どうしたら互いに愛し合うことが出来るか

今日は皆さんとご一緒に、どうしたら互いに愛し合うことが出来るかを考えてみたいと思います。

1.古い戒めと新しい戒め

①耳にたこが出来るぐらい陳腐な教え。

聖書は格調高く訳されていますので、注意深く読んでいかないと、道徳の書として読んでしまう危険があります。
しかしヨハネが教会に書き送った手紙の中には「君たち、同じことを何度も聞かされて、内心では『耳にたこが出来る』と思っているだろう?」[Ⅰヨハネ2:7]と書いているところがあるのです。

②真の新しさは古い教えの中にある。

現代クリスチャンは何か新しいものはないかと探し回っているかのようです。
教会の指導者も「今度の聖会では、誰を招けば良いかなぁ」と思案している始末です。
後ろに人が倒れると聴けば、「おぉ、それは良い」と反応し、笑いが止まらなくなるリバイバルが起きていると聞くと、大挙して押し寄せます。
しかし去年の聖会では誰が来て、どんな説教をしたかなど誰も覚えていないのです。

③気づきを得ることがリニューアルされる秘訣。

問題は新しい教えがないことではありません。
何度も聞かされて分かっていると思い込んでいることで、実はちっとも分かってなんかないということを気づいていないところに問題があります。

「たばこが体に悪いのは分かっているんだけど、なかなか止められなくて」と言う人がおります。
しかしこれはそうではありません。
たばこが体に悪いと分かっていたら、人はたばこを吸わなくなるものです。
では何故分かっているのに止めないかというと、それは分かったつもりになっているだけで本当は分かっていないからです。
本当に分かるというのは、気づきが伴っていなければなりません。
頭の中で分かったつもりになっているだけでは、何の意味もありません。

2.問題から逃げないこと。

①一人一人抱えている問題はみな異なる。

私たちは人をステレオタイプで見がちなものです。
なぜならその方が楽だからです。
しかしそれをしている限り、うまくいきません。

たとえば子供が大学に行かず、専門学校に行きたいと言ったとします。
そのようなとき大人たちはつい「みんな大学に行っているから」としようもないことを言ってしまいます。
問題は「みんな」ではなく、目の前にいる「自分の子供」なのですが、それがわかりません。
そのような対応に終始していると、いつかは子供の心が親から離れていきます。
そうならないためには、焦点を「みんな」ではなく、「ひとり」に合せることです。

②建前という定規を人を当てないこと。

御夫婦の話し合い(罵り合いとも言う)を傍から伺っていると、「あなたは当然こうすべき」「お前はこうするのが当たり前なのにしなかった」という剣(つるぎ)で互いを切り合っていることが多いです。
赤ん坊なら親に向かってギャーギャー叫べば、親がオシメを変えてくれ、ミルクを飲ませてくれます。
しかし大人同士でこれをやっても、一体誰がそれをしてくれるというのでしょうか?
互いの関係を破綻させたくないのであれば、大人になることです。

③躓(つまず)かない秘訣とは?

『同じクリスチャンを愛する人は光の中にいて、躓くことはない』[2:10]

「私、躓いたわ!」と言われると、反射的に「それはどうもすいません」と謝ってしまうのですが、聖書は躓く人に原因があると言っています。
(もちろん、そうでない場合も沢山あります。実際イエス様は人を躓かせる者は災いであると仰っています)
人々に愛をもって接する人は、躓かないと言うのです。
さて、ここで言う愛とはどのようなものでしょうか?

3.まず自分自身を愛することから始める。

①肉欲・貪欲・虚栄を愛する者は、自分自身を愛していない。

自分自身を愛する代りに肉欲・貪欲・虚栄を愛すると、自分自身は空虚感に満たされてしまいます。
また自分自身を愛するように、隣人を愛するわけですから、自分自身を愛していないとき、最も近しい隣人を愛することが出来なくなります。

②愛の反対は無関心。

愛の反対語は憎しみです。
では最も典型的な憎しみとは何でしょうか。
それは無関心です。
無関心ほど、大きな憎しみは存在しません。
自分自身を愛さないで、肉欲・貪欲・虚栄を愛しているとき、隣人に向けるものは愛ではなく、無関心ということになります。

③本音で生きる。

二番目に大きな憎しみは、本音を言わず、建前で接することです。
これを子育てでやると、子供は病気になります。
なぜ建前で接するかというと、本音で接するとまずいからです(笑)。
なぜまずいかと言うと、自分は肉欲を愛しており、自分自身も隣人も愛してなんかないと言うのが本音であるからです。
しかしこれを面と向かって言ってしまうと、関係が破綻しますから、建前で接してしまうことになると言うわけです。

◎どうやら互いに愛し合う秘訣は、自分自身と人々の本音に焦点を当てて生きることにあるようです。
祝福を祈っています。

どうぞコメントをお残しください。初めてコメントなさる方は必ず自己紹介をお願いします。自己紹介のないコメントを承認することはありません。詳しくはメニューの「コメントしてくださる方へ」をご覧ください。