真の聖化とは?

ありのパパが若いとき、信仰上の指導に対して疑問がありました。
それは聖化とか、全き聖化と言われることに対してでした。
救われたときは「ありのままのあなたでいい」と言われたはずなのに、気が付いてみると「聖い人になろうね」と言われているのです(笑)。
そして周りを見渡すと、聖化にふさわしく振る舞おうとして明らかに無理をしている人々が多くおられました。
聖書は何と言っているかと思って、聖書を読んでみると、やはり聖書も『聖くなければ主を見ることができない』と書いてあるのです。
ありのパパはこれを読んだとき、「では納得せざるを得ないな」という思いと、「おいおいおい、これじゃ話が違うよ(笑)」という両方の思いが交錯する複雑な気分を味わいました。

そこで今日は、真の聖化とは何かということをご一緒に考えてみたいと思います。

1.聖化は聖書が教えていることですが、問題は聖化の意味を捉え損なっているところにあります。

①真の聖化の理解とは、どのようなものでしょうか?

「ありのままのあなたで良い」と救っていただいたのですが、気が付くと律法主義に戻っており、自分にも人にも「こうなれ。あぁなれ」と律法主義の物差しを当てているのが、私たちではないでしょうか。
このように私たちの心の奥底に根付いている律法主義から解放されて、「本当にありのままで良い」と自分自身にも隣人にも言える生き方の実現が、真の聖化であるのです。
これなら、聖書の教えと矛盾しません。

②真の聖化のためには、聖霊のバプテスマと異言の祈りがどうしても必要です。

聖化とは「ありのまま人生」の実現であると理解するようになるまでは、ありのパパにとって聖霊のバプテスマの目的を本当に理解することは出来ませんでした。
ありのままで良いといわれたクリチスャンが、なぜそのままでは不十分だから聖霊に満たされなければならないと言われるのか、大きな矛盾を感じていました。
しかしやはり聖書を読むと、聖霊充満は聖書の命令であり、避けて通れないものであることは明白でした。

③ありのままを生きることが真の聖化であると理解してからは、「鹿が谷川の水を求めるように」聖霊を求めるようになりました。

なぜなら、ありのままで生きようとすればするほど、自分の無力を認めざるを得ないからです。
これは聖霊によらなければ実現することの出来ない生き方であることが、ますますよく分かるようになりました。

2.ある人々は神学の必要性を否定します。

①これは明らかに間違った態度です。

神学は、歴代の教会が聖書を正しく理解しようとした営みの集大成です。
歴史上の様々な問題に対して聖書はなんと言っているかを読み解こうとした、集合知とでも言うべき存在です。

②神学を否定すると、教会がカルト化する危険が増大します。

事実、神学を否定する人々で、最後まで健全な信仰を維持できた人は非常に少ないです。
現在、問題になっている人々の多くが、この立場をとる人たちですし、分離主義カルトの人々もまた、神学否定の立場をとります。

3.聖書と神学の健全な関係とは?

①神学とは聖書を現実の世界に適用したものです。

ですからそれは必然的に、過去の歴史の現実に適用してきたものということになります。
私たちは現代に生きるクリスチャンとして、現代の課題に聖書を適用しなければなりません。
それは過去に積み上げられてきた神学に、現代の私たちが一ページを加える作業をするということです。

②私たちは神学という名前のリレーの選手です。

教会の集合知である神学を受け取り、私たちがより豊かなものにした神学を次世代の教会へ受け渡す役目があるのです。

③今ある神学を鵜呑みにして、現実を見てみない振りをしてはなりません。

自分の依って立っている神学に間違いがあるのをうすうす感じて、神学を改訂する作業に挑戦する代わりに、神学を軽視することでバランスをとるというようなことがあっては決してなりません。
その時、教会は世俗化とカルト化という、両極端の敵の餌食になってしまう危険があります。

◎真の聖化とは、ありのままの自分自身と隣人を受け入れつつ生きる人生の歩みを指しています。
祝福を祈っています。

“真の聖化とは?” への6件の返信

  1. こんばんは。

    教派によって専門用語とか解釈が違いますね。
    具体的な方法はないですけど人間の力を優先するのではなく、神様に触れるとき僕らは聖霊によって変えられて行くと僕は信じてます。(第ニコリント3:16-18)

    もう一つ、聖書は普遍的なものですが、神学は時代で区分され限定的です。
    まして、教派の聖書解釈の基準も違い世界中で争いになっているので、使徒信条だけで良いような気がします。
    だから、そうならないためには一人一人が教派の違いを知って謙遜でいる必要があるんじゃないかなって思います。

    どうですか ありぱぱさん

  2. Dr.Dさん、おはようございます。
    コメントありがとうございます。

    >具体的な方法はないですけど人間の力を優先するのではなく、神様に触れるとき僕らは聖霊によって変えられて行くと僕は信じてます。(第ニコリント3:16-18)
    ○聖書は、ではどうしたら神様に触れられることが出来るかということを具体的に書いているのです。
    それを体系化したのが、聖化論ということになります。
    「各教派で違う」というところで安易に納得してしまうのではなく、聖書からすり合わせていく作業が必要であると考えます。

    >もう一つ、聖書は普遍的なものですが、神学は時代で区分され限定的です。
    ○このような理解そのものが、非常に偏った神学的理解であることを自覚しておられるでしょうか?

