ガンにならない10カ条

以前ご紹介した「ガンになっても大丈夫」の本が反響を呼んでいるようです。(これは題名ではありません。本の帯に印刷されていたキャッチフレーズです。)
それだけではなく、「頑張らない生き方シリーズ」で有名な鎌田實(みのる)先生などとの連携が進んでいるようです。
そこで今日は皆さんとご一緒に、ガンにならない生き方・ガンになってからの生き方を考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

1.ガンにならない生き方

以下は日本がんセンターが斉唱する「ガンにならない十カ条」です。

①カビの生えたものを食べない。
②塩辛いものを食べない。
③脂肪分の多いものを食べない。
④熱過ぎるものを食べない。
⑤食べすぎない。
⑥同じものを続けて食べない。
⑦タバコを吸わない。
⑧酒を飲みすぎない。
⑨日光に当たりすぎない。
⑩皮膚を清潔にする。

2.ガンになったあとの生き方

以下は下記に記してある著書からの抜き書きです。
ガンになったら、まずやるべきことは免疫力のアップだそうです。
その視点から著者は書いています。

①水を一日に2ℓ飲む。
②玄米食の実行
③野菜・納豆・ナッツ類を食べる。
④健康散歩をする。(一週間に合計して3時間)
⑤毎日20分以上、ぬるま湯につかる。
⑥体を冷やさない。
⑦一日に何度か、へその周辺を温める。
⑧どんな時間帯であっても、眠いときにはしっかり睡眠を取る。
⑨癌細胞を打ち砕くイメージを持つ。
⑩医師の発言や検査結果に一喜一憂しない。

3.どんな生活習慣が良いのか?

①四群点数法の実行

仕方ないこととは思いますが、「食べすぎないように」と言われても、ではどれだけ食べれば食べ過ぎになるのかを知っている人は余りいません。
これに対して四群点数法は明確に、「何を」「どれだけ」食べれば良いのかがはっきりしています。
しかもこれを実行すると、完全栄養を達成できるのです。
多くの人がダイエットのために少食を実行しますが、やみくもに実行するために栄養が偏り、栄養失調の人が増えているといいます。

個人的なことですが、ありのパパは腰痛のために腹の脂肪を取るために、この一ヶ月の間、四群点数法を用いたダイエットを行いました。
その結果、体重は1.5㎏減少しましたが、ウェストは5.2cm細くなりました。
要するにほとんど筋肉・骨・血を減らさずに、脂肪だけを減らすことが出来たというわけです。

四群点数法を実行すると、日本がんセンターが斉唱する「ガン予防十カ条」の1から6を守ることが出来ます。

②玄米食か、それとも胚芽米か?

「ガンになっても大丈夫」の本では、玄米食を進めています。
しかし栄養学では、玄米は消化吸収が悪く、腸への負担も大きいため、勧められていません。
代わりに胚芽米が勧められています。
胚芽米は栄養面では玄米に近く、消化吸収の面では白米と同様です。

ありのパパはもう何十年も白米を食べていません。
玄米の香ばしさも捨てがたいですが、腸への負担を考えて胚芽米を食べています。

③散歩のとき、交通量の多い幹線道路を避ける。

車の排ガスを吸いながら散歩すると、肺ガンになる危険性が飛躍的に高くなります。
ですから絶対に幹線道路を使って散歩をしないことです。
幹線道路から一つ脇道にそれるだけでも、排ガス濃度は全然ちがいます。
今の時代の携帯電話にはGPSが付いていますから、その機能を利用して住宅街の小さなくねった道を利用することです。

ありのパパは、なるべく川に沿った道や、樹木がうっそうと茂った道を、散歩するようにしています。
あらかじめ、どこに行くか分かっているときは、パソコンで地図を調べて、小さな道ばかりを歩いて目的地に到着できるように計画しています。
地方に住んでいるからこそ出来ることだと思いますが、一歩奥に入ると「ここはトトロが住んでいる町ではないか?」と思えるような住宅街の一画に出会うことがあります。
そんなとき、何か懐かしい気持ちにさせられます。

◎今の時代は、誰がガンになっても少しも不思議でない時代です。
その時に備えておくことは、誰にとっても大切なことです。