効果的に無理なく節約できる三つの節約術をご紹介します!

ありのパパが実践する「楽々節約術」をご紹介します。

①買い物はネットスーパーで

ありのパパの家では買い物はネットスーパーを利用しています。
冷蔵庫の中身を確認しながらタブレットを使ってネットスーパーに注文を入れます。

ありのパパの子供の時分には「御用聞き」というのが存在したのですが、ネットスーパーは現代版の御用聞きです。

リアル店舗で買い物をすると不必要なものを買いがちですが、ネットスーパーですと必要のないものを買うことが無くなりました。
また買い物途中で合計額が明示されますので、今日の予算は何千円と決めたら正確にその範囲におさめることが出来ます。

そして何より買い物に行く時間が節約できます。

②自家用車を手放す

子供が小さいときは自家用車は必須のものですが成人した後は無用の長物になります。
自家用車を持つ理由の一つに買い出しの際に必要だからというのがありましたが、ネットスーパーを利用すれば自動車は必要ありません。

自家用車を持っているだけで一ヶ月二万円の出費は確実です。
そのため車に乗らないだけで年間24万円の節約が可能となります。
十年間で維持費だけで240万円の節約が可能です。

③家計簿を付ける習慣を身に付ける

多くの方が家計簿を付けることにチャレンジしますが長続きしません。
その理由は二つあり、一つは面倒くさいからであり、もう一つは効果が感じられないからです。

a.面倒くささをどうやって解消するか?

もうこれはスマートフォンを使うしかありません。
ありのパパはiOS用の「支出管理」というアプリを使っています。

b.家計簿を付ける意味とは何か?

家計簿をなぜ付けるかと言えば、後から見直して支出を無理なく減らすためです。
そのためには初めからそのような付け方をしていなければなりません。
たとえば全ての食費の項目を十把一絡げに一つの食費という項目に記入したのでは大雑把すぎて後から見直した時に何を減らせば良いのか皆目見当がつきません。

また反対にラーメンを食べたら「ラーメン五百円」と付けるようなやり方では全体が見えなくなります。
全体が見えないとは支出を減らすべき個所が見つからないということです。

このような訳で支出を減らす目的のために家計簿を付けるなら、家計簿の付け方に工夫が必要です。
それは中項目主義と言い、大項目「食費」⇒中項目「食料品・外食・飲料etc」のような区分の仕方をします。

ネットスーパーを利用することで買い物に費やす時間が節約でき、衝動買いも防げます。
またスマホで家計簿を付ければ効果的に支出を減らすことが可能です。
今日ここに書かせていただいたことを実践されるなら、一ヶ月何万円もの節約が出来ます。

◎平安と祝福を祈っています。

どうぞコメントをお残しください。初めてコメントなさる方は必ず自己紹介をお願いします。自己紹介のないコメントを承認することはありません。詳しくはメニューの「コメントしてくださる方へ」をご覧ください。