無縁社会の到来

近頃、百歳以上のお年寄りの生存確認が取れないということで大騒ぎになっています。
今日はこの問題を考えてみたいと思います。

1.この問題の本質は何か?

①この問題の本質は、血縁・地縁社会から個人が孤立した社会、即ち無縁社会に我が国が移行しつつあるということです。

かつて我が国の社会は非常に強力な血縁・地縁関係で結ばれた社会でした。
今でこそ「隣は何する人ぞ」という感じになっていますが、かつてはそうではありませんでした。
ほんの三十年位前は、葬式などがあると近所の世話役が取り仕切っていました。
これは今から見ると奇異に見えるかもしれませんが、その当時は葬式というと自分の家でやるのか普通であり、その準備が大変でした。
そのような大変な準備を世話役が中心になって近所の人たちが手伝ってくれるのですから、これはこれで良い点を持っていると思います。
血縁関係は現在でも地方に行けば強力に残っています。

②日本国民の意識が都会化しつつあります。

ありのパパが子供の頃、テレビで「東京では隣の人が何をやっているか知らない」などと言っているのを見て、大変不思議に感じたのを覚えています。
しかし今では、ありのパパ自身も(都会に住んでいるわけではないのに)隣の人が何をしている人か知りません(笑)。

ですからこのような状態で、政府が「お年寄りのことを気にかけよう」と言ってみたところで効果がないのは明らかです。

2.親が子供の養育を放棄する事件が相次いでいることについて

養育者の養育放棄をネグレクトと呼びます。
このような問題が頻発する背景には、三世代同居の世帯が少なくなってきたということがあると考えます。
昔ですとお母さんが子供の世話に疲れたときは、同居するおばあちゃんに孫の面倒を見てもらうということが出来ました。
また近所のネットワークも今とは比較にならぬほど強力でしたので、何とかしのぐことが出来たのです。
ところが現在では、同居するおじいちゃん・おばあちゃんはおらず、近所の人の名前さえ知らないという状態です。
これでは助けを誰かに仰ぐことができませんから、お母さんが疲れたら、それでアウトということになってしまいます。

3.このような社会に対して教会は何をすべきか?

①戦後、福音派教会が熱心に伝道して人々を救いに導いたあとに、壁にぶつかることが多くありました。

それは新しく救われた人々が、地縁・血縁に阻まれて教会に来なくなってしまうということです。
ありのパパもこのようなことを何回も見てきました。
それでありのパパは内心では「日本社会にある強力な地縁・血縁関係が崩壊しない限り、キリスト教の宣教は進まないのではないか?」と感じるときもありました。
それが今では、かつては鉄壁の強さを誇った日本社会における地縁・血縁関係が崩壊しつつあるのです。
これはキリスト教の宣教にとっては千載一遇のチャンスではないでしょうか?

②教会が日本社会に対して、教会員同士の温かな交わりを提供できるなら、宣教は進展すると考えます。

教会が提供する交わりとは、どんな交わりでしょうか?
それは「互いに愛し合う」交わりです。
互いに愛し合うとは、自分自身を愛するように、隣人を愛することです。
愛とは、ありのままの自分自身と隣人を受け入れることです。

ではどんなものは愛ではないでしょうか?
教え込みと脅迫とマインドコントロールを使って人権を侵害することです。
そんなこと言われなくても分かっているって?
いいえ、そうではありません。
愛することと、憎むことは、ある意味では紙一重のことであるのです。
ですから私たちはよくよく気を付けて、自分がやっていることが本当に神の御心に適っているかどうかを自問自答しなければなりません。

③お年寄りの世話を家族が行うスタイルから、公的施設が世話をするスタイルへの転換

お年寄りの世話をするのは家族のはずだったのですが、その家族を今ではどこを探しても見つけ出すことが出来なくなってしまいました。
家族関係がとっくの昔に崩壊しているにもかかわらず「お年寄りはご家族が面倒を見ているはず」と思い込んでいた政府や地方公共団体の唐変木(とうへんぼく)さに呆れます。

これからの時代は、全ての高齢者を家族任せではなく、公的機関が直接に把握する体制に変えていかなければなりません。
またこの仕事を公的機関だけに任せきることは出来ません。
そんな税金はどこにもありません(笑)。

◎私たちクリスチャンは、本当の愛をもってお年寄りや子育てに疲れている母親の元に行くことが求められています。

スポンサーリンク

コメント

  1. マッキー より:

    ありのパパさんへ

    過去記事を覗いていたら、気になる記事が…。
    私の第二の故郷とも言えるドヤ街は、まさに無縁社会です。
    日雇い労働者のおじいさんが病気などで働けなくなると、そのまま街にいて生活保護受給者になる方が多いです。

    それはそれは寂しい老後です。

    少数ですが、ドヤ街で育つ子供たちもいます。
    将来の夢は男の子ならホスト、女の子なら金持ちの愛人、というのが多かったですね。

    「だからなに?」と聞かれても答えに屈してしまいますが、まぁ、私にできることと言えば、祈ってドヤ街で頑張っている教会に献金するくらいしかできませんが…。

    • ありのパパ より:

      こんばんは、マッキーさん。
      コメントをありがとうございます。

      5年も前の記事を読んでいただきありがとうございました(笑)。
      自分でももう一度読み直しました。
      仰る通り、昔ドヤ街と言われた町は現在では高齢化が進み、その面影はないようです。
      高齢化が進んだことで生活保護受給者の町に変貌し、日雇い労働者の支援組織は生活保護受給者の支援組織へと衣替えしているようです。

      『神の善き物語』の証者であるマッキーさんがお出来になることは、その時が来たら神様が教えてくださるでしょう。

      またコメントしてください。お待ちしています。