依存するものに支配される法則

スポンサーリンク

1.内面が空虚だと人を支配したくなる

①ある時、森の木が王を求めました。

オリーブの木のところに行って王になってくださいと頼むとオリーブの木は「神と人を祝福するために使われる油を作るのが私の仕事です。それをやめて他の木の上にそそり立って何になるのでしょう?」と言って断りました。
次にイチジクの木に頼むとイチジクの木は「甘い実をならせるのが私の仕事です。それをやめて他の木の上にそそり立って何になるのでしょうか?」と答えました。
ぶどうの木も同じように「神と人を喜ばすための美味しいぶどう酒を作り出すのが私の仕事です。それを止めて他の木にそそり立ってそれが何になるでしょう?」
最後にいばらの木に頼むと、いばらの木はこう答えました。「よろしい。あなた方の王になってあげよう。そのための条件は私のそばに来て身を避けることです。さもないと森の木全体を焼き尽くすことになります。」[士師記9:8~15]

②オリーブの木もイチジクの木もぶどうの木も、自分に満足していました。

満足しているとは、不足感を感じていないということです。
不足感を感じていないとは、空虚感を感じていないということです。
これらの木に共通するのは、ありのままで良いと自分のことを捉えているということです。
他の何かにならなくても、今のままの状態で十分感謝であるということです。

それに比べていばらの木は何かを生みだすということがありません。
かえって近づくものを傷つけてしまいます。

③律法主義の正体

いばらの木が象徴しているのは何でしょうか?
それは律法主義です。
「王になってやっても良い。そのための条件は私のそばに来ること。そうしなければ森全体を焼き尽くす。」
この文章には「束縛」と「呪い」が表現されています。
律法主義もそれを守ることによって救いに到達しようとする人々を律法に縛りつけ、律法を守りきれない人の人生を焼き尽くすという呪いをもたらします。
律法主義の別名である二元論も同様に「やれば出来る。頑張るんだ!」とガンバリズムに拘束し、「もし出来なかったらあなたは生きていたらいけない」とガンバリズムに生きる人の人生に呪いをもたらします。

2.人の心の奥底にある「空虚」という名前の隙間(すきま)

①自分の内面が空虚であると、人は支配することを求めます。

これが劣等感が強い人であるほど、人を支配したがる傾向が強いことの理由でもあります。

②人は空虚を満たそうとしますが、結局その満たそうとしたものに支配されることになります。

酒を飲みすぎると依存症になっていると分かっているにもかかわらず、飲み続けるのはアルコールによってもたらされるものを拒むことが出来ないからです。
それは利己主義・わがまま・配慮の足りなさから来る、寂しさや拒絶感を忘れさせてくれるというものです。
人は自分がなぜ飲み続けるのかという原因に気づかない限り、アルコール依存症から真に回復したということはできません。

3.命の水の川が流れ出るようになるためには?

①自分の性格的な欠点を正確に知ることが必要です。

今まで心の隙間を満たそうと、満たしてはいけないもので満たそうとしてきました。
その結果、私たちは性格的な欠点を抱えるようになりました。
ですから私たちが変わろうとする時、成熟した人格的な存在へと変貌を遂げようとするなら、自身の性格的短所は何かを正確に知っていなければなりません。

②性格的な欠点とは、自分の人生を傷つけるのに十分な誤った行動パターンのことです。

ある人は電話が掛かってくると、その電話を自分から切ることができません。
そのことによって、自分の生活に不都合を生じさせているのですが、問題の原因が自分にあるとは金輪際思っていません。
かえって人の事情を察しないで電話をかけてくる人に問題があると誤って思い込んでいます。
このように性格的欠点というものは自分では中々気づくことが出来ないものです。
これを気づくためには、本当のことを優しく言ってくれる友人に聞いてみるとか、12ステップの棚卸(たなおろし)をやってみるなどの方法があります。

③世界に一つだけ、依存しても依存症にならないものがあります。

それが人となってこの地上に来てくださった神の御子イエス・キリストです。
この御方に全面的に依存しても、依存症の症状は出てきません(笑)。
なぜでしょうか?
それは人の心の奥底にある隙間の形は「神の御子&十字架」という形をしているからです。
十字架に掛かられた御子イエス・キリストを、私たちの心の隙間にはめ込む時、心の奥底から命の水の川が流れ出てくるようになります。

◎イエスにのみ依存して他の何ものにも依存しない自立した人生を生きていきたいものです。
祝福を祈っています。

スポンサーリンク