かわいそうに思う心

イエスの宣教活動のほとんどは人々の肉体的病気と精神的病を癒すことに費やされました。
今日は皆さんとご一緒に、なぜイエスはこうまで癒しの働きを重視されたのかを考えてみたいと思います。

1.イエスご自身は、全ての町々を巡回され、会堂で教え、福音を宣教し、あらゆる病気を癒されました。[マタイ9:35]

聖書の当該箇所を見ると「あらゆる病気」とか「あらゆる患い」とか「全ての町々」など、完全を現す単語が使われています。
余程イエス様は根(こん)をつめて活動なされたのだと思います。
これにはイエスの強い意志を感じます。
私たちは「癒されても感謝、癒されなくても感謝」と案外簡単に言うところがあります。
しかしイエス様は何としても病気の人々をいやそうとする強い意志をもっておられたようです。
もちろん主権は神様にありますから、私たちは癒しを神に願うことはできますが、癒しを神に強制することはできません。
しかし私たちがイエスの熱いお心を感じることなく、冷たい心で「癒されても癒されなくても、どっちでもいい」などと言うことが無いようにしたいものです。

2.イエスは群衆をご覧になり、かわいそうに思われました。

①私たちは自分のことをかわいそうに思っているだろうか?

イエスの強迫的とも思える癒しの活動の原因は、人々をかわいそうに思う心でした。
話は変わりますが、ありのパパが韓国人教会に通っていたとき、そこの教会の韓国人の長老さんがお祈りになるとき「父なる神様、私たちをかわいそうに思ってください」といつも泣きながら祈っておられました。
そうすると、その祈りを聞いている人々も「アボジ~(お父ちゃんという意)」と言いながら泣いているのです。

②自分のことをかわいそうに思っていなければ、隣人をかわいそうになど思うことはできない。

韓国人クリスチャンの祈りに強く感動したありのパパは自分も集会で代表祈祷をするとき「私たちをかわいそうに思ってください」と祈るようになりました。
ある時、教会の青年がありのパパのところにやってきて話をしました。
彼は「僕は自分のことをかわいそうだと思っていないし、思えない」と言うのです。
ありのパパは心の中で「それがあなたの問題だよ」と思いましたが、言ってもまだ分かる段階ではないと思い黙っていました。
これを読んでおられるあなたはイエス様が思っておられるように、ご自分のことをかわいそうだと思っておられるでしょうか?
それとも「私のどこがかわいそうなのか?言ってみよ!」と憤慨されるでしょうか?(笑)

③イエスはご自分と同じスピリットを持った者を多く必要とされている。

癒しを宣教の道具とすることはおろか、商売の道具にしていると思われる人々がおります。
ありのパパの推測ですが、これらの人は人々をかわいそうに思っていないのではないでしょうか?
もしかわいそうに思っていたら、無料で(献金を取らずに)癒しの祈りをしてあげることでしょう。
イエスは『収穫は多いが、働き人は少ない』と言われました。
この場合の働き人とは、強欲な大教会請負人ではなく、人々をかわいそうに思って癒しの働きに専心する働き人を指しています。

3.イエスは宣教活動の真ん中で十二弟子を任命なさいました。

①この任命の目的は「悪霊を追い出し(精神的病を癒し)、あらゆる肉体的病を癒すために特別な権能を彼らに与える」ためでした。

これは癒しの働きをイエス様一代で終わらせることなく、後に続くリーダーたちに癒しの権能を引き継がせるためでした。

②癒しの働きをさせるために十二使徒が任命されたことの意味。

まず初めに十二使徒を選び、その使徒の働きの一つとして癒しがあったのではありません。
そうではなく癒しの働きを行わせるために彼らを任命し、特別な権能をお与えになられたのです。[マタイ10:1]
それ位、人々を癒す働きは大切なものであるのです。
しかし、このイエスの意図は教会に引き継がれることはなく、教会は癒しの業を等閑(とうかん)に付すようになりました。

③現在でも癒しの伝道者と呼ばれる人たちは存在しますが、彼らは癒しを自分自身の賜物として捉えています。

分離主義カルトの牧師も自分が祈ったら人が癒されたことについて「自分はペンテコステ派ではないし、癒しの権能を持っているとも思わない」と言いました。
これは逆に言うと、癒しの賜物が個人に与えられるものと考えているということです。
そうでなければ、このような言い方はしません。

しかし聖書によるなら、癒しの権能は個人に与えられたものではなく、教会に与えられたものです。
癒しの賜物を与えられた人が、教会というキリストの御体の一部として癒しの業を行うのです。
これがイエスの意図されたことでした。

◎私たちはイエスのご命令に従い、収穫の主が働き人を送ってくださるように祈り求めたいと思います。

スポンサーリンク

コメント

  1. COCO より:

    ありのパパさん、こんにちは。
    読者の皆さん、始めまして。
    ハワイ在住のCOCOです。
    初めてコメントさせていただきます。

    私は、私のことをかわいそうに思っているだろうか?
    この問いかけは、アダルトチルドレンからの回復途上にある私にとって、タイムリーなものでした。

    12ステップの4の、人生の棚卸しをする過程でさえ、あんな幼少期を生き抜いてきた私自身を、かわいそうに思う心はなかった、という事に気づかされました。

    私にかわいそうだと思ってもらえずに、今まで生きてきた私自身を、今日、本当にかわいそうだと思えました。

    これからは、私自身に対して厳しすぎることなく、いたわりの心、かわいそうに思う心を持ってあげられたらいいな~と思っています。

    イエス様が、「COCOちゃん、かわいそうにぃ、、、」と言って下さるのですから、私はその愛を受け取って、かわいそうな私を嘆き悲しむ事を、私に許可してあげたいです。

    自分を愛する事、自己受容する事のひとつとして、自分をかわいそうに思うというのは、比較的分かりやすく具体的な分、実生活に適用しやすいので、時折立ち止まって自分に問うてみるよう、心がけたいものです。

    ありのパパさんのブログに出会え、電話カウンセリングをしていただく中で、からまりきっていた糸が、徐々にほぐれていっている実感が与えられています。
    日々、取り組むべき具体的な指針も与えられ、地に足が着いた生活に変えられつつあります。

    ありがとうございます。パパさん。
    またコメントさせていただきます。

    LOVE & ALOHA
    God bless you.
    COCO

    • arinopapa より:

      cocoさん、こんにちは。
      初めてのコメントをありがとうございます。

      人に優しくない自分を感じるときは、そのようなときは自分自身に優しくしていないときであることを思います。
      自分自身を受容している分だけ、隣人を受容できます。
      互いにこの道を歩みたいものですね。

      またコメントしてください。お待ちしています。