筋トレを続ける秘訣

このブログを読んでくださる方のうち、どの位の方がジムに通ったり、自宅で筋トレをしておられるでしょうか?

スポンサーリンク

①筋トレとは、筋力トレーニングのこと

実はありのパパはジムに置いてあるようなマシンを自宅に置いてあります。
買ったばかりのときは熱心にやっていたのですが、段々やらなくなりました。
気が付くと洗濯物の物干し竿の代わりになっていました(爆)。
昔、日本のどこの家にもあった「ぶらさがり健康器」ですが、あれと同じようになっていました。

しかし7万円(を半額にしてもらった)もするマシンを物干し竿の代わりにするのでは余りにも不経済すぎると思いました。
それでもう一度筋トレに挑戦しようと思いましたが、体が言うことを聞きません(笑)。
それでどうしようかと思案し、祈りつつ、インターネットで調べてみました。
「筋トレ・続ける秘訣」というワードでgoogle検索をしたところ、沢山のサイトがヒットしました。
その中の一つに書かれてあったことが、ありのパパにドンピシャ!でした。

②やると決めた時間が来たら、マシンに座る

これを三週間続けることによって、筋トレを行う習慣が身に付くということでした。
心に閃(ひらめ)くものがありましたので、とにかくやってみました。
一回について一時間、月・水・金の三回やると決めました。
初めのうちはやりたくないものですから「1セットやっては長~く休み」という感じでしたが、とにかく一時間はマシンに座っていることにしました。
やりたくなくても、座っているだけでも良いと思うとストレスを感じることなく気楽に実行できました。
ジムに行く人は、たとえジムのサウナに入るためであってもジムに行くわけです。

③そのうちに「どうせ座っているなら、筋トレやらないと損だ」と考えるようになった

どんなに調子がよくても、一時間を超えてやらないようにしました。
それは一時間を超えてやると、後からそれが重荷に感じるようになると考えたからです。
それで一時間の間、そのマシンで出来るエクササイズを楽しんでやっていました。
休んでいる時間も段々と少なくなり、今は一分間だけ休むようになりました。

スポンサーリンク

④中高年の人ほど、筋トレが必要

年齢が進むに従って、体の筋肉は落ちていきます。
ですから意識的に筋トレをしないと、気が付かないうちに体型が変わってしまい、減少した筋肉が内臓脂肪に置き換わっているということになりかねません。
筋肉が細くなると、疲れやすくなったり、骨折しやすくなります。

⑤女性は一人でやるよりも、皆で一緒にやる方が成功率が高い

試してガッテンの「計るだけダイエット」で女性だけ成功率が低かったので原因を調べたところ「皆でやる」という要素がある方が、女性の成功率は高くなるということが分かったそうです。
この視点から考えると、女性はジムなどで知り合いと一緒にやった方がよいのかもしれません。

◎筋トレを続ける秘訣、それはやると決めた時間が来たら、服装を着替えて、とにかくその場所に行く。
そしてやると決めた時間は、そこに居続ける。
皆さんも、この効果的な筋トレ実行法を試してみませんか?
平安と祝福を祈っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

どうぞコメントをお残しください。初めてコメントなさる方は必ず自己紹介をお願いします。自己紹介のないコメントを承認することはありません。詳しくはメニューの「コメントしてくださる方へ」をご覧ください。