自我を十字架に付けるとは?

「自我を十字架に付ける」という教えほど、クリスチャンが誤って理解している教えはないかもしれません。
まじめなクリスチャンほど、どういうわけか誤って「自我の磔殺」を理解しているようです。
そのような人々に対して、「真剣になるのも、ほどほどにしろよ」などと言ってはなりません。
そのようなことを言おうものなら「やっぱりな。不信仰者だと思っていたが、思った通りだ。」と裁かれるのがオチです(笑)。
そこで今日は皆さんとご一緒に、聖書は「自我の磔殺」について何と教えているかを見ていきたいと思います。

①「キリストの十字架は私の罪のためであった」と信じる人は、みな救われることが出来ます。

しかし救われた後も、私たちの中には「達成することによって救われる道」を選び取りたいという欲求があります。
この欲求は、他の領域に向かうなら素晴らしい働きをします。
たとえば「目標を立てて実現する」という類のものには効果的です。
しかし家庭の建設ということに、この欲求を活用すると、家族は心に傷を受けます。
なぜなら「ここまで出来たらお前は合格。出来なかったら不合格。」というメッセージを送ることになるからです。

②『私は十字架に付けられました』とは、律法を守ることによって救いに到達しようとする心を十字架に付けるということです。

考えてみると、律法を守ることによって救いに到達しようとすることほど、魅力的な教えはないかもしれません。
チャレンジしようとする人たちにとっては、自分の中にある万能感が最高に刺激されることですし、プライドも満たされます。
またそれは自然と他者との競争ということになりますから、人と競争して打ち勝ちたいという人間の願いにも適っています。
しかし命がけで生涯掛けてチャレンジしてみて、その結果は惨憺たるものであることを悟ります。
出来ることなら、生涯の終わりにその虚しさを悟るのではなく、人生のどこかで悟り、恵みによって救われる道を信仰によって選び取りたいものです。

③教会はいつでも二つの敵と戦うことになります。

一つは、「努力によって救われる」という教えの改訂版である「努力することによって信仰生活を送る」ことを信徒に強制する人々です。
もう一つは、「救われた後の行いはどのような意味であっても重要ではない」と教える人々です。
前者は律法主義者であり、後者は律法廃棄論者です。

④救われた後の大切な行いとは?

「ありのままで良い」ということが分かった後でも、自分自身をありのままに受け入れ続けるのは簡単なことではありません。
ましてや隣人をありのままに受け入れるなどは至難(しなん)の業(わざ)と言って良いものです。
私たちの目の前には、このやりがいのある大仕事が待ち受けています。
それは一生掛かっても、十分に出来ないかもしれないほど、大きな仕事です。
もう皆さん既にお分かりのように、それが『自分自身を愛するように、あなたの隣人を愛しなさい』という神のご命令であるのです。

このような大切な行いがあるにもかかわらず、「救われた後の行いは重要ではない」などという寝ぼけた教えに耳を貸してはなりません。

⑤分離主義教会の人々へ

ウオッチマン・ニーの教えを奉じる教会の人々が大切にする教えが「自我の磔殺」です。
しかしこの立場の人々の説教やブログで書かれていることを拝見すると、彼らは自分が十字架に掛かるということを自分の努力で達成しようとしているように見えます。
これは結局のところ、自分の努力によって救いを達成しようとする律法主義にほかなりません。

彼の追従者たちが知っている彼の教えは全部、彼が刑務所に入る前のものです。
ウオッチマン・ニーは何十年もの間、中国の強制収容所に収監されました。
収容所でニーに出会った人の証言によるなら、ニーはとても謙遜な人であったようです。
神だけを信頼する強い信仰心を発揮する一方で、まわりの人々に対しては優しい愛の配慮を欠かさなかったと言います。
ニーは何十年もの収容所体験の中で、自らの信仰を成熟させて行ったのではないでしょうか。

ニーの追従者たちに申し上げたいことは、あなたがたも誰かの教えを真に受けて、そこで思考停止に陥ってしまうのではなく、聖書と現実と自分自身の内面を照らし合わせて、自分の頭で考え、祈り、御霊なる神の導きを頂戴しなければならないということです。

◎自分を十字架に付けるとは、聖書によるならば、それは律法によって救われようとする心を十字架に付けることです。

“自我を十字架に付けるとは?” への4件の返信

  1. いつも勉強させていただいています
    また、共感して読ませていただいています
    勝手ながら、記事の一こまを紹介させていただきました
    支障があれば削除します
    おっしゃってください
    これからもよろしくお願いいたします

  2. まこさん、こんにちは。
    初めてのコメントありがとうございます。

    まこさんのブログ拝見しました。
    過分なご紹介にあずかり、ありがとうございました。

    これからもよろしくお願いいたします。
    またコメントしてください。お待ちしています。

  3. 快く承認してくださり、感謝します
    私は、アダルトチルドレンでもあって
    その点でも、興味深く勉強させていただいています
    ありがとうございます

  4. まこさん、こんにちは。
    コメントありがとうございます。

    ともに癒しの道を力強く歩んでいきたいものですね。

    またコメントしてください。お待ちしています。

どうぞコメントをお残しください。初めてコメントなさる方は必ず自己紹介をお願いします。自己紹介のないコメントを承認することはありません。詳しくはメニューの「コメントしてくださる方へ」をご覧ください。