの自分をそのまま受け入れてくれるところを求めているのです。

③まとめるとこうなると思います。

お互いは決して裁き合わず、ありのままで受け入れあう。
その現れとして、言いっぱなし・聞きっぱなし・他言無用のルールを守ります。
これを前提にしつつ集まりには明確な目的を置きます。
AAには禁酒の実行という明白な目的が有るように、キリスト教会が行う集会には罪から救われるということと天国に入るという明確な目的があります。

◎日本においてキリシタンの時代にあったようなリバイバルをもう一度再現するために、信徒中心の集会がどうしても必要であると考えます。
あなたのご意見をお聞かせください。お待ちしています。

コメント

  1. Jクルス より:

    こぶさたしています。うるさ方のクルスです。
     まずは、無理して組織化することよりも、宗派、教派のセパレータを取り除いた素朴な折の集いとか、恵みの証の分かち合いなどから始めたら、いかがでしょうか。
    もちろん、この場合でも、主催する世話人とか、スタッフとか必要ですが、固定化した組織をつくるよりも、ボランティア的にできますので、やりやすいと思います。 
    これが、いつか共同体のようなものに発展することもあり得ます。
     参考までに。

  2. arinopapa より:

    クルスさん、こんばんは。
    コメントをありがとうございます。

    そうですね。肩の力を抜いて始めるのが良いと、私も思います。

    またコメントしてください。お待ちしています。

  3. めぐみ より:

    こんにちは。

    ありのパパさんが理想とする教会が私の住んでる地域でもあれば行ってみたいです。
    日本にそのような教会があるのでしょうか?

    今日は断食祈祷会の日です。

    今から行ってきます。

    • arinopapa より:

      めぐみさん、こんにちは。
      コメントをありがとうございます。

      どこかにあるのではなく、ご自分自身でお始めになるべきものであると考えます。

      またコメントしてください。お待ちしています。

  4. めぐみ より:

    コメントありがとうございます。

    私もそう思います。

    今神様が導いて下さっている今の教会で
    自分のできることを、祈りながらしていきたいと思います。