アルコール依存症の人々が相互に深く関わったとき回復の奇跡が訪れた

1935年にアメリカのオハイオ州アクロンで絶望的な二人の酔っぱらいが出会ったことがAA(アルコホーリクス・アノニマス)の始まりでした。
一人はウォール街で働く人であり、もう一人は外科医でした。
二人には多くの共通点がありました。
二人ともアルコール依存症のために何回も精神病院への入退院を繰り返していたこと、それにもかかわらず回復への望みが全くなかったことです。
こんな二人ですが、この二人が知り合ってから間もなくして驚くべき事実を発見しました。

1.相手の手助けをしているときはシラフでいられるという事実

彼らは「これは良い」とか「効果がある」というものを試してみても結局は再飲酒していたのです。
しかし相手の手助けをしているときだけは自分が酒を飲まないでいられたのでした。
それで彼らはこの真理を本気になって実践し始めました。

今度は病院のベッドに閉じ込められたアルコール依存症の弁護士のもとを訪れました。
そうするとその弁護士もこの話を信じ、自分もその活動に参加することにしました。
こうして1937年にはこのやり方で酒を止めることが出来た人が二十人にもなっていました。

2.依存症別のミーティングが軌道に乗る

「他の依存症者に徹底してかかわることほど自らの嗜癖(しへき)への再依存を防ぐ保証になる行動はない。他のことがみなうまくいかなくてもこれには効果がある」

①依存症別のミーティングが開催されるようになる

AAから始まった12ステップは他の依存症の回復プログラムとしても用いられるようになっていきました。

現実的な問題として覚醒剤の依存症者とアルコール依存症者が一緒にミーティングをやってもうまくいかないことが多いのだそうです。
それで自然に依存症別にミーティングが行われるようになりました。

②仲間の話に共感することによって回復の道を歩む

本質的なことを言えば人が依存症になるのは神でなければ満たすことが出来ない空虚感が心の中にあることが理由です。
この空虚感を満たすことに焦点を当ててみてはどうかと考える人もいますが中々うまくいかないようです。
心の空虚感を満たすといっても頭の中の理解であり余りに現実感が乏しいのが原因ではないかと思います。

ではなぜ依存症別のミーティングだとうまくいくかというと自分と同じ悩み・苦しみを持っている者に対しては共感しやすいということが挙げられます。
共感できるので人が自分の鏡になり、自分自身の本当の姿に気づき回復への道を歩むというパターンが再生産されのではないでしょうか。

3.助けられた経験を持つ人だけが他者を助けることができる

「他者と関わりを持つ程度が深ければ深いほど癒しと成長の道を進んでいることを証している」

①人はみな自分のことしか考えない存在

自分中心な存在である自分が人様にかかわっていくことによって他者の視点から物を見ることが段々と出来るようになっていくのです。

②人の話を聴く姿勢を見ればその人が分かる

カウンセリングの勉強会である方が自分の思いを吐露しておられました。
そのお話を大勢の方が聞いておられたのですが、その中で一人だけ特異な反応をする方がおられました。
それは体をひねって両手を握って手をもみもみしているのです。

人の話を聴くだけだのになぜ七転八倒しなければならないのかと言うと、それは心の中で「その位、分かれよ。俺がバシッと言ってやる」と思っていたからではないでしょうか?

このお二人を見ていて、ありのパパが感じたのは「果して問題があるのは、自分の問題をお話になっている方か、それとも人の話を聴けなくて自分の意見を言いたくてたまらない方にあるのか」ということです。

③初めに喉が渇いた者が井戸を掘る

あなたがアルコール依存ならAAに行ってみることです。
またそれが何の嗜癖であっても、その嗜癖を専門に扱うミーティングに出席してみてはどうでしょうか?
もし近くでミーティングをやっていないなら、あなたがミーティングを始めれば良いのです。
何も難しいことはありません。
ただ三つのルールを守れば良いだけです。

a.話しっぱなし
b.聞きっぱなし
c.他言無用

このルールをミーティング出席者に徹底すれば良いだけです。
そうしたら1935年に起きたと同じ奇蹟が、あなたにも与えられることでしょう。

◎回復と平安を祈っています。

“アルコール依存症の人々が相互に深く関わったとき回復の奇跡が訪れた” への2件の返信

  1. こんばんわ。

    良い仲間ができると希望がわくし、認知の歪みが修正できるのが良い点ですね。

  2. Dr.Dさん、おはようございます。
    コメントありがとうございます。

    「真の聖化」についてDr.Dさんがコメントしてくださったものに、お答えしています。
    よろしければ、そちらもご覧くださればと思います。

    またコメントしてください。

どうぞコメントをお残しください。初めてコメントなさる方は必ず自己紹介をお願いします。自己紹介のないコメントを承認することはありません。詳しくはメニューの「コメントしてくださる方へ」をご覧ください。