私たちの心に責められることがあっても

ある奥様が「うちの主人は嘘をつくとすぐ分かるんです。なぜかと言うと、心にやましいことがあると目をパチクリするんです」と仰られました。
これなどは分かりやすい例ですが、私たちは心に責められることがあると、心の平安を失ってしまうのが普通ではないでしょうか?

①信仰者も信仰に入ったばかりのときは「みな罪は赦された!感謝だ。これからはイエスに従って、聖い人生を生きていこう」と思うものです。

しかし、しばらく信仰生活を送るうちに当初の興奮は醒めてしまい、罪の誘惑が戻って来たのを認めざるを得なくなります。
信仰を持っていても誘惑に負けて罪を犯すことがあるし、これでは以前と何も変わらないと気落ちします。
そのようなときにホーリネス派の教えやペンテコステ派の教えに触れて、「そうか、私が罪の誘惑に弱いのは聖霊に満たされていなかったからだ」と考え、聖霊に満たされることを熱心に求め始めます。
しばらくの求めの末、遂に聖霊に満たされることが出来ます。
そうすると(聖書にはそんなことはどこにも書かれていないのですが)、「私には何の問題もない。すべて解決することが出来る。これからは順風満帆の信仰人生だ!」と一人で思い込みます。

しかしこれもしばらく経つと、興奮状態が醒めて通常の生活が戻って来ます。
そうすると、やはり代わり映えのしない自分の姿を発見するのです。
ある人々はその虚しさから目をそらすために、新しい興奮を求めて聖会から聖会へと巡礼の旅を行います。
もうこれ以上書く必要はないと思いますが、何を求めたとしても、みな同じ旅路をたどります。
(もちろんそれらのものは、聖書に約束された神の賜物であり、信仰生活を送る上で必須のものではあります。)

②聖霊に満たされたとしても、異言の祈りをしても、弱さを持つ私たちから、弱さが無くなるわけではありません。

私たちがこの肉体を持っている限り、弱点や判断の誤りや感情的な空虚感と言うものは存在し続けます。
ある意味ではこんなことは当たり前のことなのですが、現代に生きる私たちにとってはそれは当たり前のことではありません。
なぜなら、この時代の価値観は完全主義であり、出来たことよりも出来なかったことを問題にする価値観が支配的であるからです。
時代の価値観の影響を受けた私たちクリスチャンも、どうしても自分の行いに対して完全主義的な評価をくだすことになります。
出来なかったことを自分が責めます。

③なぜ出来なかったことを責めるかと言うと、その理由は「出来ると思っていたのに、出来なかった」からです。

なぜ出来ると考えたのかと言うと、それは万能感が強いからです。
このように考えてみると、自分を責めるのは罪責感が強いからではなく、万能感を強く持っているからということが言えます。

アル中が「自分は酒を止めることが出来る」と考えている間は断酒することができません。
なぜなら自分の中にはそんな力はどこにもないにもかかわらず、あると錯覚しているからです。
それで「自分は酒に対して無力であり、自分の中にはどこを探しても断酒する力はない」と認めたとき、神に対する信仰が生れます。
こうなって初めて断酒することが可能になります。
これは酒の問題に限らず、どんなことであっても方程式は同じです。
根拠のない万能感を持っている限り、自分自身を責める思いから自由になることは出来ません。
神が自分を責めているように感じるのは錯覚であり、実は自分が自分自身を責めているのです。

④聖書には「たとい私たちの心に責められることがあったとしても、神は私たちを赦してくださる寛大な御方であって、既に私たちの全てをご存じである」と書かれてあります。

何と恵み深い神様ではありませんか。
神様は初めから「私たちの全てのご存じである」のです。
ですから、神に責められるように感じたら、そのからくりを見破って、自分自身を責めるのを止めることです。

⑤万能感とセルフイメージは違います。

万能感とは私たちの行いに対して言うことであり、セルフイメージとは私たちの存在に対して言われることです。
「私は、ただの罪人に過ぎない」と気づくことが出来たら、自分自身を責める思いも無くなります。
そうしたら躊躇(ためら)うことなく、神の御前に大胆に出ることができます。

そして願い求めることは何でも聴いていただくことが出来るのです。
そのために必要な戒めが一つだけあります。
その戒めとは、ありのままに私たちを受け入れてくださったイエスを信じ、イエスがありのままに私たちを受け入れてくださったように、自分自身と隣人をありのままに受け入れることです。
この戒めは私たちにとって苦痛ではなく、喜びに満ちたものです。

◎万能感を捨てて、罪人でしかない自分自身を感謝を持って受け入れたいものです。
なぜなら、それが神の御前に大胆に出ることの出来る唯一の道なのですから。
祝福を祈っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

どうぞコメントをお残しください。初めてコメントなさる方は必ず自己紹介をお願いします。自己紹介のないコメントを承認することはありません。詳しくはメニューの「コメントしてくださる方へ」をご覧ください。