異言が伴う聖霊のバプテスマについて聖書は何と教えているか?

もし皆さんがペンテコステ派のクリスチャンであって、他教派の方から異言についてご質問をいただいたらどのようにお答えになるでしょうか?

スポンサーリンク

1.どうして異言が全てのクリスチャン、教会に必要だと主張するのか。異言を求めない教会は必要じゃないのか?

それは三つの理由があるからです。

①聖書がそう言っているから

聖霊のバプテスマが「使徒の働き」に登場する全ての場面で異言が語られているか、異言が語られていると強く推測することが出来ます。

パウロ書簡にもパウロ自身が異言を語ったことが書かれており、初代教会のクリスチャンたちが当然のように異言で祈る賜物を活用していたのがが明らかだからです。

②心が異言で祈る賜物を活用した神との人格的交わりを渇くように求めるから

異言で祈る賜物を活用して神との人格的交わりを始めるまでは靴を履いて足の裏を掻いているようなもどかしさが付きまといます。
ところが異言で祈り始めるようになると「我が心、定まれり」というような平安を体験するようになります。

③人々の証

異言で祈る賜物を活用して何十年も祈っている多くの人々を知っていますが、その人々は人格的に成熟しているのを感じます。

突発的な怒りから解放されており、物事を双方から見ることの出来る視野の広さを備えており、自分が間違っているのを気づいたら即座に謝罪することのできる謙遜さを持っているのを感じます。

これらの人々は異言で祈り始めた人々の励ましとなる存在です。

○「異言を求めない教会は必要ないのか?」という質問は二元的な考え方から出てくる発想です。
「必要じゃない」とは誰が必要じゃないのでしょうか。
神様でしょうか?それとも人でしょうか?それともあなた自身にとってでしょうか?

2.異言が常に聖霊から来るという確証はどこにあるのか。霊の働きには悪霊の働きもある。悪霊に影響されることはないのか?

①異言を求めるのではい。聖霊のバプテスマを求める

このご質問は大変重要な質問です。
なぜなら今日のペンテコステ運動が聖霊のバプテスマそのものを求めず、異言だけを求めて異言を語ったことをもって聖霊のバプテスマを受けたことにするという誤りを犯しているからです。

もちろん異言を語ったことで聖霊のバプテスマを受けている場合もあるでしょう。
しかしそうでない場合もあり得ます。

②異言が聖霊のバプテスマに添えて与えられる理由

この質問者が仰るように異言が聖霊から来るのでない場合があります。
世界中を見渡すと世界のどの宗教の中にも異言が存在するのを知ることが出来ます。

このような聖霊以外の霊から異言が来るのを防ぐため、神はクリスチャンに異言の賜物を聖霊のバプテスマと同時にお与えになるのだと考えることが出来ます。

なぜなら聖霊のバプテスマとは聖霊に満たされることであり、聖霊に満たされているとき聖霊以外の霊は私たちの中に存在することが出来ません。
このような言わば無菌室状態で神から異言で祈る賜物が与えられるとき、その異言は正真正銘の神からの賜物であるということが出来ます。

③神から来たのではない異言を語っている場合はどうなるか?

その場合は異言で祈っても心に平安はないし、何より聖霊に浸されているという静謐感がありません。
また人格の成熟も見ることができません。

スポンサーリンク

3.それが御霊の働きでないなら危険ではないか?その危険を冒してでも異言を求めることは神の意志か?

