真に無力を認めるとはどういうことか?

世の中にははっきりわからなくてもかまわないものと、何となくわかったというだけではダメなものがあります。
「無力を認める」ことは、どちらに属することでしょうか?
今日は皆さんとご一緒に、無力を認めるとはどういうことなのかを考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

1.「わかったつもり」と「わかる」ことは全く違うこと。

①「こうあらねばならない」と考える自分と「こうありたい」と願う自分

たとえば「酒を控えなければならないのは分かっているんだけどねぇ~」という方がよくおられます。
しかしここには二重の間違いが潜んでいます。
一つは本当に分かったら深酒はやむということです。
人という存在は私たちが考えている以上に正直な存在であるのです。
本音のところで「これはいけない」と思うなら、体が反応し、その行為はやみます。
自分ではやめようと思っているにもかかわらず何故やまないかと言えば、本当はやめようと思っていないからです。
「こうありたい」というのと「こうあらねばならない」というのは違います。
私たちは普段の生活では、この建前と本音をあまり区別していません。
いちいち考えていたら面倒くさいというのもありますし、中には自分自身の中に「建前さん」と「本音さん」という二人の人が住んでいるのを知らない方もおられます。

②自分の本音に気づいていない場合があります。

もう一つは自分は本当はそのようには思っていないということを気づいてないことです。
本音の自分は「浴びるほど酒を飲んでも良い」と考えているにもかかわらず、建前の自分は「健康のために飲酒は程々にしなければならない」と考えています。
通常このような場合は、本音は押しつぶされ、建前だけが意識の前面に出てくるものです。
それで自分は本当に酒はほどほどにしなければならないと思っていると、天才的な誤解をします。

③このからくりに気づかない限り、前に進むことができません。

「無力を認める」とは12ステップの一番目のステップですが、案外多くの人が0番目のステップで躓いているのではないでしょうか。
0番目のステップとは、本音のところでは「これさえ得られるなら、後はどうなってもかまわない」と思っている自分に気づくことです。
この隠された本音(抑圧された本音)に気づくことが、無力を認めるための前提条件となります。
ではどうしたら、この抑圧された本音に気づくことができるでしょうか?
それは気づけるまで、気づくことができるように祈ることです。
そうしたら神の力が働いて、気づくことができるようになります。

2.「諦(あきら)める」のと「無力を認める」の違い

①諦めるとは、回復するための希望を打ち捨てることです。

たとえばお子さんが登校拒否になったとします。
そのような場合、カウンセラーは「お子さんのありのままを受け入れてください」と助言することが多いです。
この言葉を間違って受け止めるお母さんがおられます。
確かにお母さんにとって[学校に行くように言わない]ことはあきらめ以外の何物でもないと思うお気持ちもわかります。
しかしそうではなく、学校に再び行けるようになるために[当面は学校に行くように言わない]というのが本当のところなのです。
第一、学校に行くのをあきらめたとしたら、何とかしようとする訳はありませんし、また諦めようとしても諦めきれるものではありません。

②無力を認めるとは事実を認めることであり、回復への第一歩。

無力を認めるとは「子供が学校に行くようにすることは自分の力ではできない」ということを認めることです。
今までは何とか子供を学校に行かせようと出来る限りのことをしてきました。
しかし効果はなく、事態はますます悪くなっていくように見えます。
それでいったん手を離します。
手を離すとは、子供をコントロールしようとするのを放棄することです。

③自分の無力を認めるたら次は「自分以外の力に頼る」こと。

クリスチャンであれば、ここに入るのは神様ということになりますが、真実を言えば自分以外の存在であるなら何でも良いのです。
コントロールとは結局支配するということですが、この支配を手放すと必ず事態は好転し始めます。
本当に無力を認めているかどうかのリトマス試験紙は「相手や環境を支配しようとしていないか」で明確に分かります。
自分の力でコントロールしようとする心の働きがやめば、神の力が流れ込むようになります。

3.無力を認めるとは転機的な決断であるとともに継続的な心の状態

①ある日どこかで自分の無力を認めたというだけでは不十分です。

お母さんが自分の娘は醜いと思っているのが娘に投影して、娘の鼻が豚の鼻になってしまったというディズニー映画がありました。
お母さんが娘のありのままが素晴らしいということに気づいたとき、娘の鼻が豚鼻から人間の鼻に変わったという結末でした。
傑作なのはお母さんが最後に「人間の鼻になったことだし、せっかくだから整形して鼻をもっと高くしたらどうかしら?」と言ったことです。
これは笑い話のような話ですが、案外同じことを私たちはやっていないでしょうか?
キリスト教会にしても自分の力では救われることが出来ないからこそキリスト様を信じたはずなのに、気がついてみると立派な信仰者になろうとして悪戦苦闘していないでしょうか?(笑)

②無力を認めるとは、日々新たにされていく経験です。

ある方が「自分は無力を認めているつもりになっていたが、実はそんなことはちっともなかった」と言われました。
これは無力を認めるという経験が日々深まっていることの印です。
ここで気をつけなければならないことは、決して今までの無力を認めるという経験を打ち捨ててはならないということです。
なぜならそれは無力を認めることが一生続く経験であるからです。
一生続くものですから、途切れてはなりません。
途切れるとは、今までのものは偽物で、今のものが本物という考えです。
そうではなく、同じ経験なり体験が日々深化しているのだというように受け取るのが健全な受け取り方です。

③無力を認めることは、万能感を日々に手放すということでもあります。

無力を認めるというと何か悟りを開いた仙人にでもなったかのような錯覚を持ちがちです。
しかし日々に無力を認めるということは、日々に自分が無能力者であることを認めることでもあります。
これは実際は実に情けないことです(笑)。

◎支配権を手放し、無力を告白し、神に信頼していくとき、神の力と奇跡が生活を支配しているのを気づくようになります。
その結果として私たちが得るものは、幸福と安らぎと満ち足りた心の感情です。
祝福を祈っています。

スポンサーリンク

コメント

  1. 冬猫 より:

    お久しぶりです。ブログが復活してうれしく思います。
    無力を認める事って、頭で認めていてもなかなか心がついて行かず、どうすればいいのか分かりませんでした。
    でも、だいぶ以前に書いたかもしれませんが、例えば親を赦そうとする事は難しく、親のためにも祈れないと言う自分の気持ちに正直になり、どう頑張っても無理です、だから親のために祈る事も、親と接触する事もしません。どうにでもなれと、神様の前に投げ出してしまいました。それこそ、親不孝者と神様に怒られても仕方がないと思うくらい。

    最近になって心がいろんな事を素直に受け止められるように変えられています。そして、親とは心を乱されることなく会話ができるようになりました。

    これがステップ1ってものでしょうか。

    ただ、ただ、感謝です。

  2. arinopapa より:

    冬猫さん、こんばんは。
    コメントをありがとうございます。

    そうですね。それこそ真の無力を認めるということだと思います。
    私も一つずつ手放していっている最中です。
    無力を認めるということが全ての基礎になると思います。

    またコメントしてください。お待ちしています。