一生、理想体型で生きる!(その4)

当ブログの読者の方が3ヶ月で10キログラムの減量をなし遂げられました。(大拍手!)
「始める時には、これだけしか食べられないのぉ~と大変不安」だったそうですが、始めてみると順調に体重が減って行ったそうです。

四群点数法を用いたダイエットが他と違う優れた点は、ダイエットしながらも毎日完全栄養を達成することが出来ることです。
またダイエット中に学んだ四群点数法をダイエットが終わったあとも、続けて実行するなら、文字通り死ぬまで理想体型を維持することができるばかりでなく、人生を健康に生きることが可能となります。

今日は皆さんとご一緒に、歳をとっても若々しくいることのできるコツを考えてみたいと思います。

1.一日断食

①興味深いことですが、同じ体重であっても、少しずつ痩せて行っているのか、少しずつ太って行っているのか、それとも現状維持なのかで、体つきから受ける印象が違います。

これはなぜかと言うと、減量中は体内の免疫システムが活性化するからです。
いつもは体内に取り入れられている栄養が、少なくなってしまうと体は「これは大変だ」ということで防御システムをフル回転させます。
これが断食中は風邪を引かない理由であると言われています。
「死なないぞダイエット」で有名なNHKの試してガッテンのディレクターである北折一さんは、研究のためにわざと5㎏太っては痩せるということを何回も繰り返したそうです。
それで多くの気づきが与えられ、成功率が驚異的に高い「はかるだけダイエット」を考案されました。
もちろん一般人がこのようなことをするのは健康に悪影響があります。

②しかし少し太って、その分だけダイエットすると言うのは、案外効果的な方法のようです。

ありのパパは一週間に一回、一日断食をしています。
一日断食と言っても、朝食と昼食を抜き、軽めの夕食をとるという方法です。
また筋肉の減少をくい止めるために、プロテインを朝に飲みます。

③ありのパパは一週間に一日だけは好きなものを好きなだけ食べてもよい日としていますが、一日断食はこの好きなだけ食べた日のカロリーをチャラにしてくれます(笑)。

2.四群点数法

①少食断食とは?

少食断食とは、断食運動の指導者である甲田光雄先生が、断食をして病気が治っても、断食を終えて普段の生活に戻ると病気がまた悪くなるという多くの人々に接した結果、産み出されたものです。
甲田先生は、数ある断食の中で少食断食が最も健康に有益であると述べておられます。

キリスト教の断食運動の指導者たちを見てみると、非常に太っている方が多いです。
そして(寿命もあるかもしれませんが)一般的に言って、短命です。
これの理由は、やはり日常生活における節制に失敗しているということだと思われます。

②完全栄養を毎日達成することの大切さ。

甲田先生は西式健康法の信奉者であられます。
西式健康法には、現代の栄養学から見ると間違っている部分も多くあります。
しかし甲田先生は医師であられることから、西式健康法からエッセンスの部分だけを取り出し、患者の皆さんには栄養学の上からも合点の行く指導をされています。
患者さんの食事のレシピを見ると、四群点数法の食事そのものでした。

少食を実行すると、栄養失調になる恐れがあります。
これを防ぐためには四群点数法を実践することが必須であると思います。

③九九を覚えられた人は誰でも四群点数法を実行できます。

さて、この四軍点数法ですが、自分が食べる食品の一点(80kcal)あたりの重量を覚えなければなりません。
普通の人が日常生活で食べるものなどは、だいたい決まったものばかり食べているわけですから、覚えきれないほど多いということはありません。
九九を暗記できた人なら、だれでも食品重量を覚えることが出来ます。

3.日常ながら運動

①筋トレしないでダイエットだけしているとどうなるか?

ありのパパのように、腰痛で苦しむことになります(爆)。
今は読者様に教えていただいた、入浴前に腹筋運動をやっています。
風呂に火をつけて沸くまでの30分を腹筋運動に当てています。
中々習慣化することに難儀を覚えていますが、やりとげなければ寝たきりは目の前であると肝に銘じています(笑)。

②日常ながら運動とは、自重(自分の体重)を利用して行う筋トレのことです。

朝起きたときに、腹筋以外の部分の運動をしています。
見よう見まねで、体のあちこちを鍛えています。
これは約12分です。

③ウォーキングも併用しよう!

ウォーキング20分でお茶碗軽く一杯分のカロリー消費があります。
ですからカロリーを消費しようと思うなら、歩くことです。
またウォーキングは下半身の筋肉を鍛えるのに有効です。
ありのパパは下半身は筋トレしていません。
ウォーキングに任せきりです。
それでも自分で言うのも何ですが、「引退した競輪選手」(爆)ぐらいの筋肉が足についています。

◎「歳をとったら体のどこかが病気になるのはしようがない」と言う人がおられます。
しかし、そうではありません。
何歳になろうが、天国に移される前日まで健康に生きることが出来ます。

スポンサーリンク