カルト的思考の落とし穴

今日は皆さんとご一緒に、カルト思考に陥ると「自分と人々と状況」が見えなくなってしまのはなぜかということを考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

①分離主義教会の牧師が、自分の教会の元信徒を刑事告訴した事件があります。

この牧師は元信徒が書いたコメントの削除要求を拒んだブログ主催者に対して、刑事・民事両面からの告訴を予告しました。
また他のコメントをした人々に対しても告訴をちらつかせました。
しかし現時点で、この牧師が告訴に踏み切ったのは元信徒へのものだけです。
ブログ主催者に送ったメールは今すぐにでも告訴することを匂わす文面でしたが、二ヶ月が経った今も音沙汰なしです。
この世においては訴訟する際に、相手を心理的に追い詰め、自分の立場を有利にするために「じらし作戦」とでも言うべきものを行うことがあります。
この分離主義教会の牧師はまさか、この世の人々が使うのと同じ手を、ご自分が使っておられるのではないでしょうね?
クリスチャンがこの世の人と同じであってはいけません。
誠実であることが必要とされています。
この方はニホンキリスト教をクソ味噌に貶(けな)し続けているのですが、ご自身のやり口はご自分が貶している者たちより余程悪質であると言わなければなりません。

②カルト被害者救済の働きを非難する内容のブログを書いた分離主義の信徒がおられます。

その内容の異様さに、ブログを読んだ人々はただならぬものを感じたようです。
しかしその中でも、決して見過ごすことが出来ない偽りが含まれていました。
一つはそもそもの騒ぎの発端を作ったのは自分自身であるという認識が全く欠けています。
あくまで自分はかわいそうな被害者であるという立場です。
こんな自分勝手なことはありません。
自分が問題の原因になっているにもかかわらず、サッと身を翻(ひるがえ)して被害者面をするのは許されることではありません。

③分離主義カルトの人々の主張の特徴は「自分は全然悪くない。相手に全部責任がある」というものです。

それで根拠のない一人よがりの正義感がこうじて、相手への呪いのオンパレードが書き綴られることになります。
この分離主義の信徒は、刑事告訴された元信徒は「自称被害者」であり、自殺は狂言であると断定しておられます。
それでいてご自分のことは「真の被害者」と自称しているのです。
なぜこんな酷いことが言えるのでしょうか?
一体どんな脳味噌であれば、こんな手前勝手なことが書けるのでしょうか?

④自分も人も環境も見えなくなってしまう三つの理由とは?

この人たちのブログなどに書かれた文章を読むと一目瞭然であるのですが、この人たちは自分たちの主張の後付けに聖書の御言葉を使います。
一般の教会ではこんなことはまずありません。
聖書個所を十分に釈義したうえで「この個所はこう言っている」と結論づけます。
要するに聖書が初めにあり、その次に聖書から導き出された自分たちの主張が続きます。
ところが分離主義カルトの人々はまず初めに自分の主張があります。
そして取って付けたように、聖書のどこからか御言葉を引っ張ってきます。
釈義などは全然しませんから、引用されている御言葉も前後の文脈を無視したものである場合が多いです。
これでは聖書信仰と言うことはできませんし、聖書に忠実な信仰ということもできません。

⑤霊と魂の切り分けの教え

この人たちは聖書のどこにも書いてない「霊と魂の切り分け」という教えを自分たちの教えの基礎にしています。
聖書にない教えを信仰の基礎にしていることが、彼らが脱線してしまう二つ目の理由であると考えます。
私たちは聖書全体が言っていることを信じるのでなければなりません。
彼らがどんなに口を酸っぱくして「霊と魂の切り分けの教えは聖書にある」と叫んだところで意味はありません。
なぜなら聖書にそんな教えがないことは、誰の目にも明らかであるからです。

⑥自我の磔殺の教え

彼らは自我の磔殺の教えを間違って理解し、その間違った教えを異常に強調します。
聖書が言う自我の磔殺とは、自力で救われようとする思いを十字架に付けてしまうことです。
そうであるにもかかわらず、彼らは「これもあれも十字架に付けなければならない」と絶叫しています。
もしそんなことが出来るのであれば、イエスの十字架の御業は必要ではありませんでした。
自分で十字架につくことが出来ないからこそ、代りにイエスが十字架についてくださったのです。
それをもう一度自分が十字架に付こうとするなら、それはイエスの十字架を反故(ほご)にすることです。
この教えの本質は律法主義です。

◎カルト思考に陥る原因は、自分の考えを聖書より優先すること、聖書にない教えを信仰の基礎に据えること、間違った自我の磔殺の教えの三つであるようです。

コメント

  1. じゅう より:

     はじめましてパパさん。
     日本ではどう言えばいいのか分かりませんが、改革派?(リフォームド)の立場にあるクリスチャンです。
    アメリカ在住ですが、リフォームドは福音派とは違った立場であり、福音派イコール、アルミニアンという感じがします。
    現在通ってる教会はリフォームドバプテストです。

     ネットでこの分離主義教会の問題を知りましたが、どっちが正しいかは別にして”節度”に欠けてるなという感じがしました。
    私信のメールに対してブログという公の場で返信するとか、プライベートな会話を持ちたいといいながら、それもブログで公であったり、不思議です。
     ただパパさんも指摘しておられるように、あくまでも自分が被害者であり自分には全く非、罪がないとしてるところが怖いと思います。

    私も過去にこのような人に会ったことがあるのですが、いつも自分が被害者。
    御言葉を用いて人格否定をされました。
    更には本当に救われてないとまで言われた事があります。
    結局、相手に言わせると私が霊的に未熟だという事でしたが、教会にずっと通っていない(神様がそう言ってると言ってました)とか、隣人のことを”サタンがおくった人だから挨拶しない”とか、自分勝手な解釈がありすぎな人だなと思っていました。
    色んな面で違いがあったのですが、御霊の一致がないのでつき合えないとも言われました。
    この分離主義の人たちにも同じものを感じます。

    • arinopapa より:

      じゅうさん、こんにちは。
      初めてのコメントをありがとうございます。

      彼らの問題は、自分自身の人格的未熟さを神学によって正当化していることです。
      本来、神学は未熟な人格を成熟させていく為のものです。

      またコメントしてください。お待ちしています。