私たちには悩みがある!

私たちが生きているこの時代は、悩みを持っていることを不正常な状態として認識します。
「そんなものは早く解決して、ハッピーに生きていこうぜ!」というわけです。
それで多くの若者たちが幸せごっこに勤(いそ)しむことになります。
その幸せの基準は自分が決めたものではなく、どこの誰だか分からない人が決めた基準です。
その基準とは、
○食事のとき一人で食べる人は不幸せであり、幸せな人は友達と一緒に食べる。

大学によると、トイレのドアに「ここで食事をしないでください」という貼り紙がしてあるそうです。
調査によると5%の学生がトイレで食事したことがあるとのことです。

○性格が暗いのは不幸の印。幸せ印の人間はいつも明るい。

書いていて腹が立ってくるやら、笑えてくるやら、何とも言えない気持ちにさせられます。
しかしこれが今の時代の平均的な価値観であるようです。
こんな考え方が間違っていることは、ちょっと考えればすぐ分かりそうなものですが、思い込んでいると中々気づかないのかもしれません。
そこで今日は、聖書は悩みがあることについて、どのように教えているかを、皆さんとご一緒に見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

1.私たちは社会に生きている限り悩みがある

イエスは「あなたがたはこの世にあっては悩みがあります」[ヨハネ16:33]と仰られました。

これを文字通り受け取るなら「私たちは生きている限り悩んでいても良い」と理解することができます。
キリスト信仰は「悩みに打ち勝つ信仰」であるという理解が、いつのまにか「悩みを無くしてしまう信仰」という理解に変質してきていないでしょうか?
いつも悩んでいる人がそばにいると「うっとうしいな~」と感じることはないでしょうか。
もしそう感じるとしたら、悩みがある状態は不正常なことであると考えているからにほかなりません。
誰かが「お腹がすいた」と言っても、私たちは鬱陶(うっとう)しくは感じません。
それはお腹がすくということを不正常な状態であるとは考えていないからです。

2.どんな悩みがあるか?

①人々が自分から去っていくという悩み

この悩みは深刻です。
これが嫌で、人はみな仮面をかぶっていると言ってもいいほどです。
中には人が自分から離れないためなら、何でもするという人もいます。

②自分一人で試練に直面しなければならないという悩み

重大な決断を迫られるときに限って、周りから人がいなくなるものです。
皆で考えて、皆で結論を下すことを日本人は欲します。
しかしこんなことは、まずあり得ないと考えなければなりません。
その決断が重大であればあるほど、自分一人で結論を下す羽目に陥ります。

3.聖書は悩みに打ち勝つ秘訣を教えている

『私(イエス・キリスト)は既に世に勝ったのです』

それは天の父がいつもイエスと一緒にいてくださることによって、イエスが独りぼっちではなかったことによってです。
イエスの弟子はイエスに倣(なら)うことです。
イエスの勝利の秘訣は、彼が父なる神といつもご一緒だったというところにあります。
だったら彼の弟子たちも、イエスと同じことをすれば良いのです。

神が私たちと共におられる

イエスがこの世から去っていくことによって私たちに与えられる聖霊なる神が、私たちといつも一緒にいてくださることによって、私たちも独りぼっちではなくなります。
イエスの場合は父なる神といつもご一緒でした。
イエスを信じるクリスチャンは聖霊なる神といつもご一緒することが出来ます。
これによってイエスが持っておられた秘訣を私たちも行使することが出来るようになるのです。

4.勇気を持って悩みに挑戦する

『しかし勇気を出しなさい』(聖書)

①孤立を恐れることは人間の本質的な特徴の一つ

孤立を恐れること自体は悪いことでも何でもありません。
そのように人間は神によって造られているのですから。
しかし孤立を満たすにも順番があります。
第一に来るのは神です。
第二に自分が自分自身の最も良き友となることです。
第三に家族や友人たちが来ます。
この順番が狂うとき、それが何であっても自分を支配するようになります。

②どのようにして神が私たちといつも一緒にいてくださるのか?

a.聖書を読むとき、誤りなく御言葉を理解することができるように助けてくださいます。

b.聖霊のバプテスマによってもたらされる聖霊充満の恵みによって、神がいつもご一緒してくださるという約束が実現します。

c.聖霊のバプテスマのとき、同時に与えられた異言で祈る賜物を活用して神様との人格的交わりを日々なすとき、聖霊なる神が私たちとご同行してくださるという約束が現実のものとなります。

③カルト教会は孤立を恐れる心を、会員のマインドコントロールに巧みに用いている

カルトはメンバーに聖書を直接読むことを禁じます。
そして聖書と私たちの間に、何ものかを挿入します。
それはディボージョンの小冊子であったり、霊と魂の切り分けについての教えだったりします。
それがどんなに正しいと主張されたとしても、彼らの言うことを信じてはいけません。

◎神と共に生き、イエスの模範にならうとき、私たちは悩みの只中にあって勝利を得ることが出来ます。
平安と祝福を祈っています。

スポンサーリンク