セルグループとスモールグループ

セルグループを盛んに行っている教会のメンバーから、多くの批判の声が聞こえてきます。
それを要約するとセルが教会員の管理に使われている、それもセルで告白された罪の内容が牧師に報告され、牧師の教会員への恐怖心を伴った独裁的支配の道具に用いられているというものです。
今日は皆さんとご一緒に、この問題について考えてみたいと思います。

初めにお断りしておきますが、ありのパパは「小集団活動」こそ、教会活性化の鍵であると信じている者です。
信仰生涯の全体を通して、小集団活動の具現化を求めてきたということが出来ます。

スポンサーリンク

1.小集団活動を具体化したものにはどんなものがあるか?

①「細胞グループ教会」

我が国に「細胞グループ教会」の概念が入って来たのは、1990年代のラルフ・ネイバー博士によると記憶しています。
後になって「細胞グループ教会」という呼び名は「セルチャーチ」という名前に変更になりました。
問題になっているのは、この運動を紹介した人々の教会であることが多いようです。
火のないところに煙は立たないと言いますし、何よりセルグループ活動で人権が侵害されたと感じる人々が存在するという事実が、セルグループに問題があるということの証拠です。

②「区域礼拝」

細胞グループ教会の概念が入って来る前に、一世を風靡していたのが「区域礼拝」でした。
これは韓国の純福音中央教会のチョーヨンギ先生によって日本に持ち込まれたものです。
物凄い勢いで日本のペンテコステ教会に拡がって行ったのですが、一番勢いがあったのが導入時であり、あとは段々と尻すぼみになっていきました。
これは建前で信仰生活を送り、本音を語ることがない日本の信者にとっては難行苦行がもう一つ増えただけという意味しかないものでしたので、うまくいかないのは当然であったかもしれません。

③家庭聖書研究会

これはリベラル派・福音派を問わず、また教会・大学・高校・家庭を問わず、あらゆる教派と機関に拡がっていきました。
今でも大学などのクリスチャン団体は「聖書研究会」という呼び名を使っているのではないでしょうか?
しかし拡がりはこれが一番でしたが、ただ信者が仲良く聖書をお勉強するという範囲を出ることがありませんでした。
自分の問題を正直に告白し、この問題に対して聖書は何と教えているかというアプローチではなく、「お行儀よく聖書を勉強しましょうね~」という安易なスタンスでは、労多くして功少なしというのも無理からぬことであったかもしれません。

2.問題の核心はどこにあるのか?

①セルで語られた情報を牧師に報告するシステム

これをやっている限り、どんな名前に変わろうと全ての小集団活動は教会のカルト的支配の道具になり得ます。

②アルコール依存症者の自助グループであるAAのミーティングの原則は、私たちが絶対に守らなければならないものが何かを教えてくれています。

a.言いっぱなし
b.聴きっぱなし
c.他言無用

特に重要なのは三番目の他言無用ということです。
これがキリスト教会における小集団活動で守られなかったということが致命的な大失敗でした。

③ありのパパがインターンをやらせていただいた教会でも、牧師がこのように言われたことがありました。

「信徒から相談を受けたとき、信徒は『この話は牧師にはしないでね』というときがあります。しかし全部主任牧師である私に報告してください。牧師は教会の管理者ですから、信徒について知っていなければならないからです。」
しかし一度も信徒の相談内容を牧師に漏らすことはありませんでした。
なぜそれをしてはいけないのかという理論的な裏付けは持っていませんでしたが、心にブレーキが掛かりましたので「これはやってはいけないことだ」と考えたからです。

3.どのようなルールで小集団活動を行えば良いのか?

①セルのリーダーはセルで語られた情報を絶対に外部に漏らしてはなりません。

リーダーであれメンバーであれ情報を漏らしたことが明らかになれば、その者のセルへの参加資格を停止しなければなりません。
もしこのような毅然たる対応をしないなら、洗脳されていない健全な信者であれば、セルに参加する人は一人もいなくなってしまうでしょう。

②人には「自分の本音を皆に分かち合いたい」という思いがあります。

その必要を満たすのがセルです。
それを教会管理や信徒支配の道具に使ってはなりません。
信徒一人一人がありのままの自分を出せる為に、安全と秘密保持が保証されていることが絶対に必要です。

③教会を成長させてくださるのは聖霊なる神です。

それを人間的手段によってなし遂げようとすることが、そもそも神の御前で罪です。
植物が光と水があれば自然に成長するように、教会も信者が本音を出せるような雰囲気と、ありのままの自分たちを認め、受け入れ合う信仰があるなら、神が自然に成長させてくださるのではないでしょうか。

◎大きな失敗を犯したセルチャーチ運動ですが、もう一度悔い改めて、人権を侵害しないセルチャーチに立ち返らなければならないと考えます。

スポンサーリンク

コメント

  1. じゃんじゃん より:

