自分の人生がどうにもならないのを認めるまでは、人は神を信じない。

人が神を信じないのには訳があります。
それは自己意志を我力(がりき)で生きていきたいからです。
しかし、その生き方を続けた結果、私たちの人生は思い通りに生きていけなくなりました。
神が与えてくださる助けはどのようなものかを見ていきます。

スポンサーリンク

1.聖書の中で最も重要な箇所

ある人が「聖書の中で最も大切な個所はどこかと問われたら、それはヨハネ福音書3章16節である」と言いました。
この意見に異議を唱える人はいないでしょう。

『神はその独り子であられるイエス・キリストをこの社会に遣わされ、十字架上で私たちの罪の身代わりとして死なせるほどに、私たちを愛してくださった。それはイエス・キリストを信じる人が誰であろうと、滅びることがなく、救われるためである』

神の愛がもっとも大胆かつ鮮明に表されている聖書個所であると思います。

2.『御子を信じる人は決して裁かれない』[18節]

この「決して裁かれない」とはどういう意味でしょうか?
罪の犯し放題・スリップし放題で良いということでしょうか?
いいえ、決してそうではありません。

この本当の意味は、御子を信じる人は神様から必ず助けをいただくことが出来るということです。
人間関係ですと、いったん関係が悪くなると、その人からの助けを期待することは難しいことです。
修復するにも時間が掛かりますし、なかなか元のようには戻りません。

しかし神との関係においては、そうではありません。
私たちが悔い改めるなら、すぐにも赦してくださり、関係は回復します。
そして神から恵みと助けと祝福が絶えず流れてきます。

私たちは傷ついた親子関係を持つことが多くあり、その関係性を神との関係に投影させてしまいがちです。
それで一度(あるいは何度も)失敗すると、自分のほうから神に心を閉ざしてしまいます。
しかし、これは正しいことではありません。
なぜなら肉の親子関係を神との関係に投影するのではなく、神との関係を人間関係に投影させることが聖書が教えていることだからです。

○御子を信じる者は決して裁かれないとは、決して神との関係は壊れることがないということです。

3.『御子を信じない人は、もう既に裁かれている』[18節]

この御言葉は多くの議論を呼びます。
これは「信じる者は裁かれ、信じない者は地獄行き。はい、それまでよ」と言うことでは決してありません。
文脈に従って丁寧に読んでいけば、必ず納得することが出来ます。

自分では解決不可能な問題を解決するために、自分の無力を認め、神になら自分を救うことが出来ると信じるなら、だれでも力を得、知恵を得、救いを得ることが出来ます。

しかしいたずらに自分を偽って「こんな問題、自分の力でどうにかすることが出来る」とうそぶき、神の助けを得ようとしないなら、その人は自分が選んだ結果を刈り取らなければならなくなります。
例えばアルコール依存症者なら、健康を害し、家族を苦しめ、会社に迷惑をかけ、友人たちは離れていきます。
これはまさに生き地獄です。
このような状態を指して、聖書は「もう既に裁かれている」と言っているのです。

多くの元アル中の方々は「何でもっと早く信じなかったんだろう」と言います。
その一方で信じることは自分の自由意志によるということもよく分かっているのです。

スポンサーリンク

4.人間の自由意志の問題[19節]

なぜこんなにも素晴らしい神の救いを人々は受け入れようとしないかについて、聖書は理由を述べています。

①人間は自分を信じていたい存在

子供の自立期において「だめ~、わたしがやる~」と言って聞かないことはよくあることです。
このようにして人は、親との依存関係を離れ、自立した存在となっていきます。

これは人間関係においては正しいことですが、神との関係に適用するのは正しいことではありません。
これは「神なんか、私の人生に必要ない。私は自分の思うままに生きて行くことができる」という万能感が原因です。

②人は罪を愛している存在

もっと素晴らしいものが手に入ると納得するまで、今もっている物を手放そうとしないのが人間です。
たといそれが他人から見て無価値の物であったとしてもです。

ある人は酒を手放しませんし、ある人は覚醒剤を手放しません。
またある人は金銭を愛することを止めませんし、人を支配することを止めようとしません。
これらは皆、罪です。

キリストにある素晴らしさを体験できるのは、キリストを信じた後です。
ですからキリストを信じない限り、永遠に素晴らしさを体験することはありません。
そうすると罪人である私たちには、永遠にキリストを信じる機会は巡って来ないことになります。

しかしいつまでもそのような状態は続きません。
なぜなら私たちがもっている罪(人によっては嗜癖)が、私たちの存在そのものを食いつぶすからです。
やはり人は苦しまないと、神の助けを仰がないようです。

③人は勇気を持たない存在

昨日までやっていたことを、無自覚に今日もやり、明日も続けてやっていきたいと願うのが人間であるようです。
そんなことをやっていれば、いつかは破綻するのが自明の理であっても、やはり無意識にそうしてしまうのです。

これまでの生き方を止め、自分の無力を認め、神に頼る生き方を始めるには、勇気が必要です。
犠牲を払いますし、それでもうまく行く保証はありませんから、不安です。

こんなに犠牲ばかり多いのなら、今までどおりの方がよっぽどいいんじゃないかと考えるのが人間というものです。
しかし客観的にみれば、本人が「捨てる、捨てる」と騒いでいる物は大した物ではありません。
どちらかというとゴミみたいな物ばかりです。
それを宝物と錯覚しているところに問題の本質があります。

『その裁きというのは、こうである。光である神の御子キリストがこの世に来られたにもかかわらず、自分の行いが悪いので、その醜さが光の下で明らかにされることを恐れて、光の下に来ようとはせず、むしろ闇を愛したことである』

自分の無力を認め、正直な心になって「キリストなら、このどうしようもない私をお救いになることが出来る」と信じ、私たちの意志と生き方を神の配慮(みこころ)に委ねる人生を送りたいものです。

◎平安と祝福を祈っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

どうぞコメントをお残しください。初めてコメントなさる方は必ず自己紹介をお願いします。自己紹介のないコメントを承認することはありません。詳しくはメニューの「コメントしてくださる方へ」をご覧ください。