    >まして、教派の聖書解釈の基準も違い世界中で争いになっているので、使徒信条だけで良いような気がします。
    ○使徒信条そのものが、初期の教会の神学的営みの所産であるのです。
    Dr.Dさんは神学を否定しながら、一番初めの神学的所産を認めることの矛盾を理解しておられますでしょうか?

    ○Dr.Dさんは自己紹介で、「アメリカ最大の自由なバプテスト派」であると言っておられましたね。
    アメリカ最大の自由なバプテスト派と言われるので、てっきりリベラル派のクリスチャンだと思っていました。
    どうやらそうではないようです(笑)。

    またコメントしてください。

  3. ありパパさん
    ビル・ハイベルズさんやリック・ウォレンさんと近い福音派のバプテスト教会で育ちました。

    聖書を眺めてみると、異言の祈りが聖化に必要なんてどこに書いてあるんだろう? 
    文字や行間、全体のメッセージを捉えても見当たらない。
    もしも僕の勘違いもあるから、その場所を教えてほしい。

    使徒信条は聖書のエッセンスをちゃんと受け継いでいるから矛盾しているとは感じない。

  4. Dr.Dさん、こんばんは。
    コメントありがとうございます。

    ○「自由なバプテスト」とは、リベラルなバプテストという意味ではなく、自由な雰囲気を持つバプテストという意味なのですね。

    ○「使徒信条は聖書のエッセンスをちゃんと受け継いでいる」という理解が既に神学的営みなのです(笑)。
    そのように理解するご自分の神学を自覚することがまず必要と思います。
    そうしたら、他者の神学についても共感的に理解できるようになると思います。
    そうしないで、ただ神学は必要ないという理解は、結局の所、ご自分の神学を絶対化しているのに過ぎないということになります。

    ○「神学は時代で区分され、限定的です」というような理解はどこから出てきているのでしょうか?
    是非、お聞かせ願いたいものです。

    ○「異言の祈りと聖化の関係」という問題も興味深い題目ですね。
    Dr.Dさんはご自身のコメントで、「神様に触れられるとき私たちは変わりうる」と書かれました。
    まさに、異言の賜物を用いての神との人格的交わりが、それに当たるのです。

    またコメントしてください。

  5. ありのぱぱ様
    とても、考えさせられる記事でした。

    わたしの理解では、神学というのは「天のお父様感」だと思っています。
    つまり、一人ひとり神様に触れられた経験が違うものだと思います。
    ある方は、癒やしの神であり、ある方は励ましの神であるかもしれません。
    そういった一つ一つの主との関係が神学を形成しているように思えます。
    もちろん、聖書に書いていない神様感を正しいとすることはできないと思います。
    例えば、無関心の神、であるとか、行いによって救う神、と言うのは聖書から離れているので神学と呼べないと思います。

    なによりも、大切な根幹は「イエス・キリストが救い主である」という確信と信仰が与えられている上に立てられていくものだと考えています。

    私は個人的に異言で祈るのが好きです。
    私の言葉では言い表せれない思い、まるで赤子が自分の両親に話すようにどこまで行っても足らない人間の言語力の中に自分がいるような気持ちと、それを思いっきり抱きしめてくれる天のお父様の愛を同時に感じます。

    特に使徒信条は神学の中心でありその先から色々な枝が分かれそれぞれに実がなっていくように感じます。

    私自身、主の前に異言で祈る時に聖霊様の臨在や自分の無力さを感じるのと同時に、普段使っている言葉で信仰を主に告白する時に人生でのいろいろな決断をしていったように思えます。
    つまり、異言が与えられてから、聖化の経験をした。もちろん、まだまだ回復していただきたいところはたくさんありますが祈っています。それがわたしの神学です。

    ですが、キリスト教の歴史を見てみると、異言がなくても聖化されている人がいるのではないかと思えます。
    かならず異言が必要となってくるとそれは律法的な縛りになってくるのではないでしょうか?

    ルカ1:37
    神にとって不可能なことは何一つありません。

    この言葉に対して信仰を持って自分がどれほど成長していくかがとても大切になってくると思うんです。

    西洋の思想では、合理的にきれいに物事を並べて道筋を建てて解決策に到達していく哲学的な働きがあると思います。
    それはとても素晴らしい遺産ですし私達が学ぶべき価値が大いにあると思います。

    ですが、「愛の中にとどまる」ここから生まれてくる聖書に書かれている実を感謝して受け取る時に、神学が形成していくのではないかという思いもあるんです。

    つまり、神学と人そして聖書を切り離さずに知っていかなければならないのではないでしょうか。

    カルヴァンの状況、神学を書いた相手、彼の思想、彼がその聖書箇所を偉だ理由
    ウェスレーにも同じことが言えると思います。

    それを知った上で私たちはどう思うか。
    それが問われているのでないでしょうか。

    神学の独り歩きがはじまってしまえば、教派はこう言っているから信じるという自分の意思が無い人間が生まれていくようにも思えます。

    この課題については私も祈っているところですので、ありのパパ様と少しでも意見を交換したいと思って書きました。
    長いですが読んでいただいてありがとうございます。

    主の平安がいつまでもありますように
    ひばり

  6. こんにちは、ひばりさん。
    コメントをありがとうございます。

    またコメントしてください。お待ちしています。

どうぞコメントをお残しください。初めてコメントなさる方は必ず自己紹介をお願いします。自己紹介のないコメントを承認することはありません。詳しくはメニューの「コメントしてくださる方へ」をご覧ください。