「愛している」と言えない時………

「愛しているけど、愛していると言えない」なんて書くと、恋愛のお話しでもするのかとお思いかもしれませんが、ところがどっこい今日も聖書のお話です(笑)。
皆さんは、このセリフが聖書の中に出てくると聞いて驚かれるでしょうか?
それとも「あぁ、あの場所ね」と頷(うなず)かれるでしょうか?
場所は新約聖書ヨハネ福音書21章です。

①イエスがペテロに『あなたはこの人たち以上に、わたしを愛しますか?』とお問いになられました。

質問も何か変ですね。
愛とは個人的なものであり、誰かよりも愛するなどという比較は出来ないものです。
それではなぜ、イエスがこんなことを聞かれたかと言うと、それはペテロが以前に大見得(おおみえ)を切って『私は誰があなたを裏切ろうと、あなたに付いていきます。そのためなら命をも捨てます。』と言ったことがあるからです。
その時、イエスは『あなたにはそのような信仰はない。失敗による失意を経験することによって、同じように失敗して悩んでいる人々の気持ちを分かってあげる人になりなさい。』と言われたのでした。
そのような背景があって、この質問が出てきました。
さて、この質問にペテロは何と答えたでしょうか?

②「私はあなたを心の底から愛しています。」とは答えることが出来ませんでした。

それは十字架に掛かられる前に『イエスを知らない』と三度もイエスを否んだからです。
『愛しています』と言おうとすると、自分の失敗の映像が心に浮かびます。
責められる気持ちで一杯であり、口が裂けても「愛しています」とは言えなかったのでした。
それで何と答えたかと言うと『主イエス様は、そのことを良くご存じのはずではありませんか』と答えたのでした。
何か、奥さんに「私のこと、愛してないの!?」と聞きとがめられて、なぜか愛していると言うのが口幅(くちはば)ったいように感じて「お前は俺が愛していると言わないと、俺のことを信用できないのか!」と答える旦那さんのようではあります(笑)。

③イエスは三度、同じ質問をペテロに投げかけました。

困り果てたペテロは『主イエス様。あなたは(胸を張って愛していると言えない)私の事情を何もかもご存じでしょう。それでもなお私はあなたを愛しているのです。』と答えざるを得ませんでした。
ペテロの心理を考えながらこの聖書を読んでいくと、自然に涙が流れます。
ペテロにしたら、自分のしでかした失敗を思うと、どこかに隠れていたいのです。
そうやって人生を棒に振る人もおられます。
しかしイエスは、ペテロがそのような人生を送ることを願われませんでした。
それで弟子が揃っている前で、ペテロを追い込むような質問をされたのでした。
イエスはかつてのペテロの建前でモノを言う、「出来ます。絶対にやります。」という言葉ではなく、「それが出来るような者ではありませんが、イエスのご命令ならあえてやらせていただきます。」という告白を聴きたかったのだと思います。

④『わたしに従って来なさい』

ペテロが『出来ないんだけど、あなたのお言葉なら従います』と答えたとき、イエスは『わたしに従って来なさい』と言われました。
イエスがお入り用なのは、自信満々な者ではなく、自分の力に頼ることが出来ないことを知っている者です。
これは謙遜傲慢とは全く違うことです。
「いや~、私なんかとてもとても」と言う人に向かって、「本当にそうだね。良く考えたらあなたには無理だ。」などと言おうものなら、首を絞められることは必定(ひつじょう)です(笑)。
人は言外に「そんなことない。あなたでなければ出来ないんだよ。」と言ってもらいたいのです。
これを謙遜傲慢と言います。
イエス様が一番苦手な人が、このような人たちです(笑)。

⑤『あの人はどう?』と聞く愚かさ。

ペテロはイエスに信任された直後に、またしてもペテロらしい弱点を発揮してしまいます。
それはイエスのおそばに若いヨハネがいたことで、自分の興味と関心がヨハネに移ってしまい、ついイエスに『この人(ヨハネ)はどうなるのですか?』と聞いてしまったことです。
直前まで、自身の失敗で心がふさいでいたのをイエスにカウンセリングしていただき立ち直ることが出来たばかりであると言うのに、もう関心が神様以外のものに移ってしまったのです。
ペテロの後々の失敗の真の原因は、このように「人が気になる。人の目が気になって仕方がない。」というところにあるのかもしれません。

しかしこのようなやりとりを見ていると、人間的な失敗というものは二千年前からあったのだと知ることが出来ます。
私たちの福音派教会も初めは純粋な動機で伝道を押し進めました。
しかし伝道の進展=教会の成長という図式に安易に乗ったときから、他の人々との比較の中で自分の大きさと価値を計るという失敗を犯しました。
この失敗はペテロの失敗と同じ性質の失敗と言えるものです。
イエスは『それはあなたと何の関係もない。あなたは只(ただ)わたしに従ってくれば良いのです。』と言われるのではないでしょうか。

◎満足できる人生を送る秘訣は、只一つです。
それは人との比較を止めて、イエスにのみ従っていく人生を生きることです。
そこにこそ、祝福があります。

どうぞコメントをお残しください。初めてコメントなさる方は必ず自己紹介をお願いします。自己紹介のないコメントを承認することはありません。詳しくはメニューの「コメントしてくださる方へ」をご覧ください。