キリシタンの宣教

日本の歴史上、唯一キリスト教文化が花開いた時代が、キリシタンによって宣教が行われた戦国時代でした。
1549年のフランシスコ・ザビエルによる宣教開始から、1587年のキリシタン禁止令が発布される38年間の短い間でしたが、最も活発な宗教勢力して活躍したのでした。
キリシタン禁止令は数回にわたって出されています。
初めの禁止令は、出されたものの実質的な宣教は禁止されていませんでした。
それが新たな禁止令が出されるたびにキリシタンへの包囲網が縮まっていきました。
聖職者が日本から一人もいなくなるのは1643年であると言われます。
ということは初めの禁教令が出てから56年間、弾圧と迫害に持ちこたえたと言うことになります。

キリシタンに関心のある人々が、様々な問題を投げかけています。
今日は皆さんとご一緒に、この問題を考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

1.なぜキリシタンへの迫害が始まったのか?

①イエズス会宣教師は宣教地の文化に配慮して奴隷を連れてこなかったが、あとからやってきたフランシスコ会宣教師は奴隷を連れてきた。

これがその当時、奴隷制度のなかった我が国の人々の目には、脅威に写ったのではないかと言う人がおります。

②神社・仏閣を焼き討ちしたことが、迫害が始まった原因であると言う人もおります。

③ゼウスへの絶対的な忠誠心が、当時の支配者には危険なものとして認識された。

当時、浄土真宗の門徒の一揆に手を焼いていた支配者は、浄土真宗以上に強い信仰心をキリシタン達が持っているのを見て、勢力がこれより大きくならないうちに根絶やししようとしたのではないか。

④これらの論を主張する人たちの前提は、キリシタンがもっとうまくやれば、こんなことにはならなかったという思い込みがあります。

しかしありのパパはそのようには考えません。
なぜなら迫害が起きたのは日本だけではなく、時代を超えて全世界で起きているからです。
上記の説明では、日本で迫害が起きた理由は説明できても、ではなぜ他の地域でも同じような迫害が起きているかを説明できません。
やはり聖書が教える通り、『キリストにあって敬虔に生きようとする者は必ず迫害を受ける』と考えるのが妥当だと思います。

⑤だからと言って、キリシタンが犯した失敗から何も学ばないで良いと言うわけではありません。

a.他の宗教との平和共存がうまく行かなかったこと。(神社・仏閣打ち壊しを阻止できなかったこと)
b.宣教地の社会制度を尊重しなかったこと。(奴隷を持ち込んだこと)
c.『神のものは神に、カイザルのものはカイザルに』という聖書の原則からの逸脱があったこと。

これらの事柄は現代のキリスト教宣教に対しても心しなければならないことを教えています。

2.キリシタンはなぜ根絶やしにされたのか?

①まず、はっきりさせておかなければならないことがあります。

それはキリシタン宣教は失敗ではなかったと言うことです。
当時60万~200万人いたとされるキリシタンの三分の一が殉教、もう三分の一は国外追放、残りの人々が隠れキリシタン(潜伏キリシタン)になったと言われます。
彼らは皆勝利者です。『死に至るまで忠実であれ』と聖書が教える通り、信仰を貫き通しました。

②ただ、他の諸国では何世紀にも渡って迫害が続くが、遂にキリスト者が多数派を占めるに至ります。

我が国では、そのようにはなりませんでした。
これの原因を分析することは、現代のキリスト教会にとっても有益だと思われます。

③再臨信仰で有名な森山諭牧師はご自身の著書の中で「暴力をふるったことが迫害に抗することの出来なかった最大の原因である」と書かれました。

(亡くなられて何十年も経ちますので実名とさせていただきました)
この説が正しいとすると、キリシタン達は神社・仏閣を打ち壊したことを最後まで悔い改めなかったことになります。
果してそうでしょうか?
聖霊なる神が、行き過ぎた信徒の行動を内的な光によって矯正してくださらなかったと考えることは果たして正当でしょうか。
それとも聖霊の内なる導きに最後まで抵抗して、『聖霊に逆らう罪は決して赦されない』という御言葉が成就したのでしょうか。
ありのパパの個人的感想ですが、そのように考えることは難しいのではないかと思います。

④一番初めのキリスト教宣教者であった景教の宣教も、聖徳太子の改革が挫折することによって、頓挫します。

そして歴史から抹殺されてしまいました。
二番目のキリスト宣教者であるキリシタン達も皆殺しにされました。
三番目のキリスト教宣教者である私たちも、戦前の日本において決定的な敗北を期しました。
しかしこのような苦渋の宣教歴史を経ながらも、日本社会にキリスト教精神が少しずつ浸透しつつあることを認めることができます。
この様なことを考えると、歴史に働く神のご計画というものに、目を向けざるを得なくなります。

3.これからの展望

①隠れキリシタンが聖職者が一人もいなくなってから230年間を耐え抜けた秘訣は何でしょうか?

それは家々に置かれた講(信徒集会・または家の教会に近いもの)であると思います。
この制度によって、彼らは信仰を守り抜き、大部分のキリシタン達はカトリックに復帰していきました。
これは驚くべきことです。
230年間、聖職者の指導がなくても、信徒だけでやってこれたのです。
このことは私たちに何を教えているでしょうか?

②彼らはなぜ命がけになれたのか?

キリシタンはなぜ恐れに打ち勝つことが出来たのでしょうか。
本音のところで神につながっていたのだと思わせられます。
それでもおな、なぜ死をも恐れない信仰を私たちと同じ日本人が持てたのかは、ありのパパには分かりません。
彼らと同じ信仰をもつことが出来るようにと、神に祈ります。

◎キリシタンが打ち立ててくれた土台に、私たちの教会を立て上げることが出来ますように。
キリシタンについての皆様のコメントをお待ちしています。

スポンサーリンク

コメント

  1. Mie より:

    ありのパパさん、こんばんは。
    歴史事・他人事になると本当に申し訳ないほどに興味のもてない自分ですが、自分に関係するキーワードによって考えることができますことをまず感謝します。
    私にとってキリシタンとは。
    実は私は今、キリシタン大名が祀られている神社「光雲神社(てるもじんじゃと読みWikipediaでも検索できます)」が家の裏手にある土地に住まわせていただいています。
    このご縁を知った時、「隣人愛」「共存共栄」というキーワードに対し私は強烈に身が引き締まる思いがしました。きちんと考えていかなくてはいけないなと。

    バテレン追放令によって迫害者側に転じてしまったのち、彼らはどんなことを思いながら生涯を閉じていったのだろうかと思いを馳せずにはいられません。
    こうして今、私たちが堂々と明るく守られてクリスチャン生活を送らせていただける世になってきていることを、神とかつての先輩クリスチャンの皆さんに感謝するばかりです。

    • arinopapa より:

      Mieさん、こんばんは。
      コメントありがとうございます。

      本当にそうですね。
      歴史の中に働く神のご計画を思うとき、失敗とか、犬死にとか、無駄死にとかは絶対にないことを確信するものです。
      全ての働きが、今の私たちに役に立っているのを見ることは、何と大きな喜びでしょうか。
      この様にして私たちも、次の世代に宣教のバトンを渡していく使命を果たしたいものです。

      またコメントしてください。お待ちしています。