どうしたら人生に奇跡を起こせるか?

イエスが最初の奇蹟を行われたのは、イエスの母が出席されていたガリラヤのカナで行われた婚宴の席でした。
イエスの母マリアが、その婚宴の裏方の責任者をつとめていたようです。
ところが婚宴に出すぶどう酒が途中でなくなってしまいました。

途中で酒が無くなってしまったりすれば、普通であれば準備の不十分さをなじるのではないでしょうか。
しかしマリアはそうしませんでした。
なぜならマリアには頼ることの出来る方がいたからです。
この時点で夫のヨセフについての記載がないことから、既に亡くなっていたと思われます。
頼るべき夫のいないマリアでしたが、それを補って余りある頼りがいのある人がいました。

それでは奇蹟の起きる過程を見ることによって、どうしたら自分の人生にも奇跡を起こすことが出来るかを見てみたいと思います。

スポンサーリンク

①まず必要をイエスに伝えた

これは当たり前のことのようですが大切なことです。
どういうことかと言いますと、状況を正確に把握することの大切さを教えているのです。

人の話を聞いていて(時には無理やり聞かせられて)、話を聞くのが面倒くさくなって、その場から逃げ出したいとき、クリスチャンがよく使う手が「祈っています」です。
しかし本当のところを言えば、もっと詳しく話を聞かないと、祈ろうとしても事情がわからないので祈れないはずなのです。
ですから「何も分かりませんが、とにかく祈っています」というのは、あり得ないことです。
それで祈りも紋切り型の一言半句の型通りの祈りになってしまうのかもしれません。

②神の御意(みこころ)が示される

イエスの母への応答は、けんもほろろというか、血も涙もないというか、「あなた、親子関係についてどのように考えているの」と言ってやりたいようなものでした。

『あなたはわたしと何の関係があるのでしょう。女の方。私の時はまだ来ていません』[ヨハネ2:4](新改訳聖書)

皆さんは「これはイエス様と母親のマリアさんの特殊な関係によるものでしょ」と言われるかもしれません。
だから自分にはイエス様はこんな冷たい仕打ちはなさらないに違いないと思っているのです。
これが大間違いのこんこんちきなのです(笑)。
二千年経とうが経ちまいが、同じ神様なのですから、やっぱり同じような対応をされると考えるのが至極当然だと思いますが、皆さんはどう思われますか?
しかし試練のとき、このような一見冷たい仕打ちをされると、心の中で「これが神の愛ですか?」とつい恨み言の一つも言ってみたくなるのが人間というものではないでしょうか。
しかしマリアはそうしませんでした。

③いつものように母はイエスを信頼しきっていた

夫のいない家庭を長男と共に様々な試練を乗り越えてきた関係がそうさせるのだと思います。
マリアはイエスに揺るがない信頼を置いていました。
ですから一見冷たく見えるイエス様の応答にも、信頼が揺らぐことがありませんでした。

他人から見たら「馬鹿みたい。あなたの信仰の根拠は何?」と聞かれるようなこともあるでしょう。
しかし私たちはイエスを信頼しきっていたマリアの信仰にならう者でありたいですね。

④他の手伝いの人々に、どんなことであってもイエスの指示に従うようにと言い含めておいた

マリアは個人的にイエスを絶対的に信頼していただけではなく、それを他の者との関係にも適用しました。
他の手伝いの人々に「私の長男から、指示があったら、それが何であったとしてもその通りにしてください」と言いました。
現場の責任者としてのマリアの指示がなかったら手伝いの人々はイエスが何か言ったとしても、その指示に従わなかったでしょう。

私たちは神との個人的な関係において示されたことを、他者との関係に適用しているでしょうか。
それとも「もっと明らかになってから、人々に言うことにしよう」と考えているでしょうか。
もし後者であるなら、あなたの人生にはいつまで経っても奇蹟は起きないでしょう。
(神に示されたと思い込んでいるだけのことを、人に言ってはいけません。これは却って神の御名をはずかしめます(笑))

