聖書が教える断食は救われた後に神の恵みに浸されるためにやるもの!

マタイ福音書9章14節から17節にはバプテスマのヨハネの弟子たちが「私たちとパリサイ人は断食するのに、なぜあなたの弟子は断食しないのですか?」とイエスに直接質問していることが記されています。
そこで断食は何のためにするのかを考えます。

①ユダヤ人は日本人と似ている

「誰それさんは何々をやっているのに、あなたはやっていない」というセリフは人々が非難するときに最も用いる口実です。
二千年前のユダヤでも現代の日本と同じ非難の言葉が繰り返されていました。

バプテスマのヨハネとイエスは盟友関係にあり、ローマ帝国、パリサイ人・律法学者に対して同じ歩調を取っていました。
ですからこの指摘をイエスは重大に受け止めたでしょう。

私たちは単純にイエスとバプテスマのヨハネは連合戦線でも組んでいたかのように思いがちですが、実際には各主題ごとに異なる立場を保っていたらしいのを見ることができます。

②救われるために断食をする人々

パリサイ人が断食をやる目的は、それをやることによって救いに到達するためでした。
これを律法主義といいます。

律法を守ることによっては決して救いに到達することができない私たちのためにイエスが十字架に掛かって私たちの罪の処罰を受けてくださいました。
これが恵みと憐れみによって一方的に救われる道です。

③恵みによって救われる道

イエスは花婿と婚礼に招かれた客の話をされました。
即ち花婿とは私たちに無代価で救いを与えてくださる救い主を現しており、客とはイエスの弟子を現しています。

律法が与えられて以来、人々は律法を守ることに精を出してきましたが、その結果理解したことは律法を守ることによっては決して救いに達し得ないということでした。

この絶望の中にいた人のところに律法によらない救いの道を提供してくださる御方が来られたのです。
これは喜ぶはずです。
断食している場合ではありません。

④新しい意味を持った断食

花婿が取り去られた後はイエスの弟子たちも断食をします。
現代のキリスト教会の中には「断食なんかする必要ない」という人もいるようです。
これは大変残念なことです。

なぜならイエスご自身が「花婿が取り去られた後は断食するようになる」と明言されておられるからです。
それにもかかわらず誤った指導がされるのは断食をする目的を取り違えているからです。
救いに到達するために断食をやる必要はさらさらありませんが、救われた後はイエスの恵みに浸されるために断食する必要があります。

⑤問題は動機

人がやっていることの動機を知っているのは、その人と神様だけです。
熱心に祈り・聖書通読・伝道・奉仕をしておられるクリスチャンを見て、その方が救われるためにやっているのか、それとも救われた感謝から喜びに突き動かされてやっているのかを見分けることはできないことです。
時々は自分でも自分の動機が分からない時があるぐらいですから、人のことなど分かるはずもありません。
分かると思うのは傲慢だからです。

イエスは動機が問題であることを説明なさるために新しいぶどう酒と古い革袋の例えを話されました。
救われているにもかかわらず救われるためにせっせと断食するなら既に得ている救いを失ってしまうでしょう。
これを『そんなことをすればぶどう酒(救い)は流れ出て(失って)しまう』とイエスは表現されました。

古いぶどう酒とは律法を守ることによって救いに達しようとする道であり、古い革袋とは律法を守る行いを指しています。

新しいぶどう酒とは十字架の身代わりの死を信じることによって値いなしに救われる道であり、新しい革袋とは救われた者が神が定めてくださった善き行いを実践するのを指しています。

神が定めておられる善き行いとは自分自身をありのままに愛し受け入れ、隣人を自分自身を愛するようにありのままに受け入れることにほかなりません。

ありのパパは断食を健康目的のためにやっておりました。
これからは神との交わりの時を心静かに過ごすためにも実行したいと思います。
どうぞみなさんも断食にチャレンジなさってみてください。

◎平安と祝福を祈っています。

どうぞコメントをお残しください。初めてコメントなさる方は必ず自己紹介をお願いします。自己紹介のないコメントを承認することはありません。詳しくはメニューの「コメントしてくださる方へ」をご覧ください。