命と喜びが『霊的な礼拝』を通して自分の中に流れ込んでくる!

霊的な礼拝とは現代的なセンスに溢れるゴスペルと生活への適用に満ちた説教によってなるものでしょうか?
しかしゴスペルを歌っているだけなら感情的な礼拝ではあっても霊的な礼拝ではありません。
また生活改善のアイデアなら何処にでも転がっています。

1.救い主を礼拝するのが霊的な礼拝

御霊の内住は目に見えません。
しかし人間の内側に御霊がおられるなら確かな変化がその人のうちに起こります。
イエスはその確かな変化を、一度飲んでもまた渇く「普通の水」と、一度飲んだら再び渇くことのない「心の水」に例えておられます。

薬物依存症やアルコール依存症の方が良く言われるのが、「私は心の渇きをいやすために、これらのものを求めていたと思う」ということです。
しかし渇きが止まることは決してありませんでした。
却ってその方の人生をダメにするばかりでなく、肉体を滅ぼす寸前まで行ったのです。
ただイエスだけが決して渇くことのない心の水であられます。

2.どうしたら永遠の命がわき出るようになるか?

「湧き出る」とか「溢れ出る」という言葉は、内側に止まらないで、惜しげもなく外側に恵みがこぼれ出るということです。

①自分の無力を認め、神様ならこんな自分を救うことが出来ると信じ、自分の意志と生き方を神に捧げるのが信仰

一度信じたなら、後は信じた通りに生きることです。

立派に生きようとする勘違いクリスチャンがあとを絶ちません。
一度無力を認めたのですから、生涯に渡って無力を認め続けなければなりません。

パウロが『あなたがたは信仰によって始めたことを、律法によって完成させるつもりなのか』と言ったのは、このような意味です。
もう救われたのですから、救われるための努力をしてはなりません。

②救われたのだから、救われた者にふさわしく生活する必要がある

大学に入るためには受験勉強が必要ですが、大学に入った後も受験勉強する人はおりません。
大学に入ったのは、大学で勉強する目的があったからです。
ですから、受験勉強を止めて、本来の大学の勉強を始めます。
もし「大学に入ったから、もう勉強はしない」と言うなら、それはとんでもない勘違いということになります。

これをクリスチャン生活に適用すると、大学に入っても受験勉強を続けるのが律法主義ということになります。
また大学に入ったから、もう勉強はしないというのが熱狂主義です。

ではクリスチャンにとって、大学でする本来の勉強とは何でしょうか?

**『神は私たちクリスチャンのために、良き行いを備えていて』**(聖書)くださいます。
この良き行いを楽しんでやり、喜びと感謝を与えられるのがクリスチャン生活です。

③自分自身がただで救われたのだから、人にもそのようにしなさい

自分は努力なしに救われたのに、人には「なんであなたはダメなのか」と言うなら、それは偽善です。
これは自らの救いを失う結果になります。注意が必要です。

3.『御霊と御言葉によって、救い主を礼拝するのが霊的な礼拝です』[ヨハネ4:23]

①御霊による礼拝とは?

上記の御言葉で言われている「御霊によって」とは、私が主役となって生きるのではなく、イエスの御霊が私を通して生きてくださることを指しています。
(言うまでもないことですが、これは「神と私」の関係についてのことです。決して神以外の誰かが、あなたの人生を通して生きるのを受け入れてはなりません。)

ここでの礼拝とは、日曜に行われる礼拝にとどまらないで、人生全体が礼拝であるということです。

②御言葉による礼拝とは?

皆さんは「御言葉によって礼拝する」とは、どういう意味だと思われますか。
聖書の講解が中心に据えられている礼拝のことでしょうか?
ありのパパは以下のように考えます。

クリスチャンが一人の人間として、聖書に対面し、そこから神は何と言っておられるかを読み取り、神の意志を確信したら立ち上がり、行動に移す。

このような営(いとな)みを指して、「御言葉によって礼拝する」と言われていると考えます。
もちろん日曜の礼拝で語られる牧師の説教も、信仰の書物も、聖書注解もみな、この目的のために有益です。

しかし最後は自分一人で神の前に立ち、みこころを読み取り、決断し、実践しなければなりません。
この様なことに対して、神の裁きと報奨が下されるのです。

③真の霊的な礼拝とは、人生が礼拝そのものになっていること

自分の人生を省みるとき、自分で書いた文章のようになっていないのを認めないわけにはいきません。
ありのパパも悔い改めて、もう一度礼拝そのものである人生を生きるために、リスタートしたいと思います。

◎無力を認めることと、聖書からみこころを受け取り、考えて決断し行動することの二つを、主は求めておられます。
平安と祝福を祈っています。

“命と喜びが『霊的な礼拝』を通して自分の中に流れ込んでくる!” への2件の返信

  1. はじめまして、良く参考にさせてもらっております。感謝です。
    ヨハネ4:23は「霊とまことを持って礼拝」と書いており霊と御言葉とは書いてないと思うのですが、どういうことでしょうか?

  2. adamⅢさん、こんにちは。
    初めてのコメントをありがとうございます。

    「御霊と御言葉」というのは現代訳聖書の訳文です。
    「霊と真(まこと)」は新改訳聖書と口語訳聖書と文語訳聖書で使われているのを確認しました。
    この違いはどこから来るかといいますと、現代語訳とリビングバイブルは「原意(もともとの意)に忠実」、他の聖書は「原語に忠実」という翻訳原則の違いによるものです。
    原語に忠実という翻訳原則が一般的ですが、たとえば聖書が翻訳されていない地域での聖書翻訳を進めているウィクリフなどでは「原意に忠実」な翻訳原則に基づいて聖書翻訳がなされています。

    これからもよろしくお願いします。

どうぞコメントをお残しください。初めてコメントなさる方は必ず自己紹介をお願いします。自己紹介のないコメントを承認することはありません。詳しくはメニューの「コメントしてくださる方へ」をご覧ください。