自分は赦されたのに人を赦さなかった男

「私のことじゃないんですけど、わたしの知っている人でこういう人がいるんですよ」と言う人がいます。
このように言うときは大抵ご自分のことである場合が多いようです。
これは要するに人ごとのように振る舞うことによって自分はなんとも思っていないかのようなポーズをとるということです。

①ペテロもイエスにあたかも自分はなんでもないかのように振る舞いました。

『主イエス様。誰かが私に対してひどいことをしたとき、何度まで赦すべきでしょうか?七度赦せば十分でしょうか?』[マタイ18:21]

七度の七は完全数ですので、これだけ赦せば十分であると考えたのでしょう。
しかしイエスはそのように言ったペテロがぶっ飛ぶようなお答えをされました。

『七度までなどとは言いません。七度を七十倍するまで赦しなさい』

「七度を七十倍するまで」とは無条件に赦しなさいという意味です。

②もしペテロが文字通り七度まで赦せば十分であると考えているなら、誰かがペテロに罪を犯したとき、ペテロは心の中で「一回、二回、三回」と数えるでしょう。

そして七回まできたとき、ついにペテロの堪忍袋(かんにんぶくろ)の緒(お)は切れます。
しかしよくよく考えてみると、そのような生き方は少しも相手を赦していない生き方であることに気づきます。
なぜなら心の中で「いいか、良く聞けよ。七度までは大目に見てやるが、その次からは忍耐してやらないからな!」と言っているようなものだからです。
このように言われて誰が喜ぶでしょうか?
感謝する人は誰もおりません。

③このような話を聞いていると心が苦しくなるという方がおられます。

それはカルト教会などで人権を侵害された人々です。
しかし聖書がここで言わんとしていることは、その人のしたことを許せということではありません。
そうではなく、その人の存在を赦すということです。
ある人はこれを「その人を神の御手に委ねる」ことだと言いました。
もしその人がなした不法行為を無制限に許すようなことがあれば、許した本人の心の傷はいつまでも癒されることがないでしょう。
しかしその人自身を赦す(神の御手に委ねる)なら、赦した本人の心の傷の癒しは促進されます。

④ペテロはどのように対処すれば良かったのでしょうか?

ありのパパがペテロであったとすれば、このように言います。
「イエス様。私は人に罪を犯されて、はらわたが煮えくり返っております。あなたの教えが『赦し』であることは十分すぎるほどに承知しておりますが、決して私は赦すことが出来ません。こんな私はどうしたら良いでしょうか?」

「七度までは赦すべきでしょうね」などと建前でものを言わないことです。
そんなことを言うから、イエス様に「七度を七十倍」などと逆襲されるのです(笑)。
建前でものを言うと、イエス様はその人の建前を崩そうとされます。
なぜなら建前で生きている自分に気づかせようとなさるからです。
そうしてから実際はどうしたら良いかを教え導いてくださいます。

⑤自分の罪が赦されたのがクリスチャンですが、他人の罪を赦さないクリスチャンがおられます。

「あっ、私のことを言おうとしている」と思わないで下さい(笑)。
なぜなら全てのクリスチャンがそのようなものであるからです。
でもそうだからといって安心してはなりません。
聖書を読むことによって、また他のクリスチャンと本音の交わりをすることによって、何をなすべきかを知り、それを行う力を神様からいただくことが必要です。

「神が光の中におられるように、私たちも光の中を歩むなら、私たちは互いに交わりを保ち、御子イエスの血は全ての罪から私たちをきよめます」[Ⅰヨハネ1:7]

◎自分がどんなにひどい罪人かが分かったら、他の人は自分よりはマシであると思うようになります。
反対に「私はあの人ほどひどくない」と思っているようなら、‥‥‥‥‥‥以下省略(笑)。
あるクリスチャンの方が「わたしの親類が『教会に行く人は心が清い人だから、私なんか行けない』と言うんです。どうしたら良いでしょうか?」と聞かれました。
それでありのパパは「絶対大丈夫!私が来てるんだから」と申し上げたところ、その所にいた人々が大爆笑しました。
どうやら人間というものは、上から目線でものを言われると緊張するが、下から目線でものを言われるとリラックスするものであるようです。
私たちお互いは、人を緊張させるものではなく、人をして真にリラックスさせる者でありたいものです。
祝福を祈っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク