世界最大の奇蹟(その1)

当たり前のように「自己受容」とか「他者受容」と言いますが、良く考えてみると、これは人間業(にんげんわざ)では不可能なことではないでしょうか?
世界に多くの奇蹟があったとしても、この「自分自身を受け入れる」ことと「隣人をありのままに受け入れる」以上の奇蹟は存在しないと思うのです。
そこで今日は皆さんとご一緒に、世界最大の奇蹟の中身とは一体どんなものなのかを考えてみたいと思います。

1.性差を超えて受け入れる。

①あるブロガーの方が、当ブログの「共感したい女と説得したい男」の記事をご覧くださり、早速実践されたことをご自身のブログに書かれています。

夫であるその方は、最近奥様からコミュニケーションが不足していることを指摘されました。
この方が偉いのは、普通ですとムッとしたり反論したりするものなのですが、初めから「その通りである」と受け止められたことです。
それでこの御主人は朝のジョギングをしながら解決法を考えました。
ジョギング中はエンドルフィンが大量に発生するせいか(笑)、グッドアイデアが浮かびました。
それは「家族で早起きして、朝15分程度の散歩をしてはどうか」というものでした。
早速、奥様に申し上げたところ、奥様は「今の私には睡眠が必要なのがわからないの?すぐそうやって問題を解決しようとする!」と言われたそうです。
御主人は奥様に言われて初めて、ご自分が共感しようとしていたのが、いつのまにか問題を解決することにすり変わっていたのに気づかれたのでした。

②男性は共感するつもりが気が付くと問題を解決しようとしていることがあります。

女性は逆に問題を何とかしなければならない場面であるにもかかわらず、ただ「こうしてほしい。ああしてほしい」と言うのに止まっていることがあります。

③共感するだけで、いつまでたっても問題が解決しない場合は、本当に共感しているかどうかを確かめる必要があります。

逆に共感が伴わない問題解決への努力は、大体の場合徒労に終わります。
なぜなら、人が本当に求めているのは、共感されること自体であるからです。
ですから共感なしで問題が解決されそうになると、無意識的にその解決を妨害することさえあるのです。
大切なことは、共感しつつ問題を解決することです。

2.立場の差を超えて受け入れる。

立場と言っても難しいことではありません。
母親は子供の心が分からないし、夫は妻の心が分からないし、その夫が会社に行けば「上司は何で俺のことを分かってくれないんだ」と言っているのです(笑)。
「親は何でわたしの気持ちを分かってくれないんだ」と怒る子供であっても、その子が学校に行くと今度は友人から「なぜあなたはわたしの気持ちを分かってくれないのか?」と言われているのです。

○このように他の人を分かってあげなければならない責任と、自分自身を分かってほしいという願いの両方を持っているのが、私たち人間であるのです。

3.受け入れることが出来る鍵は、共感ということに尽きます。

①元カルト被害者の方に心ない言葉が投げつけられ、二次被害と言わなければならないようなことが起きるときがあります。

「そのようなことは、どこの教会でもある」「いつまでも拘(こだわ)っていないで、早く忘れて前向きに歩むことだ」などの一見正当な意見が出されます。
自分が経験したことのないものは中々共感できないものです。
しかしそこに止まっている限り、イエスの命令である自己受容も他者受容もみな絵空事で終わってしまいます。

②ではどうしたらいいかと言いますと、自分が経験したことのないものであっても、それを自分が経験したもののうちで似ている部分があるものを探し出してきて、それを共感のよすが・取っかかり・手がかりとするのです。

具体的に言うと、どなたかが失恋の痛手を負っているとします。
しかし自分は初恋の人と結婚したので、失恋と言われてもチンプンカンプンだったとします。
そのような場合、失恋の本質は愛している人を失うということですから、自分のおばあちゃんが亡くなったときの悲しみと共通性があるのではないかと考え、その時の悲しみ・喪失感を思い出し、その感情を取っかかりとして相手の方の気持ちを推察するのです。

○このような訓練を長く続けていますと、段々と共感能力が備わってきます。

◎世界最大の奇蹟をいただいた者として、今日も自分自身を新たな視点で見直す者でありたいものです。
祝福を祈っています。

スポンサーリンク

コメント

  1. マッキー より:

    ありのパパさんへ

    御早うございます。
    おぉー、「共感能力の訓練」、ありのパパさんの真髄を垣間見たようです。

    メールでの相談に対する応答、難しいですね。

    カルト化教会の被害なんかも私の場合、今のように表面化する前でしたので、あまりにも理解されずに裁かれまくったので、誰にも話さなくなってしまいました。

    フラッシュバックの嵐で人生コテンパンのところを通りましたが、遠い昔のような気がします。
    今が幸せだから、まっ、いいか!?

    神様に感謝しまくりです。

    • ありのパパ より:

      おはようございます、マッキーさん。
      コメントをありがとうございます。

      だだ今、旅行中のためiPhoneから返信しています。
      難しいですね、文字を打つのは。

      後に改めてお返事させていただきます。
      またコメントしてください。お待ちしています。

    • ありのパパ より:

      おはようございます、マッキーさん。

      このコメントに対する返事をポメラで旅行中に書いていましたら、二千文字近くになってしまいました。
      それで明日(2015/08/16)のブログ記事に掲載することにいたしました。
      よろしくお願いします。

      またコメントしてください。お待ちしています。