神を信じていたら、反抗期はなくなるか?

①あるカルト教会では「小さいときから主を信じて、主に従うように教えられている子供は、中学生になっても反抗期になんてならない」と教えているそうです。
超ビックリ!(笑)

しかしよく考えてみると、笑い事ではないことに気づきました。
なぜかと言うと、カウンセリングを学ぶ以前のありのパパも似たような考えを持っていたからです。
ありのパパがかつて所属していた教団の指導者がこのように仰いました。
「私は生れてからこの方、罪を犯したという自覚がありません。」
この方のお父様は弾圧にもあわれた日本のキリスト教会の指導者として認められた方です。
そのお父様に育てられて、小さいときから聖書教育をきちんとされて、信仰の歩みを着実に歩まれている方でした。
その方が傲慢でも何でもなく、謙遜に告白なさるものですから、罪にまみれて人生を過ごしてきたようなありのパパは、それこそ打ちのめされるような衝撃を覚えました。
それで小さいときから徹底的に聖書教育を施せば、反抗期などというものはなくなるのかとも考えていました。
しかしカウンセリングを学んでそうではないことを知りました。

②子供から見た反抗期の役割。

「おぎゃ~」と生れてきたときは全く無力な存在です。
このとき、子供は自分と親を区別することが出来ません。
区別することが出来ないとは、どういうことかと言うと、自他同一化しているということです。
赤ちゃんはお腹がすいたとき「お忙しいところ、すいません。あの~、私お腹がすいているんですけど」とは言いません。
「おぎゃ~。ばかやろ~。お腹がすいてんだよ。何してるんだよ、全く」とは言わないかもしれませんが、親を奴隷のようにこき使います。
もちろん奴隷のように使っているという自覚はないわけですが、そうしてくれて当たり前と信じ、疑うことがありません。
これが自他同一化ということです。

反抗期と言われる時期になると、それまでは親に対して依存的・従属的であった親子関係に異議を唱えるようになります。
その様々な葛藤を通して、親を客観的にみることが出来るようになり、自分と親とは別の存在であることを体験的に知るようになります。
これがもし反抗期を通らないとしたら、大変なことになります。
いつまでたっても親に対して依存的であり自立できません。
次第に社会的不適応を示すようになり、具体的にトラブルが発生することもあるかもしれません。

③親から見た反抗期の役割。

余りに可愛い子供だと、子離れするのが難しいのです(笑)。
それが憎らしいことを言って、親をイライラさせてくれると、段々と「もうどこかに行ってくれても良いよ」と思うようになります。
ですから親にとっても子供の反抗期は大切です。
子供に対する支配欲求の度が過ぎている親は、このように言います。
「子供のときは可愛かったのに、今はちっとも可愛くない。育ててやった恩を忘れている。」
はぁ~?(笑)
育てさせてもらった恩を忘れているのは、どちらでしょうか?
あるカウンセリングの指導者がこう仰いました。
「可愛かった幼少期の記憶だけで、子育ての元は十分取りました。それ以上望むのは欲深というものです。」

④カルト教会と反抗期

反抗期のない人間などは、本当は存在しないのですが、カルトによって間違った教え込みをされると、反抗する心を抑圧するようになります。
そうすると様々な病的な反応が、心と体の両方に出て来ます。
カルト教会に、精神的な病を持った人が多いのも、奇跡的な癒しを強調するのも、これと関係があるかもしれません。
教え込みで信徒を病気にし、説教で癒しを強調するとは、マッチポンプ以外の何ものでもありません。

⑤福音主義とカウンセリング

反知性主義に立つ根本主義への反省から生れたのが、福音主義です。
福音主義は聖書を誤りのない神の言葉と堅く信じつつ、各分野の学問領域における成果を神からの賜物として受け取ります。
聖書は第一義的に心理学の本でも、カウンセリングの本でもありません。
聖書は信仰と生活の唯一の規範です。
それ以外の領域においては、私たちはどのような理解が聖書と調和する理解であるのだろうかと考えつつ答えを探っていく必要があります。

◎私たちは神様から健全な知恵と洞察力をいただきながら、この地上生涯を歩みたいものです。

スポンサーリンク