①聖書のやり方に従うなら安全

質問者が仰る通り、危険極まりないものになります。
しかし既に申し上げたように異言を求めるのではなく、聖霊のバプテスマを求めるなら危険から免れることが出来ます。

なにより明確にしないといけないことは聖書のどこにも「異言を求めよ」とは書いてないことです。
聖書は「聖霊のバプテスマを求めよ」とはっきりと言っているのです。
私たちは聖書信仰者ですから、書かれた聖書の御言葉に忠実でなければなりません。

②どんな困難があっても異言で祈る賜物を求める価値がある

ここで申し上げたいことは危険を冒すことが良いということではありません。
ペンテコステ運動の初期には多くの脱線が発生しました。
この運動の先輩たちはこれらの困難に立ち向かいました。

現在、ペンテコステ運動が始まってから百年が経ちました。
その間に運動は成熟し、神学は整えられました。

穏健なペンテコステ神学に基づいて信仰生活を送るなら、多くの危険から未然に守られることが可能です。
ですから「安心して異言で祈る賜物を求めてください」と申し上げることが出来ます。

ここまでは神学的な視点から異言で祈る賜物の問題を考えました。
次に実際的な面と心の面からアプローチします。

4.自分の主張を繰り広げるだけでは駄目

ありのパパがペンテコステ派の神学生として伝統的福音派教会でインターンをやっていた時のことです。
その教会の奉仕者がありのパパに「ペンテコステ派の人と異言を伴う聖霊のバプテスマの話をしていると、なんか訳(わけ)がわかんなくなっちゃう」と言いました。
その時ありのパパは「訳がわからなくなったのは誰?」と聴きたかったのですが、教界内の平和のために止めておきました。

このような会話をする際に気をつけておくべきことは、相手の理解力はどの程度かを知っておくことです。
相手の理解力の程度をわきまえず、自分の言いたいことだけを言うなら、それは「気狂いに刃物」と言わなければなりません。

5.質問された時の対処の仕方

①信仰生活に力のなさを感じ、聖霊のご介入を求めている場合

この場合はカウンセリング的アプローチをすることが大切です。
どこに問題を感じているのかを明確に知り、その問題に対する答えとしての「異言を伴う聖霊のバプテスマ」を適用することが大切です。
教理という石を投げてはいけません。

イエスがなさったように私たちもすべきです。
イエスはサマリアの女に福音を三段論法的に「神・罪・救い」の順序で説き明かすことをされませんでした。
私たちは「あの場面で自分がイエス様だったらどのように答えただろうか?」と考えることをしなければなりません。
そうしたら人々に対してどのように答えたら良いかが分かるようになります。

②魂の渇きがなく、神学的興味で戦いを挑んでいる場合

そのような場合ありのパパなら退却します。
なぜなら人生は短く、そのようなどうでも良いことに時間を費やしている暇はないからです。

6.救いの恵みと聖霊のバプテスマの関係

そもそも聖霊のバプテスマは救われた者としての生活を全うするために、神がクリチスャンにお与えくださったものです。
その救いとは自力で勝ち取ったのではなく、神の一方的な憐れみによって恵みとして与えられたものです。

これは何を現しているかと言いますと「自分は無力な存在である」ということを神の御前でも、人の前でも、自分自身に対しても認めるということです。

ですから救われた者としての生活を全うするとは自分自身の弱さに徹して生きるということです。
救われた後も私たちはどうしようもなく傲慢な者であり、心の中に自力で救いに到達したいという思いが残っています。
これが人間の現実であるのです。

ですからいくら救われたと言ってもうっかりしていると救われる前の自分(即ち我力で生きる自分)が表に出て来てしまうことになります。
そうならないために神は聖霊に満たされて生きていくという道を備えてくださったのです。

7.ペンテコステ派のクリスチャンの深層心理

救われる前提には自分の無力を認めるということがあったのを私たちは忘れてしまいがちです。
それで聖霊のバプテスマを受けた後は完全な信仰生涯を送ることができると勘違いしている人が案外多くおります。
この完全への執着は救われる以前の私たちが自力によって救いに到達しようとしたのと同じ律法主義から出ています。

現代キリスト教は教会成長運動や繁栄の神学の影響を強く受けていますので、これらもまた聖霊のバプテスマを受けたクリスチャンの耳元に「我力で頑張っちゃえば良いんだよ」と囁(ささや)きます。

