回復の三段階

皆さんは回復には三つの段階があるというのをご存じでしょうか?
「そんなの当たり前田のクラッカー」ですって?(笑)
今日はこの問題を皆さんとご一緒に考えてみたいと思います。
話が見えやすいようにダイエットを例にして話を進めたいと思います。

スポンサーリンク

1.肉体的回復

何かのことで自分を変えようと志すなら、肉体的なことから始めるのが有効です。
たとえばダイエットしようと思う方は、まずどうにかして摂取するカロリーを制限する術を身に付けることです。
ダイエットに失敗するのは二つの理由があります。
一つは自分の肉体をコントロールする具体的方法を身に付けようとしないことです。
成功しようとするなら具体的である必要があります。

○寝る前の四時間に食物を口にしないなら痩せるということが分かったら、今度はどのようにしてそれを実践できるかを考えます。
夜食を口にするのは夜更かしが最大の原因ですから、夜更かししないようにしようとか、夜食はローカロリーのものに限るとか、自分で考えて対策を立てます。

2.精神的回復

ダイエットに失敗する二つ目の原因は、しばらくの間は食べ過ぎないでいることができるのですが、そのうち食欲が亢進してしまい抵抗することができなくなり、ついに食べ過ぎてしまうことです。
一度禁を破ってしまうと、後はいともたやすく食べ過ぎの日常に戻っていきます。
このようにダイエットするための具体的方法を身に付けているだけでは、ダイエットを長く続けていくためには不十分なのです。
では何が必要かというと、精神的回復(気づき)が必要です。
精神的必要とは、ダイエットを例にしていうと、なぜ食べ過ぎに走るのかという精神的理由を知ることです。
理由は人によって様々ですが、いくつか挙げてみます。

①食べることしか楽しみがない。

案外このような人は多くいます。
実はありのパパがそうでした(笑)。
何かある度に食べていました。
なぜかというと他に楽しみを持っていなかったからです。
敬虔主義の教会で育ったのと、生来のケチのため、あの楽しみは不敬虔だ、あの趣味はお金がかかる、など色々な理屈を並べて自分を無芸大食の輩としてしまっていました。
このからくりに気づいて、楽しみを食べる以外のものに求めるようにしました。
その結果、精神的必要を満たすために食べるということをしなくなりました。

②食べることがストレス解消の手段になっている。

何もないときは我慢できるのですが、夫婦喧嘩したり、子供が言うことを聞かなかったり、上司に叱られたりすると、食べざるを得なくなる人がいます。
これはストレス解消と食べ過ぎが心理的に結びついているからです。
飲酒もストレス解消と心理的に深く結びついてます。
この場合の対処の方法は二つあります。
一つはストレス解消のための別の方法を見つけ出すことです。
運動も良いですし、女性ならおしゃべりも効果的でしょう。
もう一つはストレスのもとになっているものから退避することです。
職場を変えてもらうように上申書を出すとか、他の人に援助を依頼するとか、方法は色々あります。

3.霊的回復

①食べ過ぎないための具体的テクニックを身に付け、食べ過ぎないために精神的必要を満たすことができたとすれば、その人は永続的に理想体型を維持することができるようになるでしょうか?

いいえ、それは難しいと思います。
生涯、理想体型を維持するためには、肉体的回復と精神的回復だけでなく、霊的回復を目指すことが必要です。
霊的回復とは何でしょうか?
霊的回復とは、ダイエットを例にしていうと、ダイエットそのものから自分の関心が離れていくことです。
離れていくとは、もちろん諦(あきら)めるということではなく、格別に意識しなくても普通にダイエットをすることができる状態を維持しながら、自分の関心事が違うものに向かっていることです。

②回復のステップ

回復を目指す場合、いきなり霊的回復を目指す人がいます。
このような場合、大体失敗の憂き目にあうか、うまくいっている振りをするようになります。
こんな惨めなことはありません。
ですから私たちは本当に回復を願うのなら、どうしても肉体的回復から始めなければなりません。
そしてその次に精神的回復を目指します。
肉体的回復と精神的回復が強固なものになって初めて、霊的回復が現実のものになります。

③各回復の関係

霊的回復を手に入れた人は、具体的テクニックを実践する必要はないのでしょうか?
そうではありません。引き続き日々の生活の中で具体的テクニックを実践していくことが必要です。
また精神的回復についても同様です。
許容限度以上のストレスを身に受けないように警戒することも、生きている限り必要であり続けます。
もし自分は霊的回復の段階にあるから、肉体的・精神的なことはそんなに気にしなくても良いと考えている人は、自分が失敗と破綻の縁にいることを気づかなければなりません。

◎人が回復していくには、三つの段階があることを学びました。
今日はダイエットを例にしましたが、ダイエットの代りにアルコール依存症でも良いですし、アダルトチルドレンであっても原理は皆同じです。
あなたが回復したいと願っておられるものは何でしょうか?
あなたが願うものから、あなたご自身が回復することは可能なのです。

祝福を祈っています。