神との出会い・人との出会い・自分自身との出会いが気づきを得る秘訣

どうしたら気づきを得ることが出来るかを考えます。

1.気づきを得ることほど難しいことはない

夫に対する妻の不満の多くはとても小さなことです。
しかしその小さなことを変えるためには大きな気づきが必要です。
この「気づき」はある意味ではやっかいなものです。
なぜなら周りの者が思うほど簡単には気づくことが出来ないからです。

簡単に「分かった」と言う場合は単に抑圧と演技に過ぎないこともあります。
この場合はいつか化けの皮がはがれますし、不満を貯めた分だけ反動も大きいのです。

夫婦共に切れたときに言うセリフで多いのが「私が(あるいは俺が)こんなに我慢しているのに、あなたは(あるいはお前は)何で分かってくれないの!」というものです。
この時「誰も我慢してくれなどと頼んだ覚えはない」と言ってはなりません。
夫婦関係が「はい、それまでよ」ということになってしまいかねません。

2.神は気づきを与える

『聖霊(なる神)があなたがたに全てのことを思い出させてくださる』と聖書にあります。
ではどのようにして聖霊は私たちに思い出させて(気づきを与えて)くださるのでしょうか?

①無条件に愛してくださることによって

何回失敗しても、罪を犯しても、私たちが悔い改める気持ちを持っている限り、神との個人的関係において神は赦してくださいます。

②神の愛が無制限ではないことを教えてくださることによって

もし私たちが罪を犯しても当たり前であるかのように思い、悔い改めることをしないなら私たちは神の愛からこぼれてしまいます。
愛とは双方向のものです。
神が私たちを一方的に愛してくださっていても、私たちのほうで神から離れるなら恵みを拒んでしまうことになります。

③人々を通して

クリスチャンになったからといって完全になったわけではありません。
また完全でないからといって成長しないで良いわけでもありません。

私たちは罪人でしかない自分を認めつつ、ありのままの自分と隣人を受け入れることが出来るように成長していくことが必要です。
人間関係において周りの人が自分に対して不満を述べないとするなら私たちはどんなにラクでしょうか。
しかしその場合、成長もありません。
私たちは都合よく、人に文句を言われるのはいやだが成長はしたいと無い物ねだりをします。

実はそのために神秘主義や分離主義は人々に人気があるのです。
これらのものは人々に苦労せず成長できるかのような幻想を振りまくからです。

分離主義の人たちは自分の中にも同じ欠点があるにもかかわらず、他の教会の欠点を見いだして本当に楽しそうにあげつらいます。
このようなこと自体が実はこの人たちが人格的に問題を抱えていることの印なのです。

もし本当に成長したいと願うなら彼らと自分は全く同じであるのを認めるところからスタートしなければなりません。

2.人に気づきを与えるにはどうしたら良いか?

聖霊は祈りを通して、聖書を通して教えてくださいますが、最も多く用いられる管は人々を通してです。
では私たちが管となるために心得ていなければならないことはどんなことでしょうか?

①「気づけ!コノヤロー」と思っている限り、相手は決して気づかない

お母さんがお子さんに向かって「あなたは何回言っても分からないんだから、ほんとにモ~」と言っているのを聴くと、「牛じゃないんだから(笑)」と思ってしまいます。

問題があるのは何回言っても分からない方にあるのか、それとも何回言っても分からせることの出来ない方にあるのかを考えなければなりません。
もちろん問題があるのは何回言っても分からせることの出来ない方です。

②相手をありのままに受け入れるとき、その人は気づきを得る

「このようになったら合格」という対処の仕方を変え、「どのようなあなたであっても合格」という有り様に変わるなら、そのように対応してもらった人はどんな人でも変わらざるを得ません。
ですから学校に行けなくなったお子さんを持つご両親はひとまず「学校に行け!」というのを控えて「どんなあなたであってもOK」というメッセージを送ることに全力を尽くすことです。

③「受容したら相手は変わる」と考えている限り、相手は変わらない

信仰と自動販売機は違います。
しかしなんと多くの人が信じたら救われるということを自販機にお金を入れたらコーラが出てくるのと同じに捉えていることでしょうか。

「受容してやるけど必ず変われよ。変わらなかったら承知しないからな!」と内心思いつつ、作り笑顔で「そのままでいいのよ(笑)」と言ったところで何の効果もないのは分かりきったことです。

信仰とはお委ねすることです。
「そうなっても、たとえそうならなくても私は良い」と考えることです。

3.受容するのと肯定するのはちがう

時々「受容したのに少しも良くなりません!」と言われる方がおられます。
それでお話をお伺いしてみると「あなたがしていることは受容ではなく肯定です」と申し上げなければならない場合もあります。

ではどうしたら受容と肯定を見分け、相手が肯定ではなく受容されたと感じることができるのでしょうか?

①行いを肯定したら相手が変わることはあり得ない

日常生活の中で受容と肯定は紙一重の違いしかありません。
同じことをやっても状況の違いである時は肯定に、ある時は受容したことになってしまいます。
ですから知恵深く状況を良く読むことが大切です。

人に聞きたくなりますが現場では誰も教えてくれません。
自分で考え決断するほかはありません。
ですからチャレンジし続けることが受容能力をアップさせていく唯一の道です。

②存在を受容すると、それにふさわしい行動をとるようになる

受け入れられていると相手が感じると、自分は価値ある存在であるとの自覚がやってきます。
これは本当に不思議なことです。
教えて分かることではないかもしれません。

③そうせざるを得なかった気持ちに共感すると受容されたと感じる

やったことを肯定することは出来ませんが、そうせざるを得なかった相手の気持ちに共感することは出来ます。
そのようにして神の愛が私たちを通して人々に流れ込むのです。

◎平安と祝福を祈っています。

どうぞコメントをお残しください。初めてコメントなさる方は必ず自己紹介をお願いします。自己紹介のないコメントを承認することはありません。詳しくはメニューの「コメントしてくださる方へ」をご覧ください。