このような自分の無力を認めたことが救いの前提であったことを忘れてしまったようなクリスチャンが他のクリスチャンに「聖霊のバプテスマを受けなければ、あなたはクリスチャンとして不完全だ」と言うなら、それを言われた人は即座に自分を救いの信仰から引き離すサタン的な惑わしとして受け止めるでしょう。

ですから異言を伴う聖霊のバプテスマについて質問をされたときには救われた者として弱さに徹するために神が与えてくださった助けとして語ると良いでしょう。

真理を求める心は誰にもありますが若い人々にはそれが格別に与えられております。
年を取ると争いを好まないようになりますが、若い時分は聖書の真理を語って妥協することがありません。
これが祝福であることを気づくのは、それを失った後です。

『あなた方の若いときに、あなた方の造り主を覚えよ』と聖書にあります。
造り主を覚えよとは個人的に神を知ることだけでなく神学を学ぶことでもあります。
どうぞ、相手を思いやる気持ちをもって、神学的議論を戦わせていただきたいと願っています。

◎平安と祝福を祈っています。

スポンサーリンク

“異言が伴う聖霊のバプテスマについて聖書は何と教えているか?” への6件の返信

  1. ありのパパさん、レスポンス遅くなってごめんなさい。

    丁寧に答えて頂いてありがとうございました。
    とても勉強になりました。

    彼女の質問は、すべて会話の流れの中で出てきたものでした。
    「異言を語らない(求めない)教会は必要でないのか」という質問は
    私は「神にとって」だと受け止めて、その前提で答えを返しました。

    ですがもしかしたら、彼女の中では違ったのかもしれないですね。

    聖霊のバプテスマについても多くの見解がありますね。
    私の中では、
    ・聖書は何を聖霊のバプテスマと言っているのか
    ・この人は何を聖霊のバプテスマと呼んでいるのか
    に注目して話を聞いていますが、様々な意見があって考えさせられます。

    言葉尻をとらえて言いあい、挑み合いをするのではなく、
    極めて本質的な、聖書が何を命じているのか、それをどう考えるか
    そのような話をすることには、意味があるなあと思います。

    これからもブログ読ませて頂きます。
    本当にありがとうございました。

  2. 加世さん、こんばんは。
    コメントをありがとうございます。

    そうですね。聖書は「聖霊のバプテスマ」を何と言っているかという視点が最も大切であると思います。

    またコメントしてください。お待ちしています。

  3. 初めまして。M君と申します。
    十代後半真っ盛りの若者です。
    福音派の流れの中にいるもので、ロイドジョンズが好きで読むような古典的信仰の流れもあります(スポルジョンも持っています、まだ読んでいませんが、ちらっと見る限り、よさそうです)。
    基本的に信仰は聖書と古めの信仰書で育ったのであまり現代の福音派に位置しているとはいいがたいのですが、最近になっていろいろと「現実、現状の福音派」を知った、と言う感じです。
     神学は、ペンテコステが妥当かな、といった感じです(のちに質問する異言の項目に関して完全に同じとは言えないかもしれませんが)。
    カルバリーチャペル(アメリカの)の信仰理解も近いと思います(つまりは典型的なペンテコステではないかもしれないが聖霊派的という事です)。古典的福音派の流れの中で聖霊派的理解を持っている、もしくは妥当だと考えているという感じです。

     一時は第三の波にも関心をもって本を買ったりしてそちらに深く入りかけたのですが、色々と考えてちょっと距離を置くことに今はしています。
    直感的にはペンテコステ派が一番古典的で保守的で健全なイメージがあります(最近の事は知りませんけども)。

     そこで、質問があるのですが、私はペンテコステ派の兄弟、またその兄弟たちが活用していると聞いている異言について、関心があります。
    もしそれが聖書的なものなら素晴らしいと思うからです。
     本当はペンテコステ派の教会に行って話を聞くのがいいのかもしれませんが、あまりよく知らないので(教会の場所などはちゃんと調べてますが)それもできていません。
     なので貴重なペンテコステ派の兄弟と交われる機会として、どうしてもコメントをせずにはいられませんでした。
    どうか、この若者に教えてください。

