強みを生かす!

今日は皆さんとご一緒に「強みを生かす」ということを考えてみたいと思います。

1.ありのままに生きるとは、ぼさ~っと生きることではありません。

①皆が目の色を変えて競争しているときに、一人だけポヨポヨ~っとしている人がいました。

ありのパパ:「なぜ皆と同じようにしないのですか?」
ポヨポヨさん:「はい、私はありのままの自分を受け入れていますので、他の人のようにはいたしません。オホホホ」
ありのパパ:「それは結構なことですね。ではお聞かせ願いたいのですが、生き抜いていくための作戦はどのようなものですか?」
ポヨポヨさん:「えっ?(絶句)作戦て、何ですか?私はただありのままに‥‥‥‥」

現実と理想の関係を知らないと上記のようなことになりがちではないでしょうか。

②現実の世界で私たちがありのままに生きていこうとするとき、他の人々よりも頭を使うことが求められます。

ありのままでない自分を生きる人々は、価値のないもののために全てを犠牲にして働きますので成果が上がりやすいです。
それに比べて何が大切なことかを知っているありのまま人生を生きる私たちは、価値のないもののために全てを犠牲にするということをしません。
問題はその次です。
「私は第一のものを第一にしていますから、後のことは神様におまかせです」と言う人をありのパパは沢山見てきました。
しかしこれはありのパパに言わせれば寝言にすぎません。
「何でですか?聖書にもそう書いてあるではありませんか!」
確かに聖書には「神の国と神の義を第一に求めなさい。そうしたら他のものは神が与えてくださいます」と書かれてあります。
この聖書箇所をどのように解釈するかで生き方が分かれます。
ありのパパは次のように解釈しています。
「第一のものを第一にして日々生きていくなら、神様があなたに知恵を与えてくださる。それによって第一のものを第一にしながら、しかもその他のものも十分に備えられるようにしてくださる」

③ある人々の本音は「えぇ~。嫌だ、そんなの。面倒くさい。知恵なんか与えてくれなくていいから、楽したい」というものではないでしょうか。

そのような人に向かって聖書はなんと言っているでしょうか?
「働きたくない者は食べるな」(笑)

2.なぜ強みを生かすことが大切なのか?

①体と時間とお金を使わない人生を生きようとするなら、頭を使うことがどうしても必要になります。

頭を使うとは具体的には何を意味するのでしょうか?
それはあなたが持っている強みを生かすということにほかなりません。
あなたが持っている強みを生かすなら、人より何倍も効率的に成果を生み出すことが可能になります。

②利益が出なければ、働きを続けることは出来ない。

利益とはお金とは限りません。
本当の意味での利益とは、人々の益になるということです。
人々の益にならないとき、その働きは続いていくことが不可能になります。

またどんなに良い働きであっても、それを継続させていくためにはお金が必要です。
働く人々に労賃を払わなければなりませんし、事務所の家賃や光熱費も払う必要があります。

③人と同じことをやっていては成果を生み出すことは出来ない。

人間という者は放っておくと楽な方へ楽な方へと流れます。
それで結局どこに流れ着くかというと、「人と同じ」というところに流れ着きます。
しかしそこは競争が激しく、成果を上げるのが大変困難な場所であるのです。
もしあなたが楽して成果を上げたいと思うのなら、絶対に人と同じことをやらないことです。

3.自分の強みの見つけ方

①自分の関心や興味はどこにあるのか?

あなたがお好きなことは何でしょうか?
「このことはいくらやっても飽きないし、疲れないし、次から次へとアイデアが湧き出てくる。」
あなたにとっての「このこと」とは一体なんでしょうか?
それが反社会的・不道徳なものでない限り、それをあなたの仕事にすべきです。

②福音信仰が人間のもつすべての問題を解決できること。

もしあなたがクリスチャンであるなら、あなたの持っておられる信仰をあなたの強みの中にぜひとも加えてください。
なぜなら福音信仰こそは、人間のもつ全ての問題に対して解決を提示することが出来、提示するだけでなく実際に解決する力を持っているものであるからです。
こんな素晴らしいものをあなたの強みに加えない手はありません。

③福音がこの地に満ちること。

あなたが自力であなたの仕事をやろうとするなら、それは他の人と同じスタートラインに立ち、同じ条件の元で働くということです。
しかしあなたが聖霊をご自分の味方として働くなら、あなたは人の知らぬ力と知恵と忍耐力を持つことが出来ます。
神の力を自分のものとする秘訣はただ一つ、あなたが神の御心に従うことです。
神の御心は「全世界に出て行って、福音を宣べ伝えなさい」ということです。
ですからあなたの仕事がこの神の御心をなし遂げるための一部分となるようにすることです。

◎明日は具体的にどのようにして自分の強みを見いだしていけば良いかを考えてみたいと思います。
ご期待ください。

スポンサーリンク