    わたしの出席している教会ではスモールグループの活動は、楽しいものですが、問題を持っている信徒がいて、それが大きい場合、一応、牧師やゾーンリーダーに報告しなければいけないと思われています。
    強制されることはありませんし、まして それが、「信徒管理」に使われることなどありませんが。
    ただ、この欄を見るまで、自分たちだけで問題を閉じ込めている方がいけないのかなと思っていました。

    一方、教会内では、「口の軽い」人もいます。
    悪気がなくて、むしろ人のためだと話しを、先生にもっていく人もいますから、むずかしいですね。
     

    • arinopapa より:

      じゃんじゃんさん、こんばんは。
      初めてのコメントをありがとうございます。

      ○じゃんじゃんさんの教会ではスモールグループをやっておられるのですね。
      スモールグループで出された問題を外部に持ち出すことは微妙な問題です。
      でもよく考えてみれば、牧師に相談したいのであれば本人がそうすれば良いことであり、他人が口出しすべきことではないとも思います。

      ○悪気のない余計なお世話が一番始末におえないとも言えます(笑)。

      ○じゃんじゃんさんの教会のスモールグループについてのご感想を問題のない範囲でお聞かせ願えれば幸いです。

      またコメントしてください。お待ちしています。

  2. じゃんじゃん より:

    スモールグループの問題は、メンバー同士が仲良くなってしまうことです。
    ですから、グループ再編となると、ちょっと小波が立ちます。
    また、会社や学校ではないので、毎日会えないことです。

    • arinopapa より:

      じゃんじゃんさん、こんばんは。
      コメントをありがとうございます。

      ○教会のスモールグループが定期的に再編するのは、プラスの面とマイナスの面がありますね。
      アルコール依存症の自助グループですと、何年でも何十年でも同じ顔ぶれのようですが。

      ○率直な感想を書き込んでいただき感謝します。
      実際にやっておられる方ならではの感想であると感じました。

      またコメントしてください。お待ちしています。

  3. めぐみ より:

    ありのパパ様、こんばんは。

    私達の教会もスモールグループが盛んですが、教会の人数が300人以上おりまして、自分の問題を牧師や牧師夫人に話したくても、カウンセリングは予約しなければならなず、日曜日に気軽に話しかける時間はありません。

    なので、リーダーがスモールグループで話されたことを要約して、牧師夫人に話すというシステムを取っています。
    私の中では、管理されているというふうに思ったことはありません。

    正直牧師や牧師夫人は日曜日は、新来者などの対応に追われていて挨拶もできないことがほとんどですが、スモールグループで話したことは全て牧師、牧師夫人がご存知であると言う事は、私にとっては安心感もあります。

    たまに会ったとき「あの事たいへんだったね~」とか言われて、「知っていてくれるのだな。お祈りしてくれているのだな。守られている。」と安心します。

    自分で彼らを捕まえて話をするほどの事ではないことまでも良く知ってます(笑)

    ま~、ですから、スモールグループはそういう意味では便利だなと思ってしまいます(笑)

    • arinopapa より:

      めぐみさん、こんばんは。
      コメントをありがとうございます。

      めぐみさんの教会ではセルグループのシステムが健全に機能しておられるようですね。
      私の願いは、そのシステムが最後まで健全に機能することです。
      「そのためにはどうしたらよいのか?」というのが私の中にある問題意識です。
      ご一緒に考えてまいりたいと思います。

      またコメントしてください。お待ちしています。

  4. めぐみ より:

    こんんちは。
    コメントありがとうございます。

    私は数年前まで、スモールグループリーダーをしていました。
    その時も、報告はしていましたが、ほんとに重要なことだけ伝えていました。
    たぶん今も同じだと思います。全ていちいち伝える時間なんて無いですし。

    たとえば、信徒さんから、少し難しい問題を打ち明けられた時は必ず、「私には難しい問題でどうしてよいか良くわからないから、リーダー(当時の私のリーダー)に相談してもいいか?」と必ず確認してから、相談しました。

    私⇒私のリーダー⇒牧師夫人(ピラミッド型です。今でも。人数が多いので。)という形でした。

    もしその時言わないでほしいと言われれば言わなかったと思います。

    おそらく今も絶対の報告義務は無く、言わないでほしいと言われたことは上には伝えなくていいのだと思います。
    そういう自由な雰囲気のある教会ではあります。

    そして常にリーダーは「自分のグループは自分のグループでは無い、神様から与えられたグループだ」と教えられ、「グループをする時も常にイエス様が真ん中にいると言う事を意識し、自分が運営しているわけではない。」と言う事を教えられています。

    おそらく、グループをしていく上で今でも問題も起きているのでしょうが何か問題があればそれを解決するためにどうしたらよいか祈って常に改善しているようです。

    なので、スモールグループの進め方が時々変更になったりします。

    これからも、ありのパパ様のお考えもお聞きしながら、私もよりよいスモールグループの形とはどんな形なのか考えて行きたいと思います。

    このブログを知ることができたのも、神様の導きだと思っています。
    感謝しています。

    • arinopapa より:

      めぐみさん、こんにちは。
      コメントをありがとうございます。

      これからもよろしくお願いします。
      またコメントしてください。お待ちしています。