ファイアー・ストーム 愛・40日の挑戦

今日ご紹介しますのは、号泣系映画・DVD「ファイアー・ストーム」です。

①この映画はアメリカの小さな教会が制作しました。

少数のプロの演技者をのぞけば、ほとんどは教会員がボランティアで出演しています。
しかし全米でベストテンに入り、大きな話題になりました。
ありのパパはずっと見たかったのですが、日本ではこの手の映画は余り歓迎されません。
それでtsutayaに何回もわざとらしく「こういう映画な~い?」と検索をかけてもらい(無言の圧力とも言う)、やっとレンタルリストの中に入れてもらったのでした。

本当の題名はファイアー・プルーフというのですが、過去にヒットした消防士の映画でファイアー・ストームという同名の映画が何本かあるので、それに引っかけたようです。
皆さんもお借りになるときは、題名を間違わずに伝えることと、最近の映画であるということを店の人にお伝えください。

②消防士の夫と、病院の広報を担当する妻の物語です。

消防士の夫は、妻の気持ちを考えない自己中男です。
とは言っても、職場では命がけで人命救助に取り組み、同僚からも尊敬されています。
それだけに「妻は自分に対して無償の愛を注いで当然である」という天才的な思い込みをしています。
それが妻に伝わり、妻は「夫は自分を理解しようとしない」と感じ、両者の距離は拡がっていくばかりです。

③夫妻で離婚を決意したとき、夫の両親がある提案をします。

それが今日のテーマの副題にもなっている「愛・40日の挑戦」です。
ご両親は熱心なクリスチャンなのですが、イエスの話を息子にする度に「僕には宗教は必要ない」と冷たく拒絶されていたのです。
今回はいつもとは違う提案をしました。
それは一日に一つだけ愛の実践をするというものでした。
お父さんから息子に渡されたノートには、一日に一つの具体的な愛の実践が書かれていました。

そのノートは実はご自分が離婚の危機にあったとき、息子の父である夫が、妻に対して行った愛の実践を記録したものだったのです。
そのノートを息子に渡しながら、お父さんは「40日だけ私の言うことを聞いてほしい。」と懇願します。
実は離婚したくなかった息子は、しぶしぶながら、この提案を受け入れます。

④さぁ、どんな奇蹟が起こったのでしょうか?

40日間これでもかというぐらい、愛の実践をするのですが、いったん不信感を持った妻の心を癒すのは簡単ではありません。
挙げ句の果ては、財産分与をしないつもりではないかと疑いを持たせてしまいます。
あとは映画を見てのお楽しみということで、ここまでにしておきます。

⑤この映画見て思ったことは、「なんだ。アメリカ人も日本人も同じじゃないか。少しも変わらない人間の姿が描かれている。」ということでした。

この奥さん役の女優が日本人のような顔をしているので、見ていて何か日本映画を見ているような感じにもなりました。

◎この映画をアメリカの地方の小さな教会が作ったということにまず驚きました。
それとともにアメリカ福音派教会も捨てたものではないという感想を持ちました。
どうぞ、皆さんもご覧になってください。
号泣すること請け合いです(笑)。
また、現在苦しみを抱えておられる御夫婦にも見ていただきたい映画です。

(ありのパパは近所のtsutayaで百円でレンタルしました。)

スポンサーリンク