知らないうちにお金がたまる方法(その3)

皆さんは、どうしたら知らないうちにお金がたまると思いますか?
今日は皆さんに、とっておきの「知らないうちにお金がたまる方法」を伝授いたしましょう(笑)。

「なぁ~んだ」と言わないでいただきたいのですが、秘訣は簡単なことの積み重ねに過ぎません。
それは支出を減らすことと、資産を回転させることです。

スポンサーリンク

1.支出を減らす

同じような水準の生活をしているように見えるにもかかわらず、その生活を維持する費用は考えられないほど違うものです。
もうこれはどれだけ「楽して節約する法」をテクニックとして知っているかに掛かっています。
もちろん知っていても実行しないなら、何の役にも経ちません。
先日、コメントしてくださった方がおられたのですが、その方は当ブログで紹介した「四群点数法」を年初から実行され、既に6.5kの減量を成功され、あともう6.5k減量される予定だそうです。
世の中には何百・何千万というダイエットに成功できないで嘆いている人々がおられるのに、この方は健康にも良い四群点数法を実践して「一生、理想体型で生きる」人生を実現しておられるのです。

いつでも問題解決の鍵は、有用な情報をどれだけ知っているかということと、それを本気で実行することです。

①公共料金を減らす

以前このシリーズでは電気料金を節約する方法をご紹介しました。
今日は水道料の節約方法をご紹介します。
ありのパパの家では、水道料金は基本料金と同額です。
毎日入浴しますが、水を入れ換えるのは二日に一度です。
「まあ、汚い」と思われたかもしれませんが、実は銀イオンで殺菌しているのです。
二回入浴したあとの風呂水を今度は、洗濯に使います。
これも銀イオンで殺菌しているので、きれいな水として使うことができます。

②車に乗らない

「無理だよ。無理無理」という声が聞こえてきそうですが、ありのパパも始めから出来たわけではありません。
始めはウォーキングで一日一万歩を目指したのですが、どうしても難しかったので仕方なく仕事で移動する時間を歩くことによって歩数を稼ぐことにしたのです。
そうしたところ、健康によいばかりでなく、一ヶ月に数万円節約できることに気づいたというわけです。
もちろん子供が小さいときは、一家で移動する手段は車しかないという現実があります。
ですからこれは子供が大きくなってから実現できることではあります。

③外食しない

外食を止めれば、一家で何万円もの節約になります。
ありのパパも四群点数を実行する前は、外食大好き人間でした。
家族で食べに行くのも大好きでした。
グルメ気取りであったのです。
しかし四群点数法を日々実行するようになって、外食は止めました。
なぜかと言うと、やはり外食は油を使ったものが多いのと、でんぷん質と糖質で出来たものがほとんどだからです。
健康でいたいなら、脂質と糖質をどうしても制限しなければなりません。
油と砂糖を好きなだけとって、しかも健康でありたいなどと言うのは白昼夢でしかありません。

この①から③を実行するだけで、一人当たり月に二万円の節約をすることが可能です。
四人家族なら、月に8万円の節約が可能ということになります。

2.資産を回転させるとは

①証券会社が勧める銘柄を鵜呑みにして買うなら、必ず損する

よく私の母親が言っていたのですが「そんなに儲かるなら、あんたがやればよい」のです。
いまだかつて証券会社の社員で、株で儲けた人の話を聞いたことがありません。
そんな人の勧める株を買っても、儲かるはずがないのです。
子供でも分かる話ですが、欲に目がくらむと分からなくなってしまいます。

②どうやって上がる株を見つけるか?

預言者に聞く必要はありません(笑)。
株式市場は上がったり下がったりしていますから、その折れ線グラフが底を過ぎて天井に向かい始めたところで買えば良いのです。
「これが難しい」って?そうです。確かに簡単ではありませんね。

ありのパパの方法は、20から30銘柄を注目します。
いつも同じ銘柄を見ていると、その銘柄の動きが分かるようになります。
その銘柄に限って売買をします。

③欲をかかない(笑)

買った値段より10%下がったら、即撤退します。言い訳無用です。
また買った値段より15%上がるか、一ヶ月経過した場合も、売ります。
こうすることによって、資金が塩漬けになることを防ぎます。
ありのパパの売買方法は一ヶ月に一度だけです。
ですから本業に差し障りがありません。
あとは証券会社のコンピュータが監視してくれ、上記の命令を全自動で実行してくれます。

3.神の栄光を表す

さて、今日ご紹介した方法で支出は楽して減っていき、資産は自然に増えていきます。
あなたはその結果生み出された余裕をどのように消化されるでしょうか?
聖書に出てくる、金持ちのように自分自身に向かって「もう安心だ。飲め、騒げ!」と言うでしょうか。
もしそうなら神の裁きはあなたの家の戸口まで来ていると言わなければならないでしょう。
株で儲けて、人生の最後までお金持ちであった人はごく少数です。
少なくない人々が、すっからかんになってしまうようです。
そうならない秘訣は、神の栄光を表すために人生を使うことです。

◎『あなたが魂に幸を得ているように、すべての点で幸を得、また健康であるように、私は祈っている』(Ⅲヨハネ2)