映画「送り人」の原作者のこと

以前、「送り人」という映画がヒットしたことがありました。
今日はその映画の原作者である青木新門さんのお話です。

青木さんは小説家を目指しましたが、事業に失敗してしまい、夢は挫折しました。
それで食べていくために、アルバイトを募集していた葬儀社に勤めることにしました。
その当時、青木さんの住んでいた地方では、死者の衛生を保つ作業は親戚・家族の者が行い、葬儀社の人間は手を貸しませんでした。
しかし、酒に酔った親戚の者が馴れぬ手つきで行う、死者をきれいにする作業を見ていられず、青木さんは手伝いを始めたそうです。
それがいつしか評判となり、その葬儀社の社長から「君は死者の衛生を保つ仕事だけをしてくれれば良いから」と言われ、会社の中で特別扱いをしてくれるようになりました。
それにもかかわらず青木さんには悩みがありました。
それは葬儀の仕事にかかわっているというだけでも快く思わない人がいるのに、その上、納棺夫(死者の体をきれいにする人のこと)をやっていると言えば、何を言われるか分からないという恐れでした。
それで妻には「結婚式場に勤めてる」と嘘を言いました。
しかし人の目は誤魔化せないもので、いつしか「青木は納棺夫の仕事をやっている」という噂が立ち、友人は皆いなくなったそうです。
そして親戚代表のおじさんまでもが、青木さんの自宅に怒鳴り込んで来ました。
このおじさんは、両親を早く亡くした青木さんの親代わりとして、青木さんを大学まで上げてくれた人でした。
「このやろ~!お前を大学まで行かせたのは、納棺夫をさせるためではない。この親戚の面汚し!」と口をきわめて罵りました。
その時、青木さんは「もしそばに金槌(かなづち)があったら、おじさんを金槌で殴り殺していたかもしれない」と言っておられます。
このようなことがあり、青木さんはご自分の仕事に誇りを持ちながらも、街を歩くと顔を知った人に出会うのでないかとビクビクし、実際に出会うと物陰に隠れました。

このような青木さんでしたが、三つの出会いによって人生が全く変わってしまいました。

①あるお宅で納棺夫の仕事をしていると、それを見ていた体の不自由な別のお年寄りが、這って青木さんに近づき「先生、私の時もお願いします」と言われました。

これは青木さんの仕事ぶりに感動したお年寄りが、自分の葬式の時も頼むと言われたのでした。
青木さんは「それまでは肩身の狭い思いで仕事をしていたのに、『先生』と呼んでもらい、葬式の予約までしていただいて、仕事に対する認識が全く変わってしまいました。」と言っておられます。
この出来事によって、青木さんは世間への劣等感から解放されたのでした。

②初恋の人のお父さんの葬式を手伝った時のことです。

その彼女からは幾度となく「父に会ってくれ」と頼まれていましたが、その願いを叶えることなく恋は終わりました。
そのため青木さんは、気まずい気持ちで、そのお宅に伺ったのです。
そして彼女のお父さんの亡骸(なきがら)をきれいにしてあげていると、気づくと自分のかたわらにその彼女が座っているではありませんか。
納棺夫の仕事は重労働ですから、額から汗が流れ落ちます。
その度毎に、彼女は自分のハンカチで青木さんの額の汗を拭(ぬぐ)ってくれたそうです。
その時青木さんは「自分は『父に会ってくれ』という彼女の願いを叶えてあげることは出来なかった。しかし今、父の亡骸に自分は対面している。その光景を彼女は見て、どんな気持ちであることだろうか。」と思いました。
誰にもありのままに受け入れられなかった青木さんですが、元の恋人には敬愛の情を持って、存在の全てを受け入れられたことを感じたのでした。
それで青木さんは、他人が自分を受け入れてくれないとしても、自分は自分自身をありのままに受け入れようと決心なさったのでした。

③自分を罵った親戚のおじさんが末期ガンになり、病床に臥せっているとの知らせが届きました。

その時青木さんは「ざまあみろ」と思いました。
しかし東京の大学に通っていた時、済む場所を提供してくれた別の親戚のおばさんから電話があり「あなたはなんて恩知らずなの」と叱られ、仕方なく病院にお見舞いに行きました。
その時、「意識不明だったら話をしなくても良いのだが」思った青木さんですが、何と運悪く(?)自分が見舞いに行くと同時に意識が回復したそうです。

するとおじさんは目に涙を一杯ためながら、動かぬ体を精一杯動かし、手を青木さんに差し出します。
そして口を何やら動かしています。
そばにいた、おじさんの奥さんに「なんて言っているのだろうね?」と聞くと、「『ありがとう』って言っているのよ」と言うではありませんか。
その言葉を聞いた途端、青木さんの目からは涙が滝のように流れ出し、その場に座り込み、土下座しながら「おじさん、ごめん。赦してください。」と言い続けたのでした。

自宅に戻ってくると同時に、おじさんの奥さんから「あなたが病室から出て行ってすぐに、夫は亡くなりました。生きている間に会いに来てくれてありがとね」という電話がありました。
青木さんは「生きている間に会うことが出来て良かったのはおじさんではなく、私の方です」と仰います。
なぜならおじさんに会うまでは、自分自身のありのままを受け入れるところまでは出来ていたのですが、人への恨みからは解放されていなかったからです。
それがおじさんの『ありがとう』という言葉を聞いて、「人を赦すなどとは、おこがましい。むしろ赦されなければならないのは自分の方である」という思いに立ち返ることが出来たのでした。

◎青木さんはこれらの出来事を通して、一度は諦めた小説家への道をもう一度歩み始めます。
そして「納棺夫日記」という小説が出版されることになりました。
これが映画「送り人」の原作となった「納棺夫日記」作者の青木さんの物語です。

青木さんの物語は大切な三つのことを私たちに教えています。
①劣等感から解放されるべきこと。
②自分自身をありのままに自分が受け入れるべきこと。
③人を赦すべきこと。
私たちもそのような人生を歩んでいきたいものです。

スポンサーリンク