ありのままのあなたで良い

人が変わるためには、どうしても「あなたはそのままでいい」と言ってもらうことが必要です。
「変われよ」と言っている限り、人は変わらないということを知らなければなりません。
そこで今日は聖書から、変わらないといけないと思っていた人が、変わらないで良いと思えるようになった実例を、皆さんとご一緒に見ていきたいと思います。

①二千年前にユダヤのある地方に、マルタとマリアとラザロという三人の兄弟がおりました。

マルタは働き者で、段取り上手であり、考えるより体が先に動くという性格でした。
マリアは、内省的であり、感情の動きを大切にする人でした。
ラザロは、いったんは病気になり死にますが、イエス様によって生き返らせてもらった人です。
イエスはこの三兄弟と仲が良かったようです。[ルカ10:38~42]

②イエスをお迎えして食事の支度をするマルタですが、マリアは相変わらずボォ~っとしてイエス様の膝元に座り込んでイエス様のお話に聞き入っています。

マルタはこの光景を見ていると、段々とむかむかしてきて、遂に堪忍袋の緒が切れてしまいます。
「私がこんなに一生懸命働いているのに、妹のマリアが何にもしないことを、あなたは何とも思わないんですか。キィ~!」
おぉ~、イエスを信じていても本音でイエスにぶつかるマリアのたくましさに圧倒されます(笑)。
もしマルタが日本人クリスチャンのように(笑)、自分の不満を口には出さないで、内心むかむかしているだけであり、イエスがいなくなってから他の人にマリアの悪口を言うのであれば、このような体験をすることはあり得ませんでした。

③イエスは(多分)苦笑しながら優しくマルタを教え諭されます。

「あのねぇ。大事なことはそんなに多くないの。いや、大切なことは只一つだけなんだよ。」
イエス様が素晴らしいのは、「食事づくりなんか後回しにして、俺の話を聞けよ」などとは申されなかったことです。
このことはマルタに「では、どうすることが最善なのか?」という問いを投げかけました。
そして自分なりの答えを出すことをイエスは求められました。
またマリアにとっても、イエスのこのお言葉は解放されるきっかけになったと思います。
それは多分普段から姉のマルタに「あなたは本当にのろまね。どうしてさっさと動けないの」と言われていたかもしれないからです。

④弟のラザロが病気で死んでしまい、死臭が匂うようになった段階で、イエスによって生き返らせられました。 [ヨハネ11:1~44]

人は大きな出来事が起きると、些細なことには構わなくなるものです。
人がどうして自分や他人の行いに拘るかと言うと、それは人間の行いが、全てを決定すると間違って思い込んでいるからです。
マルタは目前で死人の生き返りという圧倒的な奇蹟を体験しました。
しかもその前には、イエスに「もしあなたが信じるなら、あなたは神の栄光(圧倒的な奇蹟)を見ると、わたしは言ったではないか」と駄目だしをされているのです。
このことによってマルタは、行いは二の次の問題であり、一番大切なことは信じることであるのを肝に銘じたに違いありません。

⑤イエス様が十字架にお掛かりになる一週間前に、もう一度マルタ達の家を訪問なさいました。[ヨハネ12:1~8]

イエスから教えと奇蹟をいただいて、マルタとマリアはどのように変わったでしょうか?
それが笑えるぐらい全然変わっていないのです。
マルタは相変わらず、食事の席で給仕をしていました。
ラザロは末っ子らしく、イエスとご一緒に食事の席に着いていました。
マリアはと言えば、超ウルトラビックリの行動に出ます。
なんと高級品の「ナルドの香油」をイエスの足に塗り、それを自分の髪の毛で拭いたのです。
「塗り」とありますが、香油の量は300gであり、実際には「イエスの足にぶっかけた」というのがふさわしいと思います。
それで香油の香りが部屋一杯に拡がったのでした。

⑥しかし目には見えない真の変化が、この三兄弟のうちには起きていました。

それはマルタの心の中には、
a.マリアを裁く心が無くなったこと。
b.行いと共に、信仰が大切であるというバランスの取れた理解を持つようになったこと。
c.全てのことは神が支配されておられるのであり、今の目の前の出来事には必ず意味があるという理解を持つようになったこと。

⑦マリアの心の中には

a.「私は私のままで良い」という納得を持てるようになった。
b.「大切なことは只一つ」とイエス様に言って頂いたことによって、どこに焦点を当てれば良いのかが明確になった。
c.人から非難されなくなったので、抑圧されずに自分らしさを発揮するようになった。

◎人が変わらなくて良いということを悟るには、三つのステップがあります。
一つ目は本音で生きるということです。
二つ目はイエスから教えられることです。
三つ目は体験です。
この聖書の方程式を忘れずに生きていきたいものです。

スポンサーリンク