欲求の取り扱い方

ある人が「情欲を抱いて女を見るだけで、それが罪であるというなら仕方ないよね。私たちは罪人だもん!」と言いました。
人間にはこのように自分に都合よく聖書の教えを書き換えて、自分の欲望一直線!という隠れた願いがあるのではないでしょうか?
そこで今日は皆さんとご一緒に、欲求の取り扱い方という視点で、この問題を考えてみたいと思います。

1.姦淫について

①『誰でも異性を見て、心に情欲(みだらな性的空想)を抱くなら、既にその人は姦淫の罪を犯したのと同じです』[マタイ05:27-48]

これはどういう意味でしょうか?
ある人々が言うように、これは過度に禁欲的で抑圧的な不健全な教えなのでしょうか?
そうではありません。
却って性的罪から守られようと願う全ての人々が必ず守らなければならない教えです。

②ありのパパは「初めの誘惑を退ける」という教えに接したとき、この聖書個所を真に理解できたように思いました。

「初めの誘惑を退ける」とはどういうことかと言いますと、

a.私たちには2回目3回目の誘惑を退ける力は与えられていない。

b.しかし初めの誘惑を退ける力は神から与えられている。

c.だからもし私たちが初めの誘惑を退け続けるなら、私たちは罪に勝利することができるということです。

これはアルコール依存症者の自助グループであるAAで言われている教えです。

③「心の中で情欲を抱きながら異性を見る」とは、初めの誘惑を受け入れてしまうということです。

それをしてしまった者は、第二第三の誘惑に抗する力は残っていませんから、その人は結局罪に陥ってしまうということになります。
これを指してイエスは『誰でも異性をみて、心に情欲(みだらな性的空想)を抱くなら、既にその人は姦淫の罪を犯したのと同じです』と言われたのだと思います。

2.復讐について

①旧約の教えの水準は、右の頬(ほお)を打った者に対する報復は右の頬を打つことに止めるべきであり、左の頬まで打ってはならないというものでした。

これを当時の人たちは誤って解釈し、報復を推奨する教えとして受け取っていました。
そこでイエスは旧約の教えの真意を明らかにしてくださったのですが、イエスはそこに止まらないで旧約の成就としての全うされた新しい教えを述べられました。

②この教えをアメリカが行った戦争政策に当てはめてみると興味深いです。

朝鮮戦争は現在では北朝鮮の金日成が仕掛けた戦争であることが明らかになっています。
北朝鮮軍は不法にも不意打ちを喰らわし、釜山まで韓国軍を追い詰めました。
これは国家の生存権を守るための大義のある戦争でした。
しかしアメリカはこの戦争に勝利したことによって、共産主義との戦いという誤った戦略を持つようになります。
その結果、ベトナムでも戦争を繰り広げることになります。
しかし朝鮮戦争とベトナム戦争とでは、アメリカが担った役割は正反対のものでした。
朝鮮戦争では、アメリカは解放者であり、抵抗する人々のパートナーでしたが、ベトナム戦争では腐敗した傀儡政権の後ろ楯となり、侵略者として振る舞い、ベトナム国民を敵に回しました。

同様にアフガン戦争では、テロとの戦いを掲げてイスラム諸国を含めた全世界の支持を獲得することに成功しましたが、これによってアメリカは何時でもどんな場合でもテロとの戦いは正当化されるという天才的な誤解を持ってしまいました。
続いて行われたイラク戦争ではイギリスとドイツとオーストラリアと我が国を除いて、ほぼ全ての国から反対されましたが、それでも無謀な戦争政策を強行しました。

③右の頬を打たれた者は、報復として相手の右の頬を打つところまでにしなければならないという、旧約の教えは今もなお有効な聖書の教えであるのです。

3.敵を愛することについて

①イエスは復讐の範囲を限定させることに止まらず、『右の頬を打つ者には左の頬も向けてやりなさい』と教えられました。

これは非現実的な教えでしょうか?
いいえ、そうではありません。
そうでないばかりか、これが最も現実的な教えであるのです。

②太平洋戦争を仕掛けたあげく、徹底的な敗北を経験した我が国ですが、敵国のアメリカが我が国に示したものは、この「敵を愛する愛」でした。

ありのパパが小学生のとき、アメリカ軍が粉ミルクをくれました。
その粉ミルクがとてもおいしかったのを覚えています。
幼心に「なぜ戦争に勝った国が、負けた国の国民に慈悲を示すのだろうか?これは彼らの宗教であるキリスト教と関係があるのだろうか?」と思いました。
これがありのパパがキリスト信仰に接近する第一ステップとなりました。

◎聖書の教えを聖書が言っている意味において理解するということは簡単なことではありません。
しかし私たちクリスチャンが「聖書は聖書によって理解する」という原則を守るなら、それは可能です。
的外れな人生を送らないように、心したいものです。
祝福を祈っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク