漫画のような人生にならないために『自我の磔殺』を正しく理解しよう

キリスト教の教えの中に自我の磔殺(たくさつ)というものがあります。
この教えも多く誤用されてきました。
キリスト教の各教派ごとに「自我の磔殺」の理解は異なります。
それでこの記事ではカウンセリング視点で考えてみることにします。

1.自我とは何か?

自我とは何かという理解がまず第一に大切です。
そうしないと各々が理解している「自我理解」を振り回すだけで、結局何にも分からないままということになりかねません。

①心理学的理解

心理学でいう自我とは知性・感情・意志の総体です。
言ってみれば[私が私であること]ということになります。
もしこれを十字架に付けるということになると大変なことになります。

なぜならこれはロボットになることを意味するからです。
若いときのありのパパはこのような理解をしていました。
それでどんな小さなことでも祈って神の御心を仰いで決断しようとしました。
ある人は「何と、敬虔な!」と言われるかもしれません。

しかしそうではありません。
神は人に自由意志という賜物をお与えになりました。
ですから神が与えたものを投げ捨てるようなことをしてはなりません。
またこれがカルト教会における盲従・隷従の原因になっているのです。

②日常生活における理解

普段の生活で「あの人は我が強いね」と言うことがあります。
この場合の「我が強い」とは、独りよがりとか、他人のことを考えないとか、今流行りの言葉で言えば「自己中」ということです。

この理解だと①の理解よりはまだ聖書の理解に近いと言えます。
しかしこの理解の致命的弱点は、我が強いというのを誰が決めるのかというと周りの人々が決めるところにあります。
例えば強い意志をもって神に従おうとするとき、当然周りからは「あなたは我が強い」と言われるでしょう。
もし我が強くなければノアは箱船を造ることが出来なかったでしょうし、ヨセフもポティファルの妻に言い寄られたとき、その誘いを断固として拒絶することはなかったでしょう。

聖書に登場する人物はみな超ウルトラ頑固者と言わなければならないような人ばかりです。
もし人の目を極端に恐れる日本社会で、我が強いということが聖化と結びつけて考えられるなら、クリスチャンはみな空気を読むしか取り柄がない臆病者になるほかはありません。

③聖書はいかなる意味で自我の磔殺という言葉を使っているか?

聖書で自我の磔殺の教えを最も明確に記している個所はガラテヤ書2章20節です。
この箇所を読むときはガラテヤ書の初めから終わりまでを通して読むことをお勧めします。
そうしないと聖書を読んでいるように見えて実は自分の思い込みを聖書に投影させているだけになる危険があるからです。

パウロは『私はキリスと共に十字架に付けられました』と言いました。
しかし十字架体験の後もパウロは超ウルトラ頑固者でしたし、誰の指示にも従いませんでした。

ペテロやバルナバはエルサレムからユダヤ人クリスチャンがやって来ると異邦人との交わりから手を引きました。
どうしてかと言うと空気を読んだからです。日本人みたいですね(笑)
しかしパウロは空気を読まない人でしたので、ペテロやバルナバを会衆の面前で激しく非難しました。

自我の磔殺を熱心に説く教会では、このようなパウロの行動をどのように理解しているのでしょうか?
自我の磔殺を説いている第一人者がこの有り様なのです。

ここまでで賢明な読者の皆さんはお気づきになられたと思いますが、自我の磔殺の教えは聖書の元々の意味から離れたところで誤用されている最大のものであるということです。
では聖書が言っている自我の磔殺とはどのようなものでしょうか?

2.カウンセリングと自我の磔殺

①アダルトチルドレンが自我の磔殺の教えに接すると過敏に反応する

なぜ過敏に反応するかというと小さいときから不全感に悩んでいるので[完全になる]という教えに飛びついてしまうのです。

しかし問題は不全感を解消することではなく、不全感をもたざるを得ない環境にあったということに気づかないといけません。
しかし中々これは難しい問題です。

なぜなら心の中で常に「自分がもっとしっかりしていたら、こんなことにはならなかった」という呪いの言葉がグルグル回っているので「自分が変われば全てが変わる」と本気で思い込んでいるからです。
真実は「あなたが変わっても変わるのはあなただけ」なのです。

②カルト教会と自我の磔殺の教えの関係

カルト教会でおなじみなのが悪霊追い出しです。
何でもかんでも悪霊のせいにして思考が麻痺するまで悪霊追い出しを会員にやらせます。
そうして洗脳人間が出来上がるというわけです。

その次にカルト教会が利用するのが自我の磔殺の教えです。
会員が反抗的態度をとると「自我が死んでない」と言って責めます。
自我が停止するまで責め抜きます。
このような話をカルト被害者から聞くと、ありのパパなどはそのカルト教会の牧師に「自我が死んでないのはお前だ!」と言ってやりたい気持ちになります(笑)。

3.健全な自我の磔殺の教えとは?

①自分をありのままで受け入れる

パウロはガラテヤ書の冒頭から「あぁ、愚かなガラテヤ人。あなたがたは霊で始めたのに、今になって肉によって救いを完成させようとするのか?」と激烈な言葉でガラテヤ教会の人々を非難します。

霊で始めたとは福音を信じることによって価なしに救われる道であり、肉によって完成させるとは律法を守ることによって救いを自力で獲得しようとする道です。

人の目からは賢く見える[律法を守る道]は自分を叱咤激励して「ここまで出来たら合格、出来なかったから生きている資格なし」という自分をありのままに受け入れない生き方です。
人にはこのような自力救済の欲求があります。
パウロはこのような欲求を十字架に付けたと言っているのです。

②人々をありのままに受け入れる

パウロはこの経験をしたことによって、人を人間的な尺度で見ることを止めたと記しています。
これは人々をありのままに受け入れるようになったということです。
「どんな道徳的な問題があっても関係ない。イエスが十字架で救いを提供してくださったのだから」

自分のありのままを受け入れ感謝して生きていく道を選び取った人は、隣人をもありのままに受け入れる生き方へと進んでいきます。

③人間的感情が豊かになる

自我の磔殺を間違って理解した場合[自我が磔殺された人]を演じるようになります。
人は怒ったり、笑ったり、泣いたりする感情的存在ですが、感情を表に出すことに罪悪感を感じるようになります。
それで感情の表出が乏しいマネキンのようなクリスチャンが出来上がることになります。
このように感情を抑圧する状態が長期間にわたって続くと鬱(うつ)病の温床となります。

聖書的な自我の磔殺の教えを正しく理解したクリスチャンは、自分をありのままに受け入れますのでどんな失敗も恐れません。
なぜなら自分の救いは自分の行いとは関係がないということを知っているからです。

自我の磔殺の教えは聖書の大切な教えの一つです。
私たちお互いは自我の磔殺の真の聖書的理解とは何かを考え求めていきたいものです。

◎平安と祝福を祈っています。

どうぞコメントをお残しください。初めてコメントなさる方は必ず自己紹介をお願いします。自己紹介のないコメントを承認することはありません。詳しくはメニューの「コメントしてくださる方へ」をご覧ください。