神のタイミングに自分を合わせる

①我慢(がまん)と忍耐の違いは何でしょうか?

我慢はただひたすら耐え忍ぶことです。
それで往々にして怒りをため込む結果になり、爆発して「はい、それまでよ」ということになりがちです。
これに対して忍耐とは(ありのパパの理解によれば)絶好のチャンスを狙いすまして、そのチャンスがやってくるのを待ち望むことです。
ですから忍耐には「終わりのとき」があります。
いつまでも忍耐しているわけではありません。
もっともその終わりの時が自分の死の時であることもあり得ますから、傍目(はため)から見ると我慢と変わりがないように見えることもあります。

②忍耐とは神のタイミングに自分を合わせること。

神のタイミングとは神のご計画ということです。
神のご計画に関する理解の中で最も間違った理解は「神のご計画は不変であるのだから、人間の側でじたばたしても始まらない。私たちがどのようであろうとも神のご計画は進んでいく」というものです。
神のご計画に対する聖書的な正しい理解は「神が私について立てておられるご計画は私には今は分からない。だから様々な出来事を通して明らかになる神のご計画を理解しようと努める。そのことによって私は神の働きの実行者・協働(きょうどう)者になることができる」と考え、実行することです。

③あるテレビ伝道を行っていた宣教団体がこんなことを言っていました。

「始めたら止めない。前進したら退却しない。拡張したら縮小しない。」
ありのパパはこれを聞いて違和感を感じました。
それで初代教会の伝道記録である「使徒の働き」を読んでみました。
そうするとエルサレムで大迫害が起きたとき、弟子たちはエルサレムから脱出しました。
人の目にはこれは伝道の働きの退却・縮小に見えるでしょう。
しかしこれが異邦人伝道のきっかけとなり、教会はイエスの大宣教命令を文字通り実行することになりました。
もしここで「私は死をも厭(いと)いません」ということでクリスチャン達が全員殉教の道を選んだとしたら、神のご計画が成就することはありませんでした。

④忍耐とは人生のタイミングに自分を合わせること。

少なくない奥様方が「私は今の主人と結婚して失敗した。もっと良い人がいたと思う」と言います。
そんなとき、「ご安心ください。向こうもそう思っていますから。また違う人と結婚しても結果は同じです」と答えます(笑)。
人生のどこかで出会いがあり「この人なら」と思い、結婚されたわけです。
自分を変える努力も、相手を変える努力もせずに、子供っぽくセカンドチャンスを求めるのは間違ったことです。
なぜそのような間違ったことを願うかといえば、その方が楽だからです。
自分が変わる努力も相手を変える努力も骨が折れます。
そんなことをせずとも、白昼夢のように「誰か別の人と結婚していれば」と考えていれば現実逃避できます。
しかしそんなことをしていると人生を棒に振ることになります(笑)。

⑤忍耐とは自分自身の良き伴走者であり続けること。

一番頑固で変わりそうにないのは誰でしょうか?
そうです。それはあなた自身です(笑)。
勿論あなたが特別ということではなく、私たち一人一人の中にいる「自分自身」という存在を指しています。
神のご計画を待つのも、人生のチャンスを待つのも、忍耐が要りますが、一番大切な忍耐は自分自身を見捨てない、自分自身の最も良き理解者となる、自分自身を愛し続けるということではないでしょうか。
これさえ出来ていれば、私たちは幸福な人になることが出来ますし、平安のうちに人生を歩むことが出来ます。
自分と自分自身が車の両輪のように、自分自身に付き添い続けるのを止めないこと。
これが自己一致ということです。

⑥日常生活で起きる90%以上の出来事は、私たちの計画にお構いなく私たちに降りかかってくるものです。

そのようなとき私たちは三通りの反応の仕方をすることが出来ます。
一番目の反応の仕方は「私はこれこれのことをしようと計画を立てていたのに、私の計画が台無しだ。もう~!」
二番目の反応の仕方は「しようがない。人生とはそう言うものだ。人間万事諦(ばんじあきら)めが肝心(かんじん)」
三番目の反応の仕方は「私にこの出来事をコントロールする力はない。しかしこの出来事に対して神の栄光を現すことが出来るような反応をなすことが出来る。さて、どのような対応をすれば神の栄光を現すことが出来るだろうか」

◎本当の信仰とは、自分の意に反して起きる様々な出来事に対して、どのような対応を取れば神の栄光を現すことが出来るかを考え、その通りにすることです。
祝福を祈っています。

スポンサーリンク

コメント

  1. putti より:

    初めまして。
    怒り、処理、という検索結果からここのページにたどり着きました。
    クリスチャンですが、カトリックの洗礼を受けて8年あまり経ちました。
    クリスチャンになる大分前に自分がアダルトチルドレンであるという自覚を持ち、回復に励んで来たつもりであります。
    12ステップの回復も使ってきましたが、同じ部分での人間関係の躓きや、最近では押さえきれない怒りが吹き出して来て、自分でも何がなんだか分からず、コントロール不能の状態です。
    近々一度電話カウンセリングを受けたいと思っております。

    • arinopapa より:

      puttiさん、こんにちは。
      初めてのコメントをありがとうございます。
      これからもよろしくお願い致します。
      またコメントしてください。お待ちしています。