教団と教会の違いは何か?

ある人が教団(組織)は人間が作ったものであり、本来聖書にないものであると言いました。
この人の結論は人間の手による教団から出て、聖書に忠実な教会(キリストの体)に集うということでした。
この結論はどこぞで聞いたことのあるセリフです(笑)。
そこで今日は皆さんとご一緒に、果たして教団と教会に違いはあるのかということを考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

①イエスご自身が運営されたイエスの弟子団でさえ、イスカリオテのユダが不正な財政支出を行った

もし間違いや不正があることをもって人間が作ったものであると言うなら、イエスが作られたイエスの弟子団ですら聖書に基づかない人間が作った代物(しろもの)ということになります。

初代教会にも、配給が一部の人(生粋のユダヤ人)にしか行き渡らないという不正の問題が存しました。
彼らから見ると、初代教会もやはり聖書に基づかない人間が作った組織ということになるのでしょうか。

②彼らが言う人間が作った偽りの教団組織から出て、純粋な聖書に忠実な教会に移った人の中で、信仰の虐待が行われているのはなぜか?

それは聖書に忠実で純粋なはずの教会もまた、人間が作ったものに過ぎないからです。
どんなに純粋な教会であっても、それもやっぱり人が作ったものであることに代わりはありません。

③元々教会という集まりにはエクレシアの部分と人間が作った組織の両面がある

この両面はイエスがお作りになられたイエスの弟子団にも、初代教会にもあったものです。
だからこそ、神の御心を実現することも出来たわけですし、その一方で間違ったお金の処理が行われるという失敗もあったのです。
それを意図的に教団=組織、教会=キリストの体と切り分けるところに、間違った認識をする原因があります。
「教団は人間が作った組織であり、教会はキリストの体である」などと聖書に基づかない全くのデタラメをいくら言ったところで問題は少しも解決しません。
それは既存の教会から脱出した人たちで作る純粋なはずの教会の中に、人権侵害と言わなければならないような問題が続けて起きていることを見ても明らかです。

④このような偽りの教えが、さも真理であるかのように流布される原因は何か?

第一の原因は幼児性

自分の考えたことだけが正しく、それを認めない人は間違っていると思い込んでしまうのが、幼児性の強い人の特徴です。

第二に、社会性の欠如

問題は社会性が欠如していることではなく、それを認識していないところにあります。
認識していれば、ある程度ブレーキが掛かるからです。

第三に、全体を見る視点の欠如

ある人が事実に基づいて腐敗・堕落した牧師を批判すると、自分と牧師という関係からしか物が見えない人は、その真っ当な批判をした人に反発を覚えます。
取って付けたような屁理屈を並べますが、これに理屈は関係がありません。
ただただ反発を覚えるのです。
いつまでもこのような所にいないで、成熟したクリスチャンとなることが求められています。

◎私たちは三流の評論家のような真似をせず、逃げないで留まり続け、教会が神の御心に少しでも近づくように努める責任があります。

スポンサーリンク

コメント

  1. こばやん より:

    ありのパパさんこんにちは。
    以前にも投稿させて頂きました。
    福音派教会に在籍中のカリスマ派信徒のこばやんです。

    先日、どこかの教団の総会が開かれて、そこにその教団の信徒会の代表の方も出席されていたそうですが、その方が、「信徒会というのは、教団にとって、どのような位置づけなんでしょうか。」と質問されたんだそうです。
    わたしの脳内補完では(笑)、教団の決定事項に信徒が関与する余地がないということを指摘されたんじゃないかと勝手に思ってます。
    ありのパパさんが言われるように、教団も教会も罪ある人間の集まりですが、教団は罪ある人間である牧師の集まりで、教会は罪ある人間である信徒が中心の組織なのではないでしょうか。
    そうすると、当然軋轢が生じるのも当然かと思います。いかがでしょう。

    • ありのパパ より:

      こんばんは、こばやんさん。
      コメントをありがとうこざいます。

      さて、教会と教団のちがいについてのご質問ですね。
      私は以下のように考えます。

      問題は教会と教団の差にあるのではありません。
      問題の本質は、その共同体の中に民主主義的な原理が働いているかどうかにあります。
      この視点で言えば、教団を否定する人々が形成する教会ほど民主主義的機能が働いていないようです。
      そのような状態を「カルト化」と言うのではないでしょうか。

      表面的に上辺の表れだけを見て判断するのは適当ではありません。
      その共同体の中に、民主主義的な有り様へと変容していこうとするダイナミクスが働いていれば、その共同体は健全と言えるでしょう。
      しかし、教団を否定しつつ、教会を形成している人々が、民主的な姿へと変容することを拒んでいるとすれば、問題はこちらにあるということになります。

      よろしくお願いします。

      • こばやん より:

        ありのパパさん、返信ありがとうございます。

        話が多少食い違っているようですが、ありのパパさんが仰っている、教団を否定している人たちは、カルト化しつつある教会の方々なんですね。
        具体的にどこの教会を指して言われているのか分かりませんが、そういう方々がいるのでしょうね。

        ありのパパさんは、「民主主義的な原理」と言われました。
        そういう方々の教会は、民主主義的な原理が働いていないのでしょうが、多くの教会においては、教会が総会が開かれ、良い面も悪い面もあると思われますが、「民主主義的な原理」が働いているように感じます。
        しかし教団となると、政治的な声明を出すことも含めて、全て教職の方々だけで運営されており、信徒は全く関与する余地がありません。
        それは、「民主主義的な原理」が働いていない、ということにならないでしょうか。
        ありのパパさんが所属される教会と教団は素晴らしい組織なのかもしれませんが、わたしはときどきそう感じています。
        いかがでしょうか。

        • ありのパパ より:

          こんばんは、こばやんさん。
          コメントを下さり、感謝をいたします。

          こばやんさんは、教会の民主主義的な制度を当然のものとして捉えておられないでしょうか?
          事実はそうではなく、これは戦いの末に勝ち取ったものです。

          同様にこばやんさんは、教団の有り様を変えることの出来ないものとして受け止めておられないでしょうか?
          もし、教団の有り様に同意できないなら、願う姿になるように「戦い取る」ことをすればよいのです。

          この地上に固定化したものは一つもありません。
          封建的であった教会制度が改革されたのは、それを戦った人々の存在があるからです。
          どうぞ、こばやんさんもその人々の後に続くものとなられますように。

          これが私からのお答えとなります。
          平安と祝福を祈っています。
          (どうぞ実名でのコメントはお避けください。ニックネームでコメントしてくださるようにお願いします。)