⑤他の手伝いの人を通して、主の奇蹟は行われた

『水を汲(く)みし僕(しもべ)どもは知れり』(文語訳聖書)

只の水がぶどう酒に変わったことを知っている者は誰もいませんでした。
ただイエスの指示に従って水を汲んだ手伝いの人々を除いては。
この言葉は何と含蓄(がんちく)に富んだ御言葉であることでしょうか。
誰も知らなくて良いのです。
ただ神様と私が知っていれば、それで良いのです。
多くの人々は華々しい成功を求めますが、真に満足出来る人生を生きようと願うなら、「水を汲みし僕」の人生を生きることです。

◎ありのパパも、この文章を書きながら、もう一度肝(きも)に銘じました。
どのような人生を生きることが、満足できる人生であるのかを。
満足できる人生とは、いつでも神に信頼して歩む人生です。
平安と祝福を祈っています。

スポンサーリンク

コメント

  1. みかん より:

    始めまして
    私は福音的な教会のメンバーで、講解説教をインターリニアで予習復習しているクリスチャンです。
    昨日牧師から「水汲むしもべは知れり」という言葉を教えていただき
    この言葉から発展した考えたことについて、今朝ブログに書きました。
    そして、もしやどこかにこの言葉についての記事はないかと検索したところ
    こちらの記事がみつかりました。
    (水を汲みし僕ども知れり)文語訳なのですね。
    私のブログの記事を訂正します
    ありがとうございます

    • arinopapa より:

      みかんさん、おはようございます。
      初めてのコメントをありがとうございます。

      文語訳聖書はスマートフォンなどを使って無料で読むことができます(口語訳聖書も無料で読むことができます)。
      EBPocketという無料アプリを利用します。

      これからもよろしくお願いします。
      またコメントしてください。お待ちしています。

  2. よしよし より:

    ありのパパさん、はじめまして(^-^)。

    わたしはキリスト教ではないのですが今日たまたまブログを拝見させていただきました(^-^ゞ。

    拝見していて納得できるものがありました。わたしは無宗教派ですが、よいと思ったものは取り入れたいと思っています。
    ただ宗派によっては理解できなかったり腑に落ちないので、ありのパパさんの信仰されていることを調べてみたいと思いました。
    プロフィールに書かれた以外で詳しいことをできましたら教えて頂きたいです。

    よろしくお願い致しますm(_ _)m。

    • arinopapa より:

      よしよしさん、こんばんは。
      初めてのコメントをありがとうございます。

      「プロフィールに書かれた以外の詳しいこと」をお知りになりたいとのことですが、範囲が広すぎて何をどのように答えたら良いか分かりかねます。
      もしよろしければ具体的に何と何を知りたいと書いていただければ、お答えできる範囲でお答えしたいと思います。
      よろしくお願いします。

  3. よしよし より:

    すみません、わたしもキリスト教はよくわからないので、なんと質問したらよいのか…‥です。

    プロテスタントの後にも〜派の〜派とかありますか?
    できましたら、後の〜派までわかればありがたいです。よく知らなくて、すみませんm(_ _)m。

    • arinopapa より:

      よしよしさん、こんばんは。
      コメントをありがとうございます。

      プロテスタント⇨福音主義⇨ペンテコステ派になります。
      「コメントしてくださる方へ」をお読みいただくと、プロテスタントを分類したものを記しています。
      合わせてお読みくだされば幸いです。
      (携帯からお読みいただいている場合は画面の一番下にあります。
      スマートフォンからご覧になっている場合は残念ながら表示されません。
      パソコンからお読みいただくことになります。)

      よろしくお願いします。

  4. よしよし より:

    教えてくださって、ありがとうございますm(_ _)m。
    また記事も読ませて頂き、参考にさせて頂きます(^-^)/。

    • arinopapa より:

      よしよしさん、こんばんは。

      どのようなことであっても、お知りになりたいことがございましたら、どうぞお知らせください。
      分かる範囲で答えさせていただきます。

      これからもよろしくお願いします。