聖書の中のイエスの悪霊追い出しの記事は実は精神的病の癒しだった!

聖書にはイエスが悪霊に憑かれた人々をお癒しになる場面が沢山出て来ます。

今日はこの問題について皆さんとご一緒に考えます。

1.悪霊追い出しの聖書的位置づけ

聖霊派と呼ばれる教会の中には文字通りの悪霊追い出しをやっているところもあると聞きます。
「聖書を文字通りに信じるなら悪霊の存在も認めるべきだし、イエスが悪霊を追い出されたのなら私たちも同じようにすべきである」というのが彼らの主張です。

しかし聖書を神の言葉と信じることと、聖書を機械的に当てはめることは同じではありません。
たとえば聖書にある癒しの記事は肉体の病気と悪霊追い出しの二種類ですが、心の病についての癒しは出てきません。
これは果して本当に出てこないのか、それとも姿を変えて聖書に登場しているのかは検討する必要がある問題です。
なぜなら聖書が霊感された神の言葉であるなら私たちが抱える全ての問題について解決の道が示されているはずだからです。

2.ありのパパの見解

病には二種類あり、肉体の病と精神の病です。
聖書には二種類の癒しの記事が記されており、一つは肉体の病の癒しであり、もう一つは悪霊追い出しです。

聖書が書かれた時代の社会的通念では精神的病は悪霊のせいにされていました。
それで悪霊が追い出されることをもって精神の病の癒しとしていたのではないかと考えます。
ということで、ありのパパは聖書に出てくる悪霊追い出しの記事は精神的病の癒しの記事として理解するのが適切であると考えます。

3.精神的不調の解消のために悪霊追い出しをするのは意味のあることか?

イエスは肉体の病をいやすときにも「何々の霊よ、出て行け」と命じておられます。
イエスの御在世当時の医学的理解では全ての病の原因は霊的なものでした。

それに比べて私たちが生きている今の時代は病の原因は一つでなく病ごとに原因が特定されています。
このような理解をもっている人に「あなたの病気の原因は悪霊である」と言うと色々ある病気の原因のうちの一つの中に「悪霊によるもの」という新たな原因の項目が付け加えられることになります。
これはイエスの時代にはなかったことです。

4.イエスの時代と現代との違い

イエスの時代には病気になる理由は霊的原因ただ一つだけでした。
ですから人々はみんな同じ理由で病気になるのですから「それは悪霊による」と言われても痛くも痒くもありませんでした。

我が国の敗戦直後みんなが貧乏だったときは貧乏が恥ずかしくなかったのですが、経済が成長して生活がある程度豊かになった中で自分だけ給食費を払えないとか修学旅行に行くお金がないとなると耐えがたい悲しみと屈辱を感じるものです。

丁度それと同じようにみんなが悪霊が原因で病気になっているときはそのこと自体は何でもなかったのに、色々な原因で病気になることがわかった時代に「あなたの病気は悪霊によるものです」と言われれば非常な苦しみを感じることになります。

5.アダルトチルドレンの問題を祈りによって解決することは可能か?

アダルトチルドレンからくる様々な問題行動に悩まされることがあります。
しかしアダルトチルドレンそのものは病気ではありません。
ですから「アダルトチルドレンが癒されますように」と祈っても、その祈りが聴かれることはありません。
もちろん神様はその祈った人に知恵を与えて「ではどうしたら良いか」という導きをくださいます。
しかし「祈ったから癒されるはず。自分の責任は果たした」と考えるなら、それは考え違いも甚だしいと言わなければなりません。

キリストに祈っていただいて傷ついた人はおりません。
それはキリストが自分を愛するように隣人を愛しておられたからです。
キリストは「あなたも行って同じようにしなさい」[ルカ10:37]と言われます。

◎平安と祝福を祈っています。

“聖書の中のイエスの悪霊追い出しの記事は実は精神的病の癒しだった!” への2件の返信

  1. ありのパパさんこんにちは。
    悪霊追い出しの理解に感銘をうけました。
    なによりも、「キリストに祈っていただいて、傷ついた人はおりません。」
    なのですよね。現代において「悪霊付き」のレッテル貼りは間違いなく人を傷つけるだろうし、「この人の悪霊でていけ」もやはりその人が悪霊がついているという理解のもとで行われているわけですから人を傷つけるものですよね。

  2. おはようございます、かたまりさん。
    コメントをありがとうございます。

    そうですね。すべての病の原因が悪霊であると考えられていた時代と、それぞれの病には個別の原因があることが分かっている現代とでは、私たちの対応が違ったものになるのは当然のことです。
    イエスが大切なこととされたのは、悪霊を追い出すことに主目的があったのではなく、悪霊を追い出すことによって人々を解放することでした。
    私たちもイエスの心を心とし、イエスの歩みたまいしごとくに歩みたいものです。

    またコメントしてください。お待ちしています。

どうぞコメントをお残しください。初めてコメントなさる方は必ず自己紹介をお願いします。自己紹介のないコメントを承認することはありません。詳しくはメニューの「コメントしてくださる方へ」をご覧ください。