ヨハネが黙示録を書き記した理由

黙示録の真の著者は、神様です。
その神様がヨハネという人を選んで、これから起きることを啓示し、霊感を与えて間違いなく記録することが出来るようにされました。
そして私たちが読むときには、照明を与えて間違いなく理解することができるように助けてくださいます。
もっともこれは神が助けてくださるということであり、神が無理やり正しい理解に引っ張っていくということではありません。

①さて、ではなぜ神様は黙示録の記者としてヨハネをお選びになったのでしょうか?

ペテロでも良かったし、パウロでも良かったし、マタイでも良かったのではないでしょうか。
ありのパパが推測する理由は以下の通りです。
ヨハネは自分が書いた手紙(Ⅰ3:2)に「これからどうなるのか、まだよく分からない」と書きました。
ここから明らかであるのは、ヨハネはこれからどうなるのかを知りたいと願う気持ちが強くあったということです。

②なぜヨハネはこれから起きることを知りたいと願ったのでしょうか?

それはその当時の歴史的要因に強く起因していると考えます。
キリストの大宣教命令によって華々しくスタートした教会ですが、その初めからずっと教会を見守り続けてきたヨハネにとっては励まされることと共に心配になるようなことも沢山あったと思います。

『教会は聖霊に励まされて、日々前進し続け、数も増えていった』と使徒の働きには記されていますが、教勢がますます拡大して行ったのは励まされることだったでしょう。
しかしその一方では迫害がますます酷くなっていきました。
迫害により、ペテロやパウロも殉教しました。
内部的には教会の中に異端が入り込んできました。
それでヨハネの手紙シリーズが書かれたのですが、それでも教会の中から異端が一掃されたと言うことは出来なかったと思われます。(教会は二千年間、ずっと異端と戦い続けてきました。その中には明らかに異端としたこと自体が誤りであったこともありましたが、それでもなお教会は聖書に忠実な教えのために戦ってきたと言えると思います。)

③ヨハネの強い願いに応える形を通して、神はこれから起きることをヨハネに見せてくださいました。

ヨハネは、伝道とキリストを証したためにパトモス島に流されました。
ペテロやパウロが殉教してから約30年が経ち、教会員の中にも初めの様子を知っている者も段々と少なくなってきました。
皇帝ネロの迫害も止み、これで平和が訪れるかと思ったのも束の間、今度は自分が別の皇帝によって迫害されることになりました。
このような状況におけるヨハネの危機感は相当なものだったろうと思われます。
この危機感は不健全な心配性によるものではありませんでした。
なぜなら神がその危機感に応えてくださっているからです。

④私たちにも、将来どうなるかがはっきり分かっていないと不安に押しつぶされそうになるときがあります。

私たちには知っていないといけないことが三つあります。

a.自分が救われていることを知っていなければなりません。

ヨハネは『私たちは既に神の子である』と言いました。
自分の人生の土台がキリストの上に建てられていることを知っているのはとても大切なことです。

b.人生の結末を知っていなければなりません。

同様にヨハネは『キリストが再び来られるとき、私たちはキリストのようになることを知っている』とも言っています。
自分の人生の終わりがどうなるのかをはっきり知っていることは、確かな人生を送るために必須のことです。

c.世界の終わりがどうなるのかを知っていなければなりません。

ヨハネは自分が救われていることも、死んだ後どうなるかも知っていました。
しかしそれだけでは安心できなかったようです。
この世界の情勢がどこに向かって動いていくのか、どのような動きがあるのかを知っていなければ、確信を持った人生を歩むことは出来ません。

⑤「たとえ将来が不安であっても、信仰を持って歩んでいけば良いのです」という指導は効果的な指導とは言えないかもしれません。

ありのパパも良くこのように言われて納得しようとしたのですが、心の中はちっとも平安ではありませんでした。
このやり方が正しい場合ももちろんあります。
しかし知っていなければならないことを知っているということは、とても大切なことであると思います。

◎セクトは黙示録からトンデモ解釈をしてきました。
正統的な教会であっても、黙示録の解釈では誤ることがありました。
しかし黙示録の健全な理解こそ、教会にとって必要とされるものです。
食わず嫌いにならないで、黙示録から学んでいきたいものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

どうぞコメントをお残しください。初めてコメントなさる方は必ず自己紹介をお願いします。自己紹介のないコメントを承認することはありません。詳しくはメニューの「コメントしてくださる方へ」をご覧ください。