ベール問題の本質

フランスやベルギーなどでイスラム諸国からの移民に対して、宗教を理由にした差別政策を行おうとしています。
所謂(いわゆる)ベール問題と呼ばれるものです。
今日はこの問題を、皆さんとご一緒に考えます。

スポンサーリンク

①イスラム教徒への嫌悪感をイスラム教徒以外の人々が感じるのは、ある面ではやむを得ないことと考えます。

街を歩いていて、体ばかりか顔全体をベールで覆った人と出会ったとしたら確かにギョッとすると思います。
しかしギョッとするという個人的感想を国家レベルにまで拡大して、法律によって公共の場でのベールを禁止することは明らかに行き過ぎです。

②「イスラム女性の人権を守るため」とか「本人確認が困難なため」などの取ってつけたような言い訳がなされています。

もしこの理由が本当のものであるなら、対策の方法は他にいくらでもあります。
本人確認が必要というのなら、個室にカメラを設置して、その部屋でベールを脱いで顔をモニターに映すようにすれば、本人確認は容易にできます。

イスラム女性の人権を守るためと言いますが、ベールを被っているのは本人の宗教的心情によるものです。
ベールを被っていないイスラム女性も沢山います。
そうであるのに、ベールを被っているイスラム女性からベールを取り上げても、イスラム女性の人権を守ったことにはなりません。
もし本当にイスラム女性の人権を守りたいと言うのなら、もっと多くの国家予算を外国人移民のために支出すべきでしょう。
見え透いた建前のセリフをいくらしゃべっても、彼らの本音が透けて見えるようです。

③イスラム原理主義と一般的なイスラム教徒を区別しなければなりません。

もしベールを被っている人たちが原理主義者であり、テロや国家機構の乗っ取りを図っていると言うのなら、そのこと自体を問題にしなければなりません。
しかし彼女たちは根本主義者ではあっても、原理主義者ではありません。
単なる宗教的な敬虔を現す慣習を否定するようなことがあってはなりません。

熱心なクリスチャンは外食のときでもお祈りをしますが、もしこのような敬虔を現す慣習を他の人々が違和感を感じると言うことで禁止する法律が制定されたら、どのように感じるでしょうか?
これが現実になったのがダニエルの時代です。
ダニエルの時代から何千年も経っているのに、人間の頭の中はそれほど進歩していないと言うのでは情けなさ過ぎます。
相手の身になって考えることを身に付けなければなりません。

④自分の敵を愛することは、隣人を愛することに繋がる。

イエスは山上の垂訓に続く説教の中で『あなたの敵を愛するなら、なおのこと隣人を愛するはずだ』と仰いました。
当時の人々の考え方は「自分の隣人は愛さなければならないが、自分の敵は憎んでもよい」と考えていました。
イエスはこのように考える人々に対して聖書の真意を説明なされたのでした。
「隣人は愛し、敵は憎む」という考え方は一見合理的であるように見えます。
しかし実はそうではないのです。
この間違った教えは隣人の定義も敵の定義もあやふやなものです。

⑤遠くの外国を敵とするのは簡単なことですが、もしその敵国の国民が自分たちの国にやって来て住み始めたとしたら、どうでしょうか?

その敵国の国民は自分たちの国に住んでいるのですから、もはや隣人な訳です。
そうするとこの隣人は愛するのでしょうか?それとも憎むのでしょうか?
神は私たちに「隣人を愛しなさい」と命令しておれるのですから、憎む訳にはいきません。
ではどうしたら良いのでしょうか?
やはり神のご命令に従って、隣人を愛するほかはありません。
これが敵を愛すると言うことです。
ですからイエスはこのことを指して、『敵を愛することが出来るなら、なお一層隣人を愛することが出来るようになる』と言われたのです。
もう皆さん既にお分かりのように、私たちは敵を憎んだままでは隣人を愛することは不可能なことなのです。
もし私たちが隣人を愛そうとするなら、敵をも愛するようになると言うのが、聖書の教えであり、また当然の論理的帰結であるのです。

◎私たちの国にも、かつて敵対した国の民族の人々が住まわれております。
この人たちは私たちと同じ地域に住む隣人です。
隣人を愛そうとするなら、彼らの母国をも愛さない訳にはいかないのです。
信仰者として成熟した理解をもって、この社会に参加していきたいものです。

スポンサーリンク

コメント

  1. 冬猫 より:

    アメリカの牧師がコーランを燃やそうとしていたと言うニュースを思い出しました。
    イエス様ならそんな事はしない、ヒンズー教徒が聖書を燃やし、クリスチャンを殺す事件を思い出します。
    それと同じ事をしていると思いました。

    一部のおかしい自称クリスチャンが事件を起こせば「一緒にするな」と怒るくせに、一部のイスラム教徒の暴挙で全イスラム教徒を憎むのは矛盾だと思います。

    異教であるから何をしても良い、とは愛のない行為ですね。
    でも、こう言う記事を読みながら、自分の中にある裁く心を暴かれて苦悶していますw私も人の事は言えません。

    • arinopapa より:

      冬猫さん、こんばんは。
      コメントをしてくださり、ありがとうございます。

      「人の振り見て、我が振り直せ」とはよく言ったものだと思います。
      イエス様だったら、こんなことはしないと思うことです。
      イエス様は神殿で商売している人たちをお怒りになられましたが、ご自分の教会を人殺しの巣にしている人々を見て、どう思われるでしょうか。

      またコメントしてください。お待ちしています。