     異言を語る時、ペンテコステ派の人は、いつでも、どこでも、「語ろう」と思えば語ることができるのですか(ロイドジョンズ博士はそうではないと言っていたので)。
    また、それを用いてやはり恵みがありましたか(聞くまでもない事でしょうけども)。
    また、聖霊のバプテスマには、絶対に確実に何がなんであろうと異言が伴うものでしょうか。
    ごくごくまれに聖霊のバプテスマを受けても異言ではなくたとえば聖書にちらっと書いてあるように「預言」が出てくるということはありますか。
    本当に、聖霊のバプテスマには「例外なく」、ほとんど一般的にではなく「普遍的真理として」、「神学的、教理的に(すなわち臨機応変さの全く聞かない厳粛なものとして)」異言が伴う、と「聖書の記述のみから」断定、できますか。
    私は使徒の働きやコリントを調べた時(本当は聖書のすべての個別の箇所と旧新約全体にわたる賜物と聖霊のお働きを詳細緻密に調べるべきでしょうが)聖霊のバプテスマに「絶対例外なく」異言が伴うとは言い切れないのでは? それは少し厳しいのでは? 聖霊のバプテスマには異言が伴うのがふつうであるとは言えても、ただ聖霊のバプテスマを受けた個所に異言が出ているというだけで聖霊のバプテスマに異言が「必ず」伴う、とまで言い切るのは困難では? 

    また、預言をしたと書いてある個所もあるので、むしろ聖書の書き方から「聖霊のバプテスマを受けた時に預言が出る時もある」と読み取れそうでは? 「異言が出てから預言が出たのだ」は合わせるために説明しているような感じになってしまうのでは? と思いました。

    なのでそこだけペンテコステ派がわかりません。
    聖霊のバプテスマに異言が伴う事には理解できますしそう聖書に書いてありますし、ぜひとも聖霊のバプテスマも異言もいただけるならいただきたいと思っています。
    ですので「まったく」抵抗はありません。
    自分が受けることに抵抗はないし教会で話す事にも抵抗はないですし違和感もありませんし聖書的だと考えています。
    私は堂々とペンテコステ的主張をすることができます。
    ただ純粋に「神学的、聖書理解上の問題として」「必ず伴う」の必ずが導き出せるのか、という事です。

     ただ、最近はペンテコステ派に慣れすぎたのか、もうだんだんと必ず伴うものなのかなあ、聖書はそう書いてあるのかなあ、と受け入れそうになっているのです。
    ただ、でもやっぱり確実に言えるかなあ、とも思うのです。

     あと、たくさん質問して申し訳ないのですが、TPKF(単立ペンテコステ教会フェローシップ)の教会は、ワンネスなどの影響のない、まったく正統主義のペンテコステ派ですか。
    異端ではないですか。大丈夫なところでしょうか。
    またそこへ行くとペンテコステ派を破壊しようと狙う悪魔によって侵入させられた悪霊によって、私が聖霊を受ける代わりに悪霊を受けてしまったりする事はありませんか。
    外国で手を触れると人が吹き飛んだり気が狂ったようになって笑ったり獣のようになって叫んだり吠えたりする事があるみたいで、それは本当に聖霊様なのだろうかと思います。
    なので、万が一にも悪霊に害されたくないのです。
    本当は聖霊派の教会がいいなと思うのに、なかなか踏み込めないのはペンテコステ派は聖霊の力を受けているからこそ悪霊の攻撃を受けて偽物や偽りの教えがたくさん入り込んでるのでは、そして間違えてそこに毒されてしまった教会に行って悪霊に取りつかれることはなにだろうか、と怖いのです。
     ペンテコステ派、特にアッセンブリーズとTPKFに行って悪霊に取りつかれる可能性はありませんか。
    それも聞きたいです。最終的には自分で判断しますが、ペンテコステ派の兄弟に先に聞いておきたいのです。

