真の満足をもたらす『霊的な生き方』とはどんな生き方か?

スポンサーリンク

1.サマリアの女とイエス様

聖書をピックアップ的に読んでいると、分からないことがあります。
例えばイエスがサマリアの女とお話した後で、弟子たちに『わたしには人の知らない食物がある』と仰ったことです。
「サマリアの女の物語」と「イエス様の人の知らぬ食物」という題で教会学校では良くお話されます。
しかし実はこれは一つの物語です。
サマリアの女とイエス様の、話が噛み合っていない話し合いがなされた後、イエスは深い満足を感じておられました。

2.イエスにとっての満足とは?

①イエスは人々が霊的な生涯を送ることを何よりも願っておられた

宗教的な人生を送ることと、霊的な人生を生きることは違うことです。
さらに言えば信仰深い人生を生きることと、霊的な人生を生きることの間に大きな差異があることもあり得ます。

では霊的な人生とは、どんな人生でしょうか?
それは「何が大事なことか」がはっきり分かった人生です。
では何が大事なことかというと、それは「神と私の関係」についての理解にほかなりません。
サマリア人も、ユダヤ人も「どこで礼拝するのが大事なことか」という事に関心がありました。
しかし最も大切なことは、そんな地理的な問題ではなく、心の問題であることは明白です。
この明々白々なことが分からないのが、私たち人間であるのです。
それは罪によって、心の目が塞(ふさ)がれていることが原因です。

②イエスにとっての満足とは、人々の霊的な目が開かれることにあった

その塞がれた心の目を開くのが、イエスの満足であったのです。
弟子たちにとって、サマリアの女の存在は「out of 眼中」でした。
なぜならサマリア人は汚れた存在であり、女性は蔑視されるべき存在でしたから、サマリアの女は二重の意味で「そこに存在することさえ認められない」のでした。
それで弟子たちは誰もイエスがサマリアの女と話をしているのに、口を出しませんでした。
普段なら、ペテロがイエスの袖をひいて「イエス様、これはどういう意味ですか?」とイエスの説教の最中であっても問うほどの近しい関係であったにもかかわらずです。

③イエスに偏見はなく、人々の心の目が開かれることだけがご自身の望みであられた

当然といえば当然ですが、イエスには偏見が全くありませんでした。
売春婦だろうが、敵国人だろうが、そんなものは何の関係もない。
ただご自分の民の心の目が開かれることだけが、ご自身の願いでした。
サマリアの女の心の目が開かれたとき、イエスは深い満足を得られました。
それで『わたしには人の知らない食物がある』と言われたのです。

3.私たちが満足を得るためには?

①私たちもイエスと同様の満足を得るにはどうしたら良いのか?

そのためには、まず自分自身の心の目が開かれていなければなりません。
私たちは霊的な人生を生きているでしょうか?
まずそのことが問われないといけません。
正直な心になって、自分に問う時、霊的な生き方をしていないことを認めざるを得ないのではないでしょうか?
ありのパパが、そうです。
イエス様のこの物語を読むと、率直に「へぇ~、凄いもんやな。やっぱりイエス様は神様や」と思ってしまうような者です(笑)。
しかし生きている限り、悔い改めることが可能です。
どこからでも再出発が可能であり、気づいたところからが再出発です。

②私たちも、人々の心の目が開かれることを最大の望みとすべき

どうでも良い事にではなく、人々の霊的な目が開かれる事に、私たちの人生の焦点を合わせるべきではないでしょうか?
本当の満足は霊的なものの中にあります。

③自分自身と隣人を愛していく中で、心の目は開かれ続けていく

とは言っても罪人である私たちの事ですから、完全に霊的な目が開かれるという事はあり得ません。
完全に開かれたと思ったときが、堕落したとき、悪魔にやられてしまったときです。
人々の存在をありのままに受容する事で、私たちの心の目が開かれていきます。
そのような他者受容を続ける中で、最も恵みをいただけるのは、他でもない私たち自身であるのです。

◎共に、恵みの中で成長していきたいものです。
『自分自身を愛するように、あなたの隣人を愛しなさい。』
平安と祝福を祈っています。

スポンサーリンク

コメント

  1. マッキー より:

    こんばんはー、ありのパパさん。

    昨日は家のことを頑張ったので、現実逃避中です(焼鳥屋)

    全文読破中に、久々の「OUT OF 眼中」に笑いを抑えられず、店の中で完全に怪しいオッサンです。(笑)

    しょうもないことをコメントすな!!、と言わないでください(泣)

    10年後に、岡田さんレベルを目指して修行中です。

    この時期はコメントが少なくて、寂しくもありました。

    昔々、風俗業界にいたので、「サマリヤの女」の話は私にとっても、特別な思い入れのある箇所です。たくさんのサマリヤの女に会いました。でも、私はあまりにも無力でした…。

    どなたか、風俗街、ドヤ街、同和地区など、一般社会から見棄てられた地域に福音を伝える人はいないのでしょうか?

    ありのパパさん、くれぐれも「あなたがやれば?」と言わないでください(泣)

    • ありのパパ より:

      こんばんは、マッキーさん。
      コメントをありがとうございます。

      そうですね。一人一人遣わされている地は異なります。
      しかし「刈り入れは多いのに刈り入れ人が少ない。だから刈り入れ人のために祈りなさい」とはイエス様のお言葉です。
      祈っていきたいものです。

      またコメントしてください。お待ちしています。