ミーティングとカウンセリング

今日は皆さんとご一緒に、ミーティングとカウンセリングということについて考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

①様々なミーティングの形

a.グループカウンセリング

これは一人の人がクライアントになって、他のメンバーがカウンセラーの役をするものです。

長所: 温かい雰囲気に包まれて相互カウンセリングを行いますので、心地が良いです。
短所:皆がそれぞれ自分が最善だと思うことを述べるので、ともすると「船頭多くして船山に上る」ということになりがちです。

b. エンカウンターグループ

これはグループのメンバーが何の制限を受けずに、言いたいことを言い合うものです。
普段は建前でモノを言う人であっても、エンカウンターグループにおいては本音で語ることを求められます。

長所:これに参加することによって「初めて本音でモノが言えた」という人もおります。
短所:エンカウンターグループでは自由に本音を言っても良いが、社会ではそれをしてはならないときもあります。
その違いが分からず、研修会から帰って来たら、「気狂いに刃物」状態になっていたということがあったようです。

c.構成的エンカウンターグループ

これはエンカウンターグループに修正を施したものです。
エンカウンターグループは何の課題も設けずに進行しますが、構成的エンカウンターグループはファシリテーターが様々なプランを組みます。
現在では、この構成的エンカウンターグループがエンカウンターグループの主流になっているようです。

長所:単なるエンカウンターグループでは得られない様々な気づきを得ることが出来るようです。
短所:あらかじめ予定されていることをこなす感じがあり、エンカウンターグループほどには深い印象を与えることが出来ていないという評価があります。

d.12ステップにおけるミーティング

これは共通の問題を抱えた人たちが、言いっぱなし・聴きっぱなし・他言無用の原則に基づいて語り合うものです。

長所:ありのパパは個人的にはこれが一番良いと思っています。ミーティングに繋がりつつ、12ステップを行うなら、人は必ず真の成長を遂げることが出来ると考えています。
短所:12ステップの実践なしのミーティング出席はぬるま湯のようです。そこから抜け出れないのですが、満足もないという中途半端な状態にその人を置く危険があります。

②感情転移という問題

感情転移とは一口で言うと、処理されていない抑圧された感情がカウンセリングなどを受けることによって、心の表面に出てくることです。
そしてその未処理感情をカウンセラーなどの直接関係ない人にぶつけます。
なぜなら原因のある人にぶつけることが出来るほどまだ肝が据わっていないというか、心の準備が出来ていないので、ぶつけても問題のない人にぶつけるからです。
カウンセリングを行う場合、この感情転移は必ず起きるものと考えておいた方が良いものです。
しかしクライアントが感情転移を起こしたままの状態では、癒しは進んでいかず停滞してしまいます。
ではどうやって対処したら良いかと言いますと、ミーティングを活用することです。

③ミーティングをどのように活用するか?

12ステップミーティングですと、言いっぱなし・聴きっぱなしという原則がありますので、何を言っても良いし、人が何を言ってもそれに応答する義務もありません。
これは感情転移の処理方法としては最善のものです。
言葉のキャッチボールを認めませんから、感情転移が起きても最小限のものに止めることが出来ます。

④癒しとは何か?

なぜ感情転移が起きるかと言うと、それは未処理の感情がそのままになっているからです。
それで多くの人はその未処理の感情を処理済みにしようとします。
ありのパパは、そんなことは無理なことだと考えています。
昨日まで憎んでいたのに、今日からはきれいさっぱり憎しみから解放されたということがあり得るとは思っていません。
キリスト教会でなされる証にも、この類のものを多く見かけます。
しかし直接会って確かめたり、その方が書いた文章を読んだりした限りにおいては、全てのケースで未処理の感情が処理済みの感情になっていたということはありませんでした。
そのように強く願う余り、無理やり処理済みにしてしまっているというのが、正直な感想です。

⑤真の癒しとは何か?

それは感情をコントロールできるようになることです。
未処理の感情をコントロールする術を身に付けるということです。
そのようにして未処理の感情と仲良く同居していくうちに、段々と未処理の感情が処理済みの感情になっていくのを感じます。
しかし一般的なことを言えば、生涯この未処理感情とつきあう覚悟が必要です。

◎私たちは神様が備えていてくださる助けを全部利用して、感情的にも自律した存在となりたいものです。
平安と祝福を祈っています。

コメント

  1. 冬猫 より:

    処理済みにしないといけないと思ってました。
    そのプレッシャーで去年ずいぶん悩みました。
    未処理のままであった事を認めて、ようやく進めそうな気がしてますが、処理済みにできる自信がなくて不安でした。
    でも、未処理のまま折り合いを付けていくんだと考えたら、出来そうな気がしてきました。
    ありがとうございます。

    • arinopapa より:

      冬猫さん、こんばんは。
      コメントをありがとうございます。

      未処理の感情を全部、処理済みに出来たら、どんなにか清々するでしょう(笑)。
      これは完全主義への憧れと通じるところがありますね。
      しかし私たちは聖書に基づいて中庸の道を行くことが大切であると考えます。

      またコメントしてください。お待ちしています。