無力を認め続けるには?

信仰というものは、自分の無力を認めるということを前提としています。
しかし人間が罪深いのか、サタンの仕掛ける罠が巧妙であるのか、私たちは時々自分が無力であることを忘れてしまいます。
それで手痛い失敗をしてしまったあとに、正気に戻って「何が悪かったのか?」と考えてみると、どうやら自分が無力であることを忘れていたという事実に気づきます。

それで今日は皆さんとご一緒に、どうしたら無力を認め続けることができるかを考えてみたいと思います。

1.無力ということを漠然とではなく、具体的に明らかにする。

①どんなことに無力なのか?

クリスチャンの決まり文句に「罪深い存在です」というのが、あります。
ありのパパはこの文句を聞くと、胸くそが悪くなります(笑)。
なぜならこの様なことを言う人に限って、実際は自分が罪人だなどとはちっとも思っていないことが多いからです。
本当に自分のことを罪人であると思っている人は、「ではどういう点で無力を感じますか?」と聞かれたら、即座に「はい、私はこのことにおいて無力です」と答えることが出来ます。
皆さんは、如何でしょうか?

②無力でないことはあるのか?

これも良くあることですが、「すべてに無力です」と平気で答える人もおられます。
これはふざけた人であるか、一度も自分自身の罪性に向き合ったことのない人です。
神の御心に従おうとする人なら、誰でも自分が自力で出来ることと、神の助けがなくては出来ないことの区別を知っているものです。

たとえばありのパパの場合ですと、ダイエットは普通に実行できます。
別段、祈ろうとも思いませんし、神の力を借りようとも思いません。
しかし雑事の処理については、段々積み上がっていく雑事の山を目の前にして「神様、助けてください。私は無力です。あなたのお力をください。」と祈らなければ、実行することが出来ません。
このように人は誰でも、強みと弱みを持っているものです。
そしてその弱みが致命傷とならないように、神の力をいただかなければならないのです。

③自分の弱点を具体的に知っていることが重要です。

アルコール依存症の人は、酒を売っているコンビニに立ち寄ることはありません。
なぜなら習慣的にそのコンビに通っていると、いつかはアルコールを買ってしまうときが来るかもしれないからです。
このように自分の弱点を具体的に知っている人は、自分の無力を忘れにくいと言えます。

2.一日を始める前に、無力であることを告白し、神の助けを求める。

①主の祈りを用いる。

主の祈りの中に「私たちを誘惑に会わせず、悪(しき者)からお救いください」という祈りがあります。
毎日、この祈りを唱えることです。
呪文のように、早口で唱えるなら、何の意味もありません。
一言一言、味わって、意味を考えながら、祈ることです。

②12ステップを用いる。

12ステップの1は無力を認めること、2は神様なら自分を救うことが出来ると信じること、3は自分の意志と生き方を神の御心に委ねる決心をすることです。
この12ステップの1から3までを毎日黙想します。

③平安の祈りを用いる。

平安の祈りとは、神学者のニーバーによるものです。
「神様、変えられるものと変えられないものを見分ける洞察力をください。そして変えられるものは変えていく勇気を、変えられないものは受け入れていく心の平安を与えてください」
この祈りを毎日祈ることです。

3.無力であることを忘れそうになったとき、どうするか?

①祈る前に、何かをやろうと考え始めたときが危険。

無力であることを忘れる前の兆候があります。
それは座り込んで祈ろうとする前に、「あれ、やっとこ!」と思い、祈り以外の何ものかをしようとすることです。
そうなったら、私たちは敗北の一歩手前にいると気づかなければなりません。
「危ない、危ない。サタンにやられるところだった」と膝をかがめ直して、祈り始めることが出来るなら幸です。

②12ステップのステップの4から先をやる。

もしあなたが12ステップの1から3だけをやって、4以降をやらないなら、それは念仏を唱えているのと同じです。
またカルト教会の信徒がカウントしながら「サタンよ、出て行け!」と叫ぶのと変りありません。
またカトリック教徒が数珠をくりながら、同じ祈りを多く繰り返すのと同じです。
何の効果もありません。

③自分自身を俯瞰(ふかん)して見る。

日常生活を送っていると、自分の人生を何年間かの単位で振り返ることは余りないかもしれません。
しかし意識して、救われてから今まで、転機的出来事があってから今までと、様々なスパンで自分の人生を俯瞰することが必要です。
振り返るとは、現在の地点に立って、過去を見ることです。
俯瞰するとは、ヘリコプターに乗って天高くのぼり、自分の人生を神の視点から見ることです。
そうしたとき、必ず自分の無力と神の力の偉大さを知ることが出来ます。
地上的視点でばかり自分の人生を見ていると、分からなくなることもあります。

◎無力を認め続けることこそは、祝福される人生の基礎です。
この部分が浸食されてしまうと、私たちの人生は砂地の上に建てた家のようになってしまいます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. めぐみ より:

    こんにちは。

    自分の無力を認める・・・

    私は本当に無力だと思います。
    聖書も満足に読めないし、お祈りもできない。
    気力も湧かない。
    だから今の教会が求めているようなクリスチャンにはなれません。

    でも子供が喜んで通っているので通い続けるしかない。
    教会には私の居場所は無い。

    なんか無限のアリ地獄みたい。

    すみませんコメントになっていませんね。

    今の私にできることは、神様助けてと心の中で叫ぶだけです。

    • arinopapa より:

      めぐみさん、こんにちは。
      コメントをありがとうございます。

      またコメントしてください。お待ちしています。