     非常に長くなってしまって申し訳ありません。
    もしよろしければ、どうか、どうか、お答えをください。
    ただ、無理でしたら、構いません。どうか、主が私によき交わりをお与えになってくださいますように。
    我らの主、イエス・キリストの御名によってお祈りします、アーメン。

  4. こんにちは、M君。
    初めてのコメントをありがとうございます。

    早速ですが、ご質問に答えさせていただきますね。
    と言いたいところですが、もう既にこの問題は当ブログでは語り尽くしている感があります。
    それで申し訳ないのですが、メニューバーの右端にある検索マークをクリックしていただき、「異言」の文字を書いてからクリックすると、当ブログの異言に関する記事が出てまいります。
    これらの記事がM君の疑問に答えるものになっています。
    これらの記事をお読みになって、その上でまだ疑問がありましたら、改めてご質問ください。
    お手数をとらせますが、よろしくお願いします。

    ありのパパより

  5.  M君です。ありのパパさん、お返事、ありがとうございます。
    あまりにも長く書いてしまったので、ご迷惑だったと思います。すいません。
    こんな者に優しくお返事くださって、本当にありがとうございます。

     本当は、異言に関してここのブログですでに検索して記事を読んだりしたのでたぶん一通りはもう読んでるとは思うのですが、まだ読みが浅いのかもしれないので、もう一度ちゃんと読もうかなと思います。
     ただ、今の段階では、要するにペンテコステ派の異言が必須という教理は、使徒の働きで聖霊のバプテスマの箇所すべてに異言が現れている、だから異言が必ず伴う、ただそれに尽きる、と言う事なんだろうな、と思います。今までいろいろ調べていても、それ以上の理由も根拠も特に見つからず、本当にただ聖書で伴っているから必ず伴う、という理解なんだな、と思いました。

     よくよく考えれば、僕の質問の答えはただ一言、「そうです、異言は必ず伴います」という意味なんですもんね。
    そっか、やっぱり伴うのか。それが、ペンテコステ派の、答えなんだ。

     僕は、ペンテコステ派の人に聖霊のバプテスマに関する質問をする中で、もし僕の気づかない点があればそれが教えられ、もしペンテコステ派の人が少し見落としていた点があればなるほど、と言ってもらえるか、とにかく何か進展があるのでは、と期待していたのだと思います。
    それは、ともすれば自分の考えが変わる可能性と共に、相手の考えが変わるかもしれないという期待までも抱いて。

     ありがとうございます。また、何か気になることがあったらコメントするかもしれませんが、もしよろしければ、許してください。
     それでは、主にあって兄弟のあなたに、親愛をもって、また主がお許しになられれば、祝福された交わりができますように。
    また、主がどうか私の理解の目を開いて、聖書の本当の教えを、真実を、神の啓示を、教理を、神学を、み言葉の意味を、何一つとして外れることも誤ることもなく、ただひたすら聖書において啓示された神のみ心と教えに忠実なものとされることを願って。
    また、偽りと真実とを見分け、悪霊の惑わしと神の力とを誤る事がないように。
    主にあって兄であるありのパパさんに、さらなる神の祝福を願って。主イエス・キリストの御名によって、お祈りします。アーメン。

    長くなってごめんなさい! もし次コメントする機会があれば短くする努力をします。

  6. こんばんは、M君。
    コメントをありがとうございます。

    M君の理解でOKであると、私は受け止めています。

    またコメントしてください。お待ちしています。

どうぞコメントをお残しください。初めてコメントなさる方は必ず自己紹介をお願いします。自己紹介のないコメントを承認することはありません。詳しくはメニューの「コメントしてくださる方へ」をご覧ください。