「全き愛は恐れを締め出す」とは?

「全き愛は恐れを締め出す」とは、どのような意味でしょうか?
今日は皆さんとご一緒に、全き愛とは何かということを考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

1.ウェスレアン・アルミニアンの神学的理解

福音主義の立場に立つ神学には大きく分けて二つあります。
一つはカルビン神学であり、もう片方はウェスレアン・アルミニアン神学です。
ありのパパはかつてはウェスレアンでしたし、今も神学的枠組みはアルミニアンです。
神学的枠組みとは、物の考え方のパターンとも言うべきものです。

ウェスレアン神学に立つ教会にはホーリネス運動やペンテコステ運動があります。
(現在のペンテコステ運動には、ウェスレアン神学の影響は余りないようです)
ホーリネス運動の中心的な強調点は、この「全き愛」です。
ではホーリネス系の教会では、全き愛をどのように理解しているのでしょうか?

①それは聖霊のバプテスマによってもたらされる。
②これは救いの恵みとは別の第二の恵みであり、キリスト者経験の第二の転機である。
③これは「キリスト者の完全」の経験である。
④それは聖霊充満の状態である。
⑤全き愛に満たされるとき、罪の根も取り去られる。(これを全き聖潔(きよめ)と呼びます)

非常に完成度の高い理路整然とした神学的理解なのですが(神学とはそういうものですが)、ありのパパは実際にこの状態になってから、非常に苦しみました。
なぜなら書いてあることと、現実に起こったことの間に、大きな乖離(かいり)があったからです。

2.ありのパパが理解している聖書の教え

もしウェスレアンが理解していることが正しい聖書的理解であるなら、それを受け入れるのは当然のことです。
しかし他にもっと正しい聖書的理解があるのなら、それを知りたい思いました。
それで神学校を卒業した後で(笑)、厳密に聖書を聖書によって解釈するということを始めました。
すると暫(しばら)くして分かったことは、自分の持っている理解と聖書が言っていることの間には大分距離があるということでした。
現在ありのパパがどのように理解しているかと申しますと、以下のようになります。

①「全き愛」とは最後の審判のときの恐れから解放されていることです。

全き愛の教えと言われるヨハネの手紙第一の4章18節の前後を丹念に読むと明らかであるのですが、かつてのありのパパは18節だけを読み、神学をこの聖句に投影させていたのです。
しかしそれを止めて、前後の文脈に沿って聖書を理解していくと、全き愛とは最後の審判の恐れから解放されている人の心の状態であることが明らかになりました。

②「全き愛」とは聖霊のバプテスマによってもたらされるものではない。

そうすると当然のことながら、この全き愛は聖霊のバプテスマによってもたらされるものではないということになります。
既に与えられている救いの恵みを自分自身に適用することによって到達することが出来るものであるのです。

③ではどうやって、そこに到達するのか?

17節に「私たちもこの世においてキリストのように生きているので、最後の裁きのときに少しも恐れることがない」とあります。
どのような意味において「キリストのように生きている」と言われているのでしょうか?
それは「自分自身を愛し、自分自身を愛するように隣人を愛する」ことが、キリストのように生きることであると言われているのです。
このような生き方を実践しているとき、私たちは最後の審判のときの恐れから解放されていることが出来るのです。

3.全き愛を持っている者は、他のクリスチャンを愛する

20節には『もし「神を愛している」と言いながら、同じクリスチャンを憎んでいるなら、その人は嘘つきである』と書かれてあります。
ところで、分離主義者のブログを拝見していると、ここかしこに「ニポンキリスト教は崩壊するから、そこからエクソダスするほかはない」と言われています。
この主張と20節の御言葉を突き合わせてみると、皆さんは一体何を感じられるでしょうか?
ありのパパは少なくとも、彼らの主張が聖書から出ていないことだけは明らかであると確信します。
彼らはこう反論するかもしれません。
「クリスチャンを憎むことと、教会を憎むことはちがうこと」
本当にそうでしょうか?
クリスチャン一人一人が属しているのが教会なのではないでしょうか。
それにもかかわらずクリスチャンと教会を分離して考えることは正しいことでしょうか?
それとも彼らのお得意の「霊と魂の切り分け」の教理を援用すれば、こんなことは何でもないことなのかもしれません。

◎私たちは「全き愛」を持っているでしょうか?
それとも自力で潔(きよ)められようとして悪戦苦闘しており、いまだに愛に全うされていないでしょうか。
全てのクリスチャンが今すぐに愛に全うされることが可能です。
祝福を祈っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

“「全き愛は恐れを締め出す」とは?” への2件の返信

  1. こんにちは。
    はじめまして、blueと申します。
    ペンテコステ派の教会に通う者です。
    2カ月ほど前から教会に通うようになり、神の素晴らしさを知り、聖書の教えを面白く感じています。
    けれど、教会に通う人たちや説教する方々などに、矛盾や違和感を感じて悩むこともあります。
    自身で、いろいろ調べたりしていたところ、このブログを知りました。
    ありのパパさんのブログは、クリスチャン初心者の私にもわかりやすく、とても勉強になりますし、ひねくれも者のACの私でも素直に受け入れられます(笑)
    ありがとうございます。
    これからも、いろいろ学ばせて下さい。

  2. こんにちは、blueさん。
    初めてのコメントをありがとうございます。

    そうですね。牧師も人間であり、クリスチャンも欠けの多い人間に過ぎません。
    もちろんペンテコステ派のクリスチャンであると言っても、スーパーマンになるわけではありません(笑)。

    お互いが欠けのある者であることを認め合い、その上で互いに愛し合うのが聖書の教えです。
    と言ってもそれは大変難しく、実行しがたいことです。
    その実行しがたいことを少しづつ実行していくのが、人間としての回復と成長の歩みであると考えています。

    これからもよろしくお願いします。

    ありのパパより

どうぞコメントをお残しください。初めてコメントなさる方は必ず自己紹介をお願いします。自己紹介のないコメントを承認することはありません。詳しくはメニューの「コメントしてくださる方へ」をご覧ください。