褌生活のメリット

ありのパパはぎっくり腰予防のため、褌を締め始めました。
それで長い間、ぎっくり腰にならなかったので安心していたのですが、遂に2年8ヶ月ぶりにぎっくり腰を再びやってしまいました(笑)。
しかし褌を締め始める以前は半年毎にぎっくり腰をやっていましたので、考えようによっては、まずまずの成果であるとも思います。
それで今日は褌を使った日常生活のメリット・デメリットについてお話したいと思います。

スポンサーリンク

1.褌をコルセットの代わりにするメリット

①装着しても、目立たない。
「ありのパパさん、腹出てますよ。」
えぇ?鏡を見てみますと確かに腹が出ているように見えます(泣)。
コルセットは確かに効果がありますが、夏場ですと不格好であることは否定できません。
褌ですと、薄いですから目立ちません。

②夏の間、蒸れない。

六月の梅雨の季節に始まって夏の間は、お腹は蒸れるし、痒いはで、リトル生き地獄(笑)の様を呈します。
これが褌ですと、元々さらしで出来ていますから、蒸れることもありませんし、汗で濡れてもあっと言う間に乾いてしまいます。

③屈(かが)むのがラク。

コルセットですと、屈むたびに「どっこいしょ」となります。
褌ですと、意識することなく屈むことが出来ます。

④一日中、付けていられる。

コルセットを付けているとストレスがどうしてもたまりますから、仕事などが終わると取ってしまいがちになります。
褌ですと、当たり前のことですが、一日中付けていられます。

⑤ウォーキング中にも装着可能。

ウォーキングもスポーツの一種ですから、コルセットを付けてウォーキングしていると、汗でお腹の当たりが大変なことになります。
また腰を圧迫していますから、スポーツとしてウォーキングするのに不都合を感じます。
褌ですと、心持ちしっかりと締めることにより、ウォーキングをしても緩んだりすることもなく、しっかりと腰をサポートしつつ、腰の自由な動きを阻害しません。

2.その他のメリット

①経済的である。

コルセットは何千円もします。ありのパパのときは保険が効かなかったからです。
それに比べて晒(さらし)で作る褌は、とても安くつきます。
晒一反(いったん)は約五百円から八百円の間です。
一反で3枚から4枚作れますから、一枚あたり131円から280円ぐらいということになります。
もちろん晒ですから、耐久性は余りありません。(とは言っても一年ぐらいは余裕でもちます。)

②粋である。

この問題は微妙ですが(笑)、ありのパパは日本男児が褌を締めるのは粋であると思います。
粋とは、広辞苑によると「さっぱりとして、あかぬけており、しかも色気をもっていること」とあります。

③前立腺疾患予防に効果がある(らしい)。

中高年になるとすべての男性が罹患しやすくなる前立腺疾患というやっかいな病気があります。
前立腺は二つあり、一つが病気になると前立腺肥大になり、もう一つが病気になると前立腺ガンになるのだそうです。
肩を揉むように前立腺を揉むと良いそうです。
とは言っても、そんなことを日常的にやるのは無理がありますが、褌ですと、褌が自然に前立腺の部分を押圧してくれます。
特に座位の姿勢をとるときに、背筋を真っ直ぐに伸ばして座ると、丁度前立腺が体の真下に来るようになります。
ですから褌を締めていると、座ったときの姿勢も良くなるという寸法です。

④いびき防止に効果的。

上向きで寝ているときに舌が器官をふさぐことによって、いびきをかくことになります。
褌を締めて上向きになると、褌が体と布団の間に挟まって、違和感を感じるので、寝ている間も横向きで寝るようになります。
横向きで寝ているときは、いびきをかかないというわけです。
ただしずっと横向きで寝ていると、五十肩の人は症状を悪化させることがありますから注意が必要です。

3.デメリットと考えられること。

①締めるのに時間が掛かる。

パンツを履くのは数秒で済みますが、褌を締めるのは数秒というわけにはいきません。
毎日褌を締めているありのパパの場合ですと、3分以内で締めることが出来ます。
一日に一回、風呂上がりに褌を締めますが、まぁ一日3分なら許容範囲ではないでしょうか。

②トイレのとき不自由ではないか。

これは予想を覆して、全く不便ではありませんでした。
パンツはずり下げなければなりませんが、褌は横にずらすだけで済みます。

③パンツのゴムのように伸びたり縮んだりしないので、食後に窮屈ではないか。

確かにそれはあります。
しかし考えようによっては、苦しくなるまで食べ続けないようにするために、褌は有効であるとも言えます。
ですからダイエットには最適です。

◎どうでしょうか?こんな素晴らしい褌をあなたも締めてみませんか?

スポンサーリンク

コメント

  1. martialalchemy より:

    はじめまして,六尺の褌常用化への道を歩みつつある40歳男です。

    小生も褌の効能はある程度把握していましたが,前立腺関係は知りませんでした。奇しくも40歳を超えると前立腺にいろいろ問題が生じてきます。

    今後は六尺褌一本槍で生活をしていく決意であります。

    • ありのパパ より:

      こんばんは、martialalchemyさん。
      初めてのコメントをありがとうございます。

      私は腰痛の症状が出ているときに褌を簡易コルセットとして締めています。

      これからもよろしくお願い致します。