現代の依存症と聖書が教える罪の奴隷との関係を考える

ありのパパにとってはカウンセリングとキリスト教信仰は一体のものです。
しかし人によっては両者の関係が明らかでないという方もおられます。
そこで今日はカウンセリングで使う言葉と聖書が使っている言葉で、実は同じ意味で使われているものがあるのを見ていきます。
そうすることによって両者がいかに密接に結びついたものであるかが分かるからです。

1.罪の奴隷とは何か?

①自己撞着を起こしてしまう聖書箇所

聖書には『罪を犯し続けている者は皆、罪の奴隷です』[ヨハネ8:34]とあります。
この聖書個所は神学者が解釈するのに困難を感じるところです。

なぜなら人間であるなら「私は罪を犯していない」と言える人は一人もいないからです。
しかし救いとは罪からの救いであると、聖書ははっきり教えています。
とすると、この個所は釈義不可能な場所になるわけです。

②罪を犯し続けるとは、罪に支配されている状態

ある神学者は人は死ぬまで罪を犯し続ける存在であると言います。
しかしありのパパはこの意見は詭弁であり、誤謬であると考えています。
なぜならこの意見では救いは不完全なものであるという理解になるからです。

この神学に立つ人々は意見の不完全さを補うために神学的な補強をしておられますが、それでも十分であるとは言えません。
死ぬまで罪を犯し続けると言った途端に人はいともたやすく罪の誘惑に飲み込まれていくものだからです。

③聖書の教えを矛盾なく理解する釈義とはどんなものか?

現代の言葉で言えば、罪の奴隷とは何らかの依存症になっている状態を指しているのではないかということです。
この理解ですと罪の奴隷という言葉の意味が良く通ります。
確かにアルコール依存症者は酒の奴隷になっているのです。

2.罪の奴隷と依存症の関係

①罪の奴隷と依存症と悪習慣の関係とは?

気を付けないといけないのは、全ての人が罪人だからといって、全ての人が依存症であるわけではないということです。
また依存症になっていなくても、罪の奴隷であることには変りがありません。

しかし止めたいと思っても止められない悪習慣にとらわれている人にとっては、罪の奴隷という言葉の意味は説明不要なものです。
なぜなら「そんなことわざわざ言われなくても、自分の体で経験済み」ということです。

②昔なら当たり前だったことが次々と依存症リスト入り

以前なら依存症と言われなかったようなものが次々と依存症リストに加えられつつあります。

昔なら只の買い物好きとされるだけだったのに、クレジットカード限度額一杯まで買い物をし、クレジット会社から使用停止処分を喰らうような人々は現在では買い物依存症と呼ばれます。

また昔なら頑固親父がちゃぶ台をひっくり返すなどはありふれた光景だったのですが、今こんなことをやったらDV男と呼ばれます。

昔なら癇癪持ちは正義漢が強いからと言われましたが、今なら「突発性怒り症候群」というレッテルを貼られます。

依存症を当たり前のこととして見過ごしにする社会から、依存症を治療対象として考える社会へと変容しつつあるのが現代です。

3.ではどうしたら良いか?

①アルコホーリクス・アノニマスのこと

アルコール依存症者の自助グループであるAAは、クリスチャンであったにもかかわらずアル中から抜け出すことが出来なかった人々によって始まったものです。
自助グループは原則として無宗教ですが、これらのグループでは皆例外なく祈りで始まって、祈りで終わります。
ありのパパは「教会より教会らしい」と感じることもあるほどです。

自助グループに出席する人々はクリスチャンになる人が多いようです。
(ただしカトリックです。これはご自身がアル中になったカトリック宣教師が日本でAAを始めたことが強い影響を与えているのでしょう)

②自分が自分のままでいいと思えないクリスチャン

現代に生きるクリスチャンの大きな悩みは、自分がクリスチャンらしくないということではないでしょうか?
何か自分がしっくり来ないのです。
それで信仰の体験談を頼まれたりすると、しり込みしたり、「いや、お恥ずかしい」と言ってみたりします。
ありのパパなどは「何が恥ずかしいのか!言ってみよ」などと内心不愉快になることがあるのですが、そう言わざるを得ない気持ちも理解できます。

③演じるクリスチャン・頑張るクリスチャンから生かされているクリスチャンへ

演じるクリスチャン・頑張るクリスチャンから、生かされているクリスチャンになるためにはどうしたら良いでしょうか?

それはキリスト教入信後、12ステップなどを用いて自分の心を整理していくことです。

アダルトチルドレンならアダルトチルドレンのための12ステップがありますし、アルコール・薬物の依存症なら元祖のものを使うと良いでしょう。

皆さんは「クリスチャンが薬物依存だなんてあり得ない」と思うかもしれません。
しかしアメリカなどでは薬物に苦しむ沢山のクリスチャンがいます。
日本でも大麻汚染が深刻化しているのを見ても、この波が教会に押し寄せてくるのは時間の問題でしょう。
そうなってから、あたふたしないためにも今のうちにご自分で12ステップをやっておくことです。
そうしたら教会に依存症の方がやってきたとき、しっかりとした対応をすることが出来ます。

◎平安と祝福を祈っています。

どうぞコメントをお残しください。初めてコメントなさる方は必ず自己紹介をお願いします。自己紹介のないコメントを承認することはありません。詳しくはメニューの「コメントしてくださる方へ」